笑顔でバレー

バレーボールの指導のことについて

敗戦から学ぶ

2017-06-18 23:01:29 | Weblog

きょうは、優勝したチームとの対戦でしたが、完敗でした。スピードやパワーではかないわない相手なので予想通りと言えば予想通りでしたが、子ども達は何とかしようとがんばっていました。ブロックのポイントやサーブのコントロール、アタックのコースなど、やろうとしていることはわかりました。一人の子は、敗戦後泣きそうになっていました。悔しかったのだと思います。そのとき、今ここで涙を見せない、泣きたかったら家に帰ってから泣きなさい、そして悔しさを絶対忘れないことと声をかけました。これからは、もう一度基礎を見直し、個人のスキル、練習への姿勢、そして何よりも一人一人の人間的な成長を促していきたいと思います。日々努力。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あきらめないプレーで | トップ | 合同練習 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大丈夫ですよ (監督)
2017-06-19 21:26:28
今回の敗戦が、子どもたちをひとまわり大きくさせたんだと思います。
次が楽しみですね。
おっとその前に、練習を頑張りましょう!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL