私は、災害が起きたら、自分とペットが助かり自助努力と協力し会い、応援隊を待つ。

お疲れさん

 私は思う。

災害が起きたら

まず 身の安全と、 ペットの保護です。

飼い主 育ての親が 保護に動く。

自分に備蓄品が有れば 役に立つです。

自分用の災害備蓄

ペット用の

シッコシーツ ペットフード  水 ペットのケージ 

安全は あくまでも

自分が 飼い主が 責任を持って 助かる道に動くことです。

それまでは 自助努力と協力で助かる事に 頑張る。

頑張って居れば

災害が起きてない各地から 応援隊が来る。

 

災害時に ペットと市民とのトラブル対策本部の設置。

設置場所の運営を 担う ボランティア指導者の講習会 訓練を 開催してる。

動物愛護センターが 有ります。

動物愛護ネットワーク会議 の会員の受付もしてます。

 

昨年

開催された 

岐阜市 災害時の避難訓練の様子。

私も参加して 動物 ペット同行避難の啓発を担った。

アンケート用紙に記入を頼み 今後の参考にした。

 

 

毎年 実施してる ペット同行避難の認知度が少なかった。

避難時に 避難所に 犬と猫を一緒に連れて避難が出来る事。

訓練会場で ペットの同行避難時の心構え 持ち出す 品の準備を説明した。

パンフレット配布もした。

避難訓練で 聞いたり 見た人が 訓練に参加して 

いざと言う時に 動ける態勢に なれば良いです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 私は、岐阜県... 独身の息子は... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。