写真紀行

日々の風景と将来に残したい風景を求めて

根津神社のつつじ

2017-04-29 19:53:14 | 四季の彩り

根津神社
社伝によると創建は1900年前と伝えられる古社、宝永3年(1706)に徳川幕府第五代将軍綱吉が奉建した権現造りの本殿、幣殿、拝殿、唐門、西門、透塀、楼門の全てが欠けずに現存していて、国の重文に指定されています。
境内にある2,000坪のつつじ苑には約100種、3,000株のつつじが植えられ、都内有数の名所として知られています。
4月28日、写真仲間と出かけてきたが、開花状況は3分、連休中が見頃でしょう。


                        


                       
                                                                楼門


                        


                          
                                                    唐門                                              本殿


                          

          
                          


                              

              
                             
                                                  残念ながらつつじはまだ3分咲きでした                                 つつじ苑入苑料は¥200.-         
 

                             
                                                                                                                                                                                                     乙女稲荷に続く赤い鳥居の参道
                                                             

                         
                                                          乙女稲荷に続く参道に咲くつつじの数株は満開でした
           
                         
                                                      乙女稲荷から見た根津神社の透塀  

       
            


   
                    


                              
                                                    境内にあった花屋さんのつつじは満開でした

                           
                                                                      
                                                                                         当日参加した仲間と
  

  

  

  

  

  

   

  

  

  

  



ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名庭園に選ばれた山本亭 | トップ | 浅草・浅草寺本坊(伝法院)庭園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
平日写真部2017-3 根津神社 (Richard's Blog)
R隊平日写真部2017-3回目の撮影会は東京の根津神社に出かけました