gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

アルツハイマーに効くか?

2017-01-04 19:29:27 | 経済
<strong>マウスの実験でわかった

ビールの苦みは、アルツハイマー病を予防する――ビール好きにはうれしい研究結果が、キリン健康技術研究所と東京大学、学習院大学の共同研究チームによって発表され、話題になっています。

ビールの原料のひとつであるホップには、苦み成分「α酸」が含まれています。α酸は醸造の際に煮沸されると「イソα酸」という成分に変化します。

研究チームが、この「イソα酸」を混ぜたエサを3か月間、アルツハイマー病のマウスに与えたところ、アルツハイマー病の要因とされる脳の老廃物「アミロイドβ」の量が減り、脳の炎症を抑える「ミクログリア」という細胞が活性化していたのです。

とはいえお酒の飲み過ぎは禁物

年末年始はビールを飲む機会も増える時期。「アルツハイマー病の予防になる」と、大手を振ってたっぷりビールを飲みたいところですね。でも、喜ぶのは早すぎます。この研究ではマウスがビールを飲んでいるわけではありません。人間がビールを飲むことで、マウスと同じ効果が得られるか、それはまだわかっていません。

確かに、お酒にはある程度の健康効果が確認され、人間を対象とした研究では、お酒を飲む人は動脈硬化など、一部の病気の発症率が低下していることが知られています。

しかし、同時に、お酒は肝臓の病気やがんの発症率を高めており、酒量が増えるほど死亡リスクが確実に上昇します。

「お酒を飲むのが健康的」などと思い込まず、ほどほどの量を楽しみましょう。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 株高と円安 | トップ | 仏教を信じよう! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。