笑顔でバレー

バレーボールの指導のことについて

子供を信じること

2009-08-31 22:05:24 | Weblog
 草野塾頭が、福島での自然体バレー塾での様子をブログに書いている。その中で 「変に強くなってしまったらダメですね。人間の欲が出てしまって・・・。小学生は地表に出たばかりの小さな芽。芽に花を咲かせてしまっては大きな樹木に育ちません。勝手に、自然に花を自分で咲かせる時が来るんですね。」この言葉が、私には重く響いた。私は、子供を変に強くしようとしていたかもしれない。
 昨日のブログでも、同じようなことを思って書いた。塾頭がいつも言っていることを自分に言い聞かせるように改めて書いた。

 きょうの練習では、いつものように子供たちが精力的に練習に励んでいた。用事がある子以外は練習に来ていた。一人ひとりインフルエンザの予防をしっかりしているようだった。子供たちは先日の試合の反省をノートに書いていた。それを一人ひとり発表させた。その内容は、的確に自分の課題をあげており、やるべきことはわかっているようだった。ただし、残念だったのは、セッターであり、キャプテンである子の内容が他の子に比べると乏しかったことだった。私自身、一番濃い内容を期待していただけに残念だった。もう一度考えて書いてきてとノートを渡した。
 きょうの練習は、子供たちがやるべきことはわかっていて、積極的に動いていたので、ミスにもいちいち私の方から言わずに流した。または、どうしたらいいと思う?などの投げかけをした。子供に考えさせた。すると次からは同じような球筋にも考えた通りに動いていた。きょうの私は子供を信じようと思って指導をしていた。すると、言葉かけもそれ相応になっていることに気づいた。
 最後は、レフトの子がいいアタックを打って終わった。子供たちはまるで試合に勝ったかのように盛り上がっていた。そんな終わり方をすると次の練習にもつながるなと感じた。 
 大切な試合は目の前である。だからこそ、言われて動くのではなく、子供が自ら動けるような、動いてしまうような練習をみんなでつくっていきたいと思う。そして、子供が生き生きといろいろな役を演じられるように私は演出に徹したいと思う。
 これからも子供を大切にし、子供が勝手に自分で花を咲かせられるように環境を整えたいと思う。日々努力。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チームの品格

2009-08-30 23:17:17 | Weblog
 私の一挙手一投足を見られていることを、昨日の試合が終わってから、保護者の方から教わった。保護者の方たちは、子供たちを応援しながらも私のことも見ているんだと感じた。当然と言えば当然のことであるが、気をつけなければならないと思った。保護者の方たちは、笑いながら話をされていたが、私はよい忠告をしていただいたと思っている。私の態度、しぐさ、表情などがなっていないのだと思う。恥ずべきことだと思う。

 昨日のブログで、チームの品格のことを書いた。私自身がチームの品格を左右すると言ってもいいかもしれない。試合中はもちろんのこと、練習でも保護者の方たちが見に来ている。私の態度、言葉かけなどを見たり聞いたりしている。ここのところ、私自身がチームの品格を落とすようなことをしているかもしれないと気づいた。以前にも、子供たちは指導の鏡だと書いたが、子供だけでなく保護者も指導の鏡なのだと思う。私の心の動きが態度として表れ、それが子供に伝わり、保護者にも伝わっているのだと思う。

 ここのところ、自分の我を出していたと反省する。まだ、芽を出したばかりの子供たちに花を咲かせようと躍起になっていたと思う。特効薬をどんどん注入して、子供の奮起をうながそうとしていたと思う。
 花は咲く時期が来ると咲くもの。咲かせるものではないはず。急いては事をし損じる。

 きょうは一日のんびり過ごし、気持ちをリセットするできた。そして、今私がやらなければならないことが何か、指導の原点に立ち返ることもできたように思う。日々努力
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

予選突破

2009-08-29 22:37:33 | Weblog
 きょうは道新カップの十勝地区予選の予選グループ戦だった。結果は、予選突破はでき、決勝トーナメントに出場することができた。次週の土日がいよいよ本番である。抽選により相手も決まった。あとは、試合に向けて準備をするのみである。
 今回ほど、調整の難しいことはないと思っている。最大の敵は、いつも言っているように自分の弱さである。そして、もう一つは新型インフルエンザである。このインフルエンザの猛威には予防に次ぐ予防で何とか乗り切るしかない。子供たちは、試合間などマスクをしていた。ところが、一人マスクをしていない子がいた。先週から言い続けているにもかかわらず、準備を怠っている。今回は、命にかかわる危険もはらんでいる一大事である。その認識の甘さと私が言っていることが伝わっていないこと、チームが一つになっていないことがとても残念だった。

 試合では、いつもと同じように立ち上がりの悪さ、連続失点で相手にリードを許し、追いかける展開だった。また、少しでも強いサーブには押しまくられ、後手後手のプレーでリズムを崩されるパターンだった。今回、そういう展開でもアタッカーが打開できるような練習を積み重ねてきた。その結果、ここで切りたい時に切れるようにはなってきた。後半は、うちがサーブで相手を崩し、チャンスボールをもらって得点を重ねる展開でリズムに乗り、勝つことができた。しかし、相手のミスで勝たせてもらった感じである。まだ実力で相手を倒したとは言い切れない。
 きょうはお母さん方の応援が激しかった。ただし、そういう応援が出てきたときは注意をしたほうがいいよとウエストの監督に言われた。それは、保護者の強い指示や叱咤が出た場合、子供は監督よりもそちらの方に気持ちが動いてしまう傾向があるということ。それでは、監督の指示は二の次になりかねない。応援にも熱が入るとエスカレートしてしまうことがあると思う。私は応援もチームの品格を表すと思う。勝つことばかりに目先がいってしまうとチームとしての品格がどんどん失われていくように思えてならない。もう一度、後援会の人とも確認をしながら、来週の大会に備えたいと思う。

 きょうの試合を振り返って、まだまだ自分に弱いことを感じた。迷いや人任せにもなっている場面がみられた。あきらめている感じがしたと5年生の子が感想を言っていた。まさにその通りである。まだ、目の色が変わっていない。どこかで甘いのである。やってもらっていることが当たり前になってしまっているのだろうか。
 子供たちには、まずは来週の試合までの1日1日を大切に過ごそうと話した。それは、インフルエンザのことも含めてである。また、自分でやれることは自分でしようとも話した。どれでも親を頼るときがたくさんあると思う。しかし、それを当たり前と思わずに、ありがとうという感謝の気持ちをもとうと話した。自分のことを自分ですることは自立するということ。自立するということは、自分の甘えに勝つことだと思う。日々努力。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

試合前の準備

2009-08-28 23:31:24 | Weblog
 明日は、道新カップの予選である。今週は、先日の大会での課題を踏まえて、ポイントを絞って練習を重ねてきた。
 きょうは、体育館に着いて、すぐに子供たちに伝えたことがあった。それは、試合の前の準備はすでに始まっているということ。大会当日の練習が試合の準備ではなく、今このときからすでにそういう気持ちで練習をしているかということ。なぜそんな話をしたかというと、ある子が横に打たれたボールをはじいて、「あーあ」と笑いながら練習をしていた。何気ない行動だったのだと思う。しかし、一球を大事にできなかったら、次の一球も大事にできないと思う。その子は、レシーブが苦手である。苦しいことから逃げ、すぐにあきらめる傾向が強い。だから、アタックでも弱い自分がすぐに出る。
 子供たちには、ふだんの練習で思い切りやっていなかったら、試合でも思い切りできないし、練習で中途半端な気持ちでやっていて、試合でしっかりやろうと思っても逆に力が入って平常心でできないから、今から試合前の準備をしっかりやろうと話した。
 その後は、目の色を変えてやっているが、半身の動作が適当だった。そこで、昨日来てくれた高校生がきょうも来てくれたので、半身の動作をしてもらった。見事な半身の動作をしていた。子供たちは、万事がやっているつもりなのである。細かいところまで気づけないのだと思う。だから、教えるべきところは教えないとできない。高校生に、どこを気をつければいいか言ってもらった。その後はぐんと動きがよくなった。
 練習中は、とにかく自分に負けるなと言い続けた。そのためには、声を出そう、ボールを呼ぼうと言い続けた。自分に打ち勝つためには、それ相応の声が必要であると思う。それは、テニスの松岡修造さんも言っていた。コート上で吠えるかのように声を出しているのは、自分に打ち勝つためだと言っていた。
 今週、一週間は、子供たちにとにかくメッセージを発信し続けた。ときには厳しく、つらく当たったかもしれない。しかし、それにも負けてほしくなかった。何くそとと思ってほしいと思って言い続けた。日に日に、よくなっている部分も見えてきた。しかし、約束事が徹底されているとは言い難いところもたくさんある。両刃の刃である。
 明日は、練習してきたことをたくさん出てほしいと思う。やればできる子達である。高校生から子供たちに最後にアドバイスしてもらった。「一本目をまずあげよう。それをみんなでつなげよう。そしてチームが一つになって試合をしよう。」などのことを言ってもらった。私が、くどくどと言うよりも現役高校生の言葉はきっと子供たちに届いたと思う。
 明日は、あきらめず、粘り強い、自分たちのバレーをしてほしいと思う。日々努力。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思わぬ出来事

2009-08-27 23:25:45 | Weblog
 きょうの練習では、昨日からの課題であるセッターのトスについて重点的に行った。セッターの子には、ポイントとして右膝に左膝をつけるということとレフトでもライトでも上げられるように身体の軸を垂直にすることを伝えた。
 何度も練習するうちに少しずつ矯正されていった。うまく上がっているときには、たくさんほめた。その繰り返しで良いイメージ、気をつけるポイントを意識させたかった。少しのアドバイスでこんなに変わるということは、やはり正しい身体の動かし方、基本の動きを意識させることが大切であると感じた。
 セッターのトスが少し変わり、打ちやすいトスが上がってきているので、アタッカーのぎこちなさが今度は目についた。打ちにくそうなトスは、すぐにあきらめたり、簡単にネットにかけている。自分で限界の壁を勝手に作っているように感じた。そこを子供たちに話した。するとテイクバックを大きくとり、ダイナミックなアタックになるときもあった。まだまだ弱さと強さが同居している両刃の刃のようなところが多い。まずは、強さも少しずつでてきているところは評価したいと思う。
 
 きょうは思わぬ出来事があった。4~5年前にうちの少年団を卒団した高校生が体育館に来てくれた。聞くと、インフルエンザで学級か学校が休みなので、ひまで来てくれたそうである。現役のバレー部員である。動きが全く違う。これは、良いお手本だと思い、レフトでの動きを何度もやってもらった。レフトの子にはその動きを真似するように言った。そして、高校生からアドバイスをしてもらった。こんなチャンスは滅多にないと思ったので、いろいろと練習に参加してもらって、子供たちの相手になってもらった。
 練習後にその子に子供たちはあいさつをした。「気をつけ、れい、さようなら」それだけだった。私は当然アドバイスをもらうものだと思ったので、それだけ?と聞くと子供たちはもぞもぞ話し合って、ようやくアドバイスしてくださいと聞いていた。そのあたりが、まだまだうちに子たちの弱さだと思っている。機転がきかない、融通がきかない。通り一遍のことしかできないと感じた。高校生の子は、ブロックカバーをしっかりすることをアドバイスしてくれた。子供たちにたりないところである。ありがたかった。
 練習後に、子供たちには2つの敵があることを話した。一つは、自分の心の中にある弱さに勝ちなさいということ。もう一つは、新型インフルエンザである。これは強敵である。予防しかない。2つの敵にまず勝つことを確認したが、子供たちの目は日に日によくなっていることを感じた。日々努力。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2009-08-26 23:10:47 | Weblog
 きょうの練習は、檄を飛ばし続けた。焦りがあるのかもしれない。今度の土曜日が道新カップの予選がある。6年生にとっては、全道につながる最後の大会である。私は、この大会に向けて、準備を進めてきたつもりである。しかし、課題を修正しては新たな課題にぶち当たることの連続である。そうやって個々の力は確実にあがってきている。ただ、セッターについては特別なことをしていなかったことに気づく。その都度、教えてきたつもりだし、セッターの子もそれに応えようと努力している。もう一度、私自身がセッターの動きとは、トスとはどういうことかを考えなければならないと思っている。

 ふだんはあまり檄をとばすことはあまりないためか、子供たちはそれに応えようと必死に動いていた。私自身は、子供たちに危機感をもってほしかった。子供たちは、自信がないのか、肝心なところで人任せになってしまっている。ある意味では自分から逃げている。練習の最中に何度も「自分に負けるな」「自分に勝て」と言い続けた。敵は、相手コートの人間ではない。自分の心の中にある弱い自分であること。それに打ち勝たなければ、新しい自分、強い自分になれないと思う。逃げてばかりではいけないと思う。それを乗り越えないと本当のチームにはなれないのではないかと思っている。しかし、みんなが強いわけではないので、みんなで弱いところを補い合おうと話した。そのためには最低限自分でやらなければならないことをやろうと話した。
 チームの練習の中で、新たな試みの中でみんなが補い合っていたところが随所に見られた。ブロックカバーにしても積極的に入っていたし、つなげていた。あとは、どれだけいろいろなプレーの精度を上げるかだと思っている。できないわけではない。ただ、とても決定率、効果率が低いのである。
 きょうは、気持ちの面ばかりを強調しすぎてしまったところは私の反省である。正しい身体の使い方、基本の動きを徹底させることをしていかなければならないと思っている。
 まだまだである。子供の姿は私の指導の鏡である。未熟な指導の鏡である。厳しくもあり、楽しくもあり、めりはりのある指導を明日は心がけたい。日々努力。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

充実した時間

2009-08-24 22:02:38 | Weblog
 私は、帯広市内の小学校の特別支援学級(情緒学級)の教員をしている。きょうは、バレーの練習を他のコーチにお願いして、不登校の学習会に参加した。私が、教員になって師と仰いでいる人を招いて、不登校のことについていろいろと学んだ。充実したひとときだった。

 日中の指導の時間では、子供とめいっぱい遊んだり、勉強したり、また保護者と子供のことについて相談をしたりと充実した時間を過ごすことができた。やはり、本業である教員として、自分なりに充実感や満足感をも仕事をすることが大切であると改めて感じた。自分の中での幹(本業)、根っこ(軸足)がしっかりしていて、初めて枝葉(自分の中ではバレーの指導など)の部分が青々と生い茂ってくるのだと思う。
 大会が近いし、本来ならバレーの練習に行って、少しでもいろいろなことを試したいところだが、前もって計画していたこともあり、自分自身の成長のためにも学習会を充実させたかった。

 子供たちは、きょうの練習で充実した時間を過ごすことができたのだろうか。一球を大切に取り組むことができただろうか。納得した練習はできたのだろうか。言われないと気づけない子たちである。与えられるばかりではあまり成長は望めないような気がする。でも、少しでも自分で気づいて自分で取り組む人間になってほしいと思う。日々人間的成長。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本別が初優勝!

2009-08-23 22:29:44 | Weblog
 少年団大会の十勝地区予選は、本別の初優勝で終わった。先の全日本大会に出場したウエストを破っての優勝ということで喜びも大きいと思われる。
 試合は、本別がリードする展開で、ウエストがいつ追いつき勝ち切るかと思っていたが、2セット目、3セット目はそういう展開にならず、ウエストらしくないたたかいだったように思う。というのも、リードされてもあわてず、自分たちのバレーで追いつき、勝ち切ったいるからだ。
 勝負のポイントはサーブだったように思う。肝心のところでサーブをミスしたウエストとサーブで守備のいいウエストを崩した本別との差が出たように思われる。サーブを制するものは試合を制すといったところだろうか。
 勝ち負けには、その他にもいろいろな要因があったように思われる。その中には他者にはわからないものもあると思われるが、粘り強く、つないで、つないでいく気持ちでプレーをすれば、壁をどんどん越えられるということを教わったように思う。うちのチームの子たちも何人か試合を観に来ていた。彼女たちは、この試合を観て何を感じたのだろうか。少しでも得るものがあったのだろうか。

 昨日のワールドグランプリの試合をテレビで見ていると、アナウンサーが栗原恵のことを話をしていた。新キャプテンの荒木と新副キャプテンの栗原は、宿泊先では同部屋でいろいろな話をしたそうである。そして、苦しい時でも一人ひとりバラバラにならないで、とにかく声をかけ合おう、かけ合えないときはアイコンタクトをしようということを言っていた。
 昨日の試合後にセッターの子とセッターとして、どう声をかけるかということを話した。サーブレシーブで、どうしても切りたい時に「次は、上げるからね」と前もって声をかけるとか、味方がサーブを打つ時に「次はAクイック入ってね」とか、自分からどんどん声をかけていくことも大切だということを話した。それが、気持ちのつながりだし、チーム力につながっていくと思うからである。

 土屋幸一郎という方の「木登りブタの寝言」という掲示板にこういうことが書かれていた。
「 セッターとして、一番大切なのは「不動の心」だ。常に笑顔を絶やさず、何があっても「蛙の面に小便」でニコニコしていること。
次に大切なのがねちっこい「糸心」だ。セッターの仕事は、レシーブされたボールを上げることではない。相手コートからネットを越えてくるボールに、心の糸をつけて味方に「レシーブさせ」て自分の所に持ってくる。そうして角度を変えてアタッカーの手元に「置いてやり」(アタッカーが打つまでボールにつけた心の糸は切れない)、声で相手の穴にねじ込ませる。」

 明日、私は練習につけないが、子供たちは「不動の心」「糸心」で練習に取り組んでほしいと思う。私ももう一度一人ひとりを見直して、チームを作っていきたいと思う。日々努力。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1回戦敗退

2009-08-22 22:47:28 | Weblog
 少年団大会が終わった。結果は、1回戦敗退。1セット目、10連続失点、2セット目も7連続失点という内容で相手のサーブで崩され、返すのが精一杯で、本来ならうちがやりたかった試合のリズムを相手にされてしまい、主導権を握られたまま、相手の思うようにやられてしまった。
 
 試合後、ウエストのS監督と話す機会があった。一人ひとりは伸びてきているけれどもチームとして機能していないことを指摘された。例えば、ブロックカバーに入っている子と入っていない子がいるなどだった。チームとしての約束事、ボールを触らない残り5人がいかに動くか、次の準備をするか、カバーをするかが徹底していないことだと思う。いわゆるカバー力がチームの中に浸透していない。それは、ふだんの練習から指摘をしていた。そのための練習もしているが、実践になるとそういう動きにならない。まだ、練習のための練習をしているのだと思う。この練習が試合のどこにつながるのか、どういうときに生かせばいいのかがわかっていないのかもしれない。言われるとできるが、言われないともとに戻ってしまう。自然にまだ動いていない。チームとして、なめらかな動きになっていないのだと思う。
 それから、セッターのトスワークに疑問の残る試合だった。それは、あげやすいところにあげている場面が多かった。ここは絶対流れを切りたいというときにレフトに上げずに上げやすいところに安易なトスを上げてよけい切れずに悪循環のリズムになっていることが多かった。考えてあげるということがどういうことか、目の前の試合を見ながら、セッターの子にいろいろと話した。どれくらいわかってくれたかどうかはわからないが、トス一本一本に意味を持たせてほしかったので、あえて個別に話をした。
 
 私自身、初めての試みだったが、学校に帰って練習をした。月曜日の練習につけないこともあるし、何より確認したいことがいっぱいあったからだ。
短い練習ではあったが、フットワーク、レシーブ、サーブ、アタック、コンビなどを重点的に行った。試合では見られないようなアタックを打っている子もいた。やればできる。でもまだ確率は低い。もっともっと自信をもってほしいと思う。
 これからの練習では一つ一つの練習、一球一球を大事にしていこうと話をした。まだまだ発展途上のチーム。ここであきらめず、下を向かず、キッと前を向いて、やらなければならないことをスムーズに、いつでも自然体でできるように取り組んでいきたい。日々努力。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笑顔でバレーだ!

2009-08-21 22:54:44 | Weblog
 明日は、少年団大会の十勝予選である。夏休みに取り組んできたことを少しでも出すことができたら、自分たちのバレーができるかもしれないと思う。そのためにも、練習でやってきたことをどれだけ出せるかだと思う。今までの子供たちの試合を観ていると、相手に勝つ前に自分に負けていることが多かったように思う。それだけのスキルしかなかったこともある。ただ、緊張や不安、焦りから自分によけいなプレッシャーをかけていることが多かった。そのためのトレーニングも積んできたつもりである。
 明日は、いかに平常心でいられるか、無心でプレーができるかだと思っている。それは、監督である私にも言える。子供たちをいかにリラックスさせてあげられるか、練習のイメージを試合にもっていくことができるかだと思う。

 きょうの練習では、セッターとアタッカーとのタイミング、呼吸を合わせることやスムーズに動くためにはどうしたらいいか、そしていかに約束事を守るかなど確認と反復練習を繰り返し行った。
 
 練習後には、後援会の方たちと子供たちが対面し、簡単な壮行会があった。代表の子のスピーチは、バナナレシーブをポイントにあげていた。子供たちは自分たちがやらなければならないことをわかっていると思った。
 明日は、どういう状況でも笑顔でバレーができそうな気がする。自分たちで何とかしよう、何とかするという修正が試合の中でできそうな気がする。

 全日本女子がオランダに勝った。まさにチーム力がオランダを圧倒したように思う。うちのチームも、個々のがんばりが結果的にはチームとしての力で相手をぐいぐい押していくような試合をしたいと思う。がんばれ、子供たち!笑顔でバレーだ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加