脱力日記

スポーツ、本、映画ときどき仕事。自分の身の回りにある、ふとしたことを書き留めたいと思います。気軽にコメント下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

偽物

2014-03-06 15:50:40 | 日記


欧州サッカー批評。
表紙買いです。1150円。凄い本があるものだ。

題材は、私の大好物のペップ。
今季のバイエルンの進化について細かく説明されております。

中でも気になった記事はコレ。



まぁ掻い摘んで言いますと、バルサ時代にメッシを偽9番(ファルソヌエべ)として起用し、革命を起こしたペップ。それが今バイエルンでは、偽2番、偽5番で革命を起こしているというのです。

掻い摘んでどころか、これでは意味が分かりませんね。では、説明を。

ペップのサッカー
=
支配率を上げる
=
ボールを奪われなければ点は取られないので
=
ならば中盤に枚数が必要
=
バルサの場合、FWのメッシを下がらせた
=バイエルンの場合…

何とサイドバックを中盤に組み込むのだそうであります。凄い発想をするもんですなぁ。なので偽2番。

するとこんな感じ。


…リベリ……マンジュキッチ…ロッベン

…………クロース……チアゴ……………

……………アラバ……ラフィーニャ……

……ダンテ………ラーム……ボアテング

…………………ノイヤー………………

分かります?

ボランチにいるアラバは左サイドバックの選手。

その横にいるラフィーニャは右サイドバックの選手。

ラームはボランチから下がってボールを捌き…

センターバックは左右に開き、スペースを埋める。

たまらんねぇ。このカオス。

とにかく、言えることは、従来サイドバックに求められている能力だけでは、この戦術には適応できないということ。

必要とされているのは、専門性でなく柔軟性、そして言うまでもなく根本的な基本技術の高さでありましょうか。

まだまだ進化するサッカー。
この競技の奥深さ半端なし。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4位 | トップ | ボックス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。