私に平穏な日々が、主人も右足の親指の痛さが和らぎ仕事に行く。

お疲れさん

身体の どこが痛くても 辛いです。

 67歳の主人が

右足 親指を痛めた。

市民病院では痛風と

違う整形外科は

以前にひびが入ってた指に 負荷がかかり 

ひびが広がって 腫れて 痛いと

診断が 分かれた。

いずれにしても

痛いと 言いだしてから 

1ケ月になる。

痛さも消えつつ ある。

なにごとも 日にち薬と言うが 本当です。

痛風の薬を飲みながら

仕事に 主人が行ってる。

今は 食事に 気を付けて 頑張ってる。

主人も 医師に 病気と言われて

ビールも

酒も

ワイン

焼酎

自分から 飲む回数が 減る。

私が 借り農園で収穫した 野菜中心の食事が 多く成った。

肉も シルバー世代は 食べる様に  医師に言われて

焼肉を 少し 食べて 元気を得る。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 私が社会活動... 飯を食べる時... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。