岐阜市、護国神社の彼岸桜は蕾み、河原町で鮎のコースを食べて、鵜飼い船の時期を待つ。

お疲れさん

 

 

岐阜 金華山の西 護国神社の 

エドヒガン桜  彼岸桜 鵜飼い桜が 3月19日 つぼみです。

河原町

鵜飼い船の乗り場の 町です。

鮎を食べれる店

 

 

 

鮎を 手で持ち 頭から がぶり と 食べる。

尾っぽまで 食べる。

卵の入った 鮎を  頭から 尾っぽまで 残さず食べた。

鮎が食べた 緑の藻 の ほろ 苦い 鮎の味。

 

鮎は 郡上市 和良村の天然アユ 塩焼き   照り焼きが食べれる。

 

鮎雑炊  

鮎の開き焼き入り 鮎ラーメン

琵琶湖の 佃煮のエビ  熟れずし鮎   小魚の佃煮も 食べれた。

 

ヨモギのアイス ソフトのアイス  

御馳走様でした。

私と主人は 鮎が食べたくなると 行き 食べて

鮎の鵜飼い船の時期をマツです。

桜はまだ 花より団子と いきましょうか。

生きていたら 食べて 楽しめて 遊べて  人生の旅の道を歩ける。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 私の主人は6... 私の3日間の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。