写真紀行

日々の風景と将来に残したい風景を求めて

2017・6・30 本土寺の紫陽花

2017-06-30 20:41:35 | 四季の彩り

文京区の白山神社、鎌倉の明月院、東慶寺、長谷寺と、それぞれ趣のある場所の紫陽花を撮ってきましたが、撮り治めは地元の本土寺の紫陽花です。

本土寺の紫陽花

6月30日の午後、午前中に降った雨のしずくが乗ったアジサイを撮りたくて近くにある千葉・東葛のアジサイの名所・本土寺に出かけてきました。


               
       
 
               


                
                                                平日の為か、拝観客が少ない、¥500.-の拝観料を払い境内に入ります


               


               

                                                残念ながらアジサイのピークシーズンが過ぎていて枯れて変色した花が目立ってアップに耐えられず

                        


    
                           


               
                      本土寺本堂 創建が文永6年(1269)とも建治3年(1277)とも伝えられる古刹です                 


               
                                    人が入らないので思い通りの構図で写真が撮れる


               


               


               

      
               
                                   シーズンを過ぎた花菖蒲園には咲き遅れた菖蒲が所々に見える                 場所によっては、まだ盛りの花も見受けられた


               
                                       気温が高い為、午前中に降った雨のしずくは乾燥して残っていない


               


                 
 
       
               

       
               


                  

  

                  
  

               






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017・6・親父たちの遠... | トップ | 江戸の歳時記(1) 入谷の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

四季の彩り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL