笑顔でバレー

バレーボールの指導のことについて

カバーできる力をつける

2009-04-30 23:27:12 | Weblog
 先日、草野健次著「考えの基」という本が届いた。基シリーズの最終刊である。自然体バレーの考えがぎっしり詰まっている。また、とても読みやすい。バレーボールに限らず、人としてどう生きるべきか、子どもと向き合う者にとってどうあるべきかなど、教育書でもあると思う。
 その本の中に今のチームに対して、非常に当てはまる言葉があったので紹介したい。

「バレーボールはカバーする努力が必要なスポーツである」
 カバーし合うことでもない、カバーしてもらうことでもない。なぜならば、そのような考え方はまだまだ相手に見返りを求めている姿だ。待ちの状態、受け身の状態でしかない。相手を願っている姿だ。依頼心そのものの姿でしかない。助け合うには、まず自分が他人を助けることのできる力をつけることだ。カバーできる力をつけて、カバーできる選手になることだ・・・・そんなふうに選手を指導したらどうだろうか。

 今のチームの中には、待ちの状態、受け身の状態の子どもが多いように思う。だから、何でもない人との間のボールがポトンと落ちてしまう。依頼心そのものであるとつくづく思う。それがどういうことなのか、わからなかった。
 カバーできる力をつける、カバーすることのできる子どもを育てることが、今の私に課せられた課題であると思って、明日からの練習で具体的に指導していきたい。そして、そのことはそっくりそのまま子どもたちの人生にも役立つのではないかと思っている。そう思うと、たかがバレーの指導ではすまされないなと思う。日々努力。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

基本に戻って

2009-04-30 00:09:00 | Weblog
 きょうは午前中練習を行った。いつもは練習の途中からしか体育館に行けないので、きょうのように最初から練習につけることにとても喜びを感じる。それは、子ども達をじっくり見ることができるからだ。
 最初は、楽しみながら体をほぐしたり、反応を早くする練習をたっぷり行った。その後、オーバーパスなどの基本を行った。これもふだんはじっくり見ることができないので、ところどころポイントをおさえながら行った。
 サーブについても、もう一度基本に戻って、一つ一つ確認しながら行った。
 きょうから、Bクラスの3年生と5年生をコートに入れて、6年生と乱打を行わせた。思ったより、3年生ががんばっているのには驚いた。昨年1年の取り組みはムダではなかったように思う。きょうは、コーチ陣もそろっていたので、Bクラスの子ども達にじっくり指導してもらった。ふだんは、私だけでは思うようにいかないこともあるので、こういうときに思う存分バレーボールに触れてほしいと思う。
 さて、6年生は先日の大会での課題を踏まえながら、より自分達のプレーに磨きをかけるような練習を行った。先日の大会での手応えが練習にも生きているようで、自分がやらねければならないことをわかってプレーしているように思えた。
 ミーティングのときに、質問をしてくる子どもがいた。ふだんは、マイペースでおとなしい子だが、少し変わってきたようだ。その質問に対して、みんなに考えてもらった。一人の悩みをみんなで共有しながら、一人ひとりのプレーの向上につながってほしい。
 まだまだいろいろな面で、完成度は低いけれども、子ども達と一つ一つ確認したり、考えさせたりしながら、いつでもどこでも笑顔でバレーボールができるようになれたらいいなと思う。日々努力。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大会の結果

2009-04-27 22:58:27 | Weblog
 昨日の釧路での大会の結果がメールで送られてきた。女子の部の優勝は、帯広ウエストジュニア、2位は鳥取フェニックス、3位は下音更ウィングスと更別JVCだった。
 ベスト4に十勝のチームが3チームが入り、十勝のレベルの高さを印象づけた大会だったのではないだろうか。どのチームも守りの堅いチームである。そして、決定力のあるチームが上位にいくように思える。
 後援会の会長さんからメールをいただいた。これからの大会は全部ウエストでいきましょうという力強いメッセージをいただいた。
 子ども達が更に伸びていくよう、無理なく、故障をさせずに、楽しく、こつこつと力をつけていきたいと思う。そのためには、私自身がもっと自分を磨いていかなければならないと思っている。日々努力。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大会終わる

2009-04-26 22:22:42 | Weblog
 釧路での大会が終わった。湿原アリーナというとてつもなく大きな体育館だった。その体育館のサブアリーナで試合を行った。(メインで試合をしたかった・・・)
 1回戦目の相手は、昨日戦ったチームだった。たくさんある組み合わせの中で、また対戦するとは何かの因縁を感じた。昨日と同じような展開だった。1セット目を落とし、2セット目を接戦でものにし、3セット目はこちらのペースで終始ゲームができた。相手はとにかくボールを拾うチームだった。そこに勝ったことは、自分達にとっても大きな自信になったと思う。
 次の相手は、十勝ナンバー1のウエストだった。何も釧路まで来て対戦することはないだろうと思うのだが、これも何かの因縁かもしれない。1セット目を落とし、2セット目も終盤から離されたが、最後にブロックが決まるなど、追い上げもあった。負けはしたものの私も子ども達も今のチーム状態では納得のゲーム内容だと思う。
 
 この大会を通じて、気持ちの切り替えをするということが大きなテーマだった。それもある程度は達成できたと思う。また、子ども達はどんどんバレーボールがうまくなっていったと思う。自信をもっていいところと課題もたくさんある。大会を終えるごとにどこを修正すればいいのかが見える。そのことを練習の重点におきつつ、さらなるステップアップを図っていきたいと思う。
 私自身も子ども達を冷静にとらえることができたことが大きかった。いつもは目先の子ども達のミスにとらわれることが多いが、今回は大きな視点で試合をとらえることができた。
 タイムや試合間で子ども達に言い続けたことは、「あわてない。」「ゆっくりやろう。」「ひとまず休もう。」など、リラックスさせることが中心だった。あとは、セッターへの指示が多かった。まずはセッターを一人前にすることが急務である。
 次は、全日本大会の予選に向けての調整である。もう一度基本に立ち返り、土台や軸や骨組みををしっかりと築くことと、更にちょっとした装飾を施していきたい。日々努力。

 大会を通じて、後援会のお父さん、お母さん方、OGやその父母の方々など、たくさんの応援とご協力をいただき感謝しております。ありがとうございました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

がんばったね!

2009-04-25 22:25:11 | Weblog
  がんばったね!フルセットの末、予選突破!私は、見ることができなかったけれども、見たかったなあ。私が今のチームに来て、初戦で予選を突破したのは初めてではないかと思う。後援会の人たちの話を聞くと、練習通りのことができたようで、私自身うれしく思う。まずは、一つの大きな壁は越えたということで、子ども達のがんばりをたたえたい。
 明日から、いよいよ決勝トーナメントの始まりである。ここからが本当の戦いが始まる。きょうの戦いを大きな自信として、明日から一つでも多く試合をして、バレーボールを楽しんでほしいと思う。また、私が行ってから流れが変わらないように、コーチとも相談をしながら、子ども達が気持ちよくプレーできるようなサポートができればいいなと思う。
 明日も、1+1=2!(笑顔)でね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

がんばれー!

2009-04-24 20:46:39 | Weblog
  明日は、釧路で行われるヤムヤム杯という大会がある。道東地区を中心にフリー参加で毎年多くのチームが参加する。この大会は、連盟主催ではなく釧路の有志の指導者で運営している。釧路の指導者の情熱とチームワークの良さを感じる。
 さて、この大会に合わせて今まで練習を重ねてきた。私は、明日は勤務校が参観日のために参加できないが、やるべきことはやったという感じで練習を終えることができた。
 きょうの練習には、2年前にうちのチームは3位になっており、そのメンバーの何人かが練習に来てくれた。乱打などの相手をしてもらい、緊張感のある練習ができたと思う。最後にその子達から、一言メッセージを言ってもらった。「たとえ負けても、気持ちを切り替え、次の試合に備えること」や「楽しんでプレーすること」など、貴重なことを言ってくれた。ありがたかった。
 子ども達には、ミスを引きずらないで、気持ちを切り替えることやそのためにどういう言葉をかけたりするか、それから行きのバスでテンションを上げすぎないで、試合を楽しむことなどを伝えた。
 残念ながら、明日は同行できないけれども、良い知らせを待っている。がんばれー!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動き

2009-04-23 22:17:01 | Weblog
 きょうは一つの練習メニューを長くなるのではなく、ある程度できるようだったら、次々とメニューを変えていった。そして、昨日の課題だったセッターのトスの精度にこだわって練習を行った。そこでわかったことは、やはりじっくりと時間をかけて、細かい動きのポイントをおさえながらやっていくことの大切さだった。すぐには習得できないものがセッターにはたくさんある。今は、目線にこだわっているがどうしてもあごがあがってしまうくせが出てしまうようである。それでも繰り返すことで、どれくらいの力で上げればいのかなどの力の調節が少しわかったようである。なかなか練習に細かい練習はできないので、練習前などに個別に練習する必要があることも伝えた。
 それから、アタッカーにコースを打ち分けられるようになろうと言うと、どうすればストレートを打てるようになりますかとすぐに質問が来た。子ども達は、言われたことをがんばってやろうとしている。昨日も書いたが、それじゃあ具体的にどうすればいいのかという解決策を子ども達に提示していないで、提案ばかりしていることに気づいた。そういうえば、そいうことを細かく教えていなかったなあと。打っていればできるものではない、と改めて感じた。
 そういえば草野塾頭がこんなことを言っていた。
 1、動ける体をつくる
 2、正しい体の使い方を覚える
 3、必要な動きを覚える
 4、繰り返し練習をする
 5、完成度を高める
 そうすれば技術は上達する。

 今は技術練習よりも動きの練習を重点的に行っている。日々努力。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チームとしての精度

2009-04-22 22:13:59 | Weblog
 きょうはサーブレシーブの練習を重点的に行った。特に、速いサーブへの対応を中心に行った。前半は、一様に並んでサーブを受けさせたが、一番がんばってほしい子を個別に続けて受けさせた。一人の子を見ていると、その子の弱点がよく見えた。一生懸命上げているが、どこかぶれている。それがなぜか少しだけわかったので、その子とこうしてみたらとアドバイスをした。それは、目線を向けてセッターの位置に置くだけでいいのに、ボールが面にあたってからさらに修正しようと面を動かしているようだった。目線を切ることだけを意識させるとセッターにあげていた。その子は一生懸命な子なので、ミスを引きずることが多い。レシーブするごとに、今のはOKと言いながら良いイメージだけをもってもらおうと声をかけた。
 いろいろな攻撃からの対応練習では、先日の練習で気持ちが萎えてしまった子に再び打たせた。きょうは、その子とケースごとにどうすればいいのか、いろいろと話しながら打たせた。前回よりも力強く打っていたし、いろいろなトスに対しても対応をしていた。気持ちの面もあるが、どう動いたらいいのかわからないということもあることがわかった。そこを指導せずにただ打たせて、できなければ怒るという図式では子供は育たないし、エースの自覚も生まれないだろうと感じた。センターから打たせた子は、どうすれないいのか徐々にわかってきているようだし、ライトから打たせた子はとにかく一定方向だけに打っているので、もう少しコース打ちもするように言った。
 今後の課題は、セッターのトスの精度である。大会まであと2回の練習でどのくらい上がるかわからないが、重点的に行う必要があると感じている。それは本人も感じているので、個別に指導していかなければならないと思っている。
 大まかな指導と細かな指導を繰り返しながら、チームとしての精度を上げていきたいと思っている。日々努力。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心を込めて

2009-04-21 22:43:58 | Weblog
  先日の練習試合の反省をノートに書いてもらった。今、何とか明日の練習までに間に合うように反省ノートに「先生から」ということで一人ひとりにコメントを書いている。
 練習の中では伝えきれないことがいっぱいある。私からのメッセージを何とか届けたいと思っている。メッセージを伝えたからといってうまくなるわけではないが、子ども達とどこかでつながっていたい、そして、信じ合えるような関係を築けたらと思っている。
 今回書いていることで共通していることがある。それは、自分をアピールするということ。それは、指示の声を出すなどの声のこともあるが、練習のときから私はここにいるということをみんなに知らせることが大切であると思う。それが、6人で一つのボールをつなぐときにも活きてくると思う。
 今の子ども達はとかく突出すること、目立つことを嫌い、みんな横一線を好むように思う。それが、人間関係をほどよく、円滑にするためには大切なんだと思う。日常生活ではそういう場合も必要だと思う。しかし、それではよいチームワークは作れないと思うし、心の強いチームにはなれないのではないかと思う。言いたいことを言い、自分達を刺激し合い、みんなで高め合うような集団、チームになってほしいと思う。そのためにも一人ひとりが自立していくことが必要だし、自信をもつことも必要だと思う。  
 私のつたない思いが少しでも子ども達のところに届くように、一生懸命心を込めて書きつづっていきたいと思う。日々努力。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

練習の確認

2009-04-20 22:06:49 | Weblog
 きょうの練習は、今度の25、26日に行われる釧路での大会に備えて、どういう練習をするか確認してから行った。
 一つは、サーブレシーブの練習。強くて、早いサーブで崩されるパターンが多いので、背中にアーチを作ることを意識して練習すること。
 2つめは、コートの真ん中に落ちるボールなど、人との間に落ちるボールに対して約束ごとを守って確実にすること。
 3つめは、レフト、ライト、センターから攻撃に対応をすること。釧路では、どんなチームに当たるかわからないので、いろいろな攻撃に対応できるように準備しておこうということ。
 練習の目的をはっきり示すことで、子ども達はそれに向かって動いている。しかし、単純な練習ではできても複合的な練習では、まだ対応できていないことが多いのも現実である。一つ一つどういうふうにしなければならないのか、考えさせることも必要であると思った。
 練習後に、トスについて、ボール1つか2つ分ネットよりにあげる精度が必要であることを伝えた。せっかく1本目があがったとしてもそれをつなぐ2本目がネットより離れたトスのために、返すだけのアタックになってしまい、結局相手にとってはチャンスボールとなり、逆襲を受けるというパターンになっているのがうちのチームの大まかなパターンになっていることが多い。それを少しでも克服するためには、セッターのトスにしても、2段トスにしても精度を上げる必要があると思った。
 それから、レフトアタッカーが、少しでもトスがずれてしまうとただ返したり、弱気なプレーをしているのが目立っていた。強い気持ちで打てるようにまず大きく自分を呼ぶことを訴えた。自然体バレーの指導のポイントからはずれしまうような指導だったことは私自身反省しなければならないと思う。ただ、その子にはエースになってほしいし、苦しい時こそ逃げないで何とかしてほしいという願いをもっている。技術的なこともそうだが、メンタル面の強化も同時に行っていかなければならない。一つずつ、一つずつ理解してほしいと思う。それこそ指導者の力量が問われるところである。日々努力。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加