あしたの食卓を創るブログ

笑顔あふれる食卓の実現のため頑張っています!

全ての責任は自分にあると考えられるか

2017-08-05 21:40:24 | 日記

リーダーとして差が付くのはこの部分ではないでしょうか。

私も昔は自分の努力や想いに周りが思うようにならないことに随分悩みました。

結果で部下を責めることは一番してはいけないこと。

もちろん叱咤激励、指導や注意は当然するべき。それがリーダーの役割。

しかしながら起きたことに対して、結果が出たことに対して責めるのは未熟さの証と学んできました。

起きることのすべてに要因があり、それらを見逃していた自分に責任があると心から思えるか。

プロセスで指導できなかったことに原因があると思えるかが大事。

みんな一生懸命仕事している中、結果をださせることができないのはリーダーの責任です。

リーダーが真摯に思い、謙虚ならば、部下も自ら意識を変える。

自らを律し、部下には感謝。自分を誇らず、周りへの感謝。部下の失敗は自分の失敗。

自らがそうなれるように努力します。そしてそれらを心掛け実践できる人が上に立つ資格があると感じるこの頃です。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 次世代 | トップ | ピンチはチャンス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。