写真紀行

日々の風景と将来に残したい風景を求めて

江戸の歳時記(2) 浅草寺のほうずき市(2017・07・10)

2017-07-11 22:14:49 | 1019

浅草寺の「ほうずき市」
室町時代末期に観世音菩薩の縁日として毎月18日が「功徳日」とされ、その日に参拝すると100日、1,000日分の功徳が得られると言う事で庶民の篤い信仰を集めていた、江戸時代中期に当たる明和年間(第十代将軍家治の時代)に始まったと言われる浅草寺の「功徳日」は7月10日、「特別なこの日」に参拝すると46,000日の功徳があるとされることから「一生分の功徳が得られる縁日」と言われ、「四万六千日」の縁日が江戸庶民の篤い信仰を集める様になり、加えてほうずきの実を食べると病気治癒に効くと言う民間信仰も手伝って、縁日に合わせて「ほうずき市」が立つ様になったと言われる。

現在も毎年7月9日、10日には浅草寺で法要が行われると共に、浅草寺脇に「ほうずき市」が立ち、夏の風物詩として多くの人を集めています。


                                                     
                                               浅草寺仁王門から本堂に続く境内脇には飲食の屋台に加えてこの日は「ほうずき市」の屋台が並びます 

                         
                              法要の立て看板                                          浅草寺はいつ来ても参拝客、観光客が多い


                         
                           境内には100店以上の屋台が出て、それぞれ趣向をこらして客集めをしていた、なお、1鉢のほうずきの価格はどの店も¥2,500.-


                          
                                       「ほうずき」が梱包されていた箱を見ると殆どが大分産、大量に販売されるこの日に合わせて生産者は準備していたのでしょう

                           
                                                   

                          
                                          最終日のこの日は午後9時まで営業、ライトアップされた風景も絵になりそうだが、待てません
 

                          
                           

                          
                                                      ほうずきを買うと風鈴がついてきます


                          


                          


                           


                           
  

                          


                            


                            


                           


                         

   

                         
                                                   ヤマト運輸が各店の配送を受け持っていて、浅草神社脇に集荷センターを開設


                           


                          

                          
                            


                          


                        


                           


                         
  

                         


                         

 
                          


                           


                            



                        


                        


                         
                                                        写真撮影終了、私も1鉢買ってから帰途に着きました

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 江戸の歳時記(1) 入谷の... | トップ | 2017・夏祭り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

1019」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL