笑顔でバレー

バレーボールの指導のことについて

感謝

2017-08-26 23:00:15 | Weblog

きょう道新カップの予選が行われました。完敗で予選を突破することはできませんでした。試合では、ところどころで子ども達は笑顔いっぱいでプレーしていました。また、私が言ったことをやろうとしていることはわかりました。でも、まだ身についていない、自然にできていない段階なんだと思いました。今後はもっと徹底していきたいと思います。負けるといろいろなことを考えさせられます。自分の指導のことはもちろんのこと、チームこと、家族のことなどを考えました。今の自分がこうして好きなことをさせてもらていることに感謝しなければならないと思いました。好きなことをやりたくてもできないときが来るかもしれない。だから、今のこの瞬間を大切に幸せに思っていこうと思います。日々努力。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

アドラー心理学

2017-08-09 23:01:17 | Weblog

怒らないと決めてからは、アドラー心理学の理解がより深まったように思います。理論と実践がマッチしている感じです。その根底には、怒らないということは子どもや相手を尊敬することが根底にあることにつながっていると思います。そして、言葉をかけるときや態度などは勇気づけをしていると思っています。そして、子どもが楽しく、また喜ぶにはどうすればいいのかを常に考えるようになってきてます。怒らないためにどうするかを自分の中で逆算しているように感じています。すると、自分自身のいろいろなことが楽しくなってきています。日々努力。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

久々の合同練習

2017-08-07 22:32:57 | Weblog

きょうは、いつも練習に来てくれているチームとの合同練習を行いました。夏休みも中盤になり、子どもにとっても私にとってもいい刺激になりました。きょうは、お互い違うチームの人とのペアで練習するメニューを多くしました。いろいろなじゃんけんやモーションバランストレーニングなどを行いました。また、仲良くなるために、お互い3つの質問を考えさせ、互いに質問し合い、全体で他者紹介もいくつかのペアでやってもらいました。こういう取り組みを通して、少しは距離が縮まったのではないかと思います。何しろ、笑顔いっぱいで練習をしていたのが何よりでした。後半は、コート練習でボールを落とさない練習から徐々にレベルを上げていきました。そのあたりから、ボールも落ちるようになってきたので、チームで、今のチームの問題点を3つ挙げてもらいました。指導者がミスを指摘するのは簡単ですが、それでは子ども達はやらされている感じがするのではないかと思い、子ども達に考えさせ、その点をどうしたらうまくいくかまで考えさせました。だからといってうまくいくことは少ないですが、チームとして意識することが大切だと思って取り組んでもらいました。指導者は、ひたすらコートにボールを入れるのみです。うまくいくプレーもあれば、うまくいかないプレーもあります。繰り返しやっていくことで身につくこともあると思います。いい練習ができました。日々努力。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

変わってきたこと

2017-08-04 23:34:33 | Weblog

怒らないと決めてから、自分の中で自分との向き合い方が変わってきたことを感じます。それは、気持ちの整理です。怒るという感情ではなく、どう伝えたらいいのかとか、伝えないで今は見守ろうとか、いろいろと考えることが多くなってきました。また、子どもの様子がどうも今ひとつだなと思うときは、どう子どもが生き生きと動くのかを常に考えて、メニューの変更をいろいろと思い巡らせています。今のこの瞬間に自分ができることは何かを以前よりも考えるようになってきたことと同時に気持ちに余裕があることにも気づいています。まだまだ足りないところは、いろいろな準備が足りないからだと思っているので、準備を怠らないようにしたいと思います。日々努力。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

怒らないことにしました

2017-08-02 23:22:30 | Weblog

怒らないことに決めました。そういうことをきょうの練習中に決めました。というのも、ある子の言動でムッとすることがありました。そのときに、瞬時に怒るべきか、どうするか考えて、怒らないと決めました。このときにこれからも怒らないと決めました。怒るとそのときの感情を表に出すので、なぜ怒ったのかも忘れたり、あまり覚えていないことが多いですが、きょう怒らないとどうして怒ろうと思ったのかいつまでも考えていました。すると、子どもの言動を引き越しているのは自分自身の練習のもっていき方や準備不足があるのではないかと思いました。

こういうふうに実行しようと思ったのは、昨日『「怒らない技術」嶋津良智著』という本の中に「怒らないと決める」「落ち込まないと決める」などのことが書いてあったからです。怒るかもしれないというそのときどきの感情に任せるのではなく、決めることが大切だと思ったからです。何事も決めることが大切だと思います。日々努力。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バックスプリットの定着

2017-08-01 18:15:56 | Weblog

先日の土曜日は、一日試合でした。夏休みに入ってから取り組んできたことが、どれくらいできるか試してみるということもねらいにありました。一人一人のスキルは、以前よりも上がってきて、ブロックが多くなり、アタックの決定率も少しですが上がってきています。サーブもねらうことに取り組んできましたが、ある程度は達成できているかなと思っています。ただし、セットを取るところまではいかず、終盤の肝心なところでミスが多くなり、相手に流れを持って行かれてしまう場面が多くありました。個々のスキルは確実に上がっていることは確かですが、安定した力を発揮できていないところを感じました。とにかく、バックスプリットの動きを身につけることが大切だと思って取り組んでいます。そのことでばたばたした感じは減ってくると同時に安定したプレーにつながっていくと思っています。こうやればうまくできるということが時間できるように明日からの練習でもこつこつと取り組んでいきたいと思っています。日々努力。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加