goo

宮寒梅の会

行ってきました、このイベント。

待ちに待った、大、大、大好きな宮寒梅の会!!!

この品揃えが、飲み放題です。



全部、好きなやつだ~。



もう、夢のよう。

飲み比べると、フルーティーにも種類があって、かなり楽しめました。

この日のラインナップには、宮寒梅の最高峰、醇麗純香、そして、至粋も。めちゃめちゃうまかった。



他にも、まだ店頭に並んでいない今年のMr. Summer Timeなんかも飲めて、大満足。

ササニシキの33%もよかった。

でも、なんといっても、これでしょう。

宮寒梅の出品酒



こんなすごいお酒を飲めるとは。これ以上、僕の好みに合うお酒はないでしょう。何回もおかわりさせていただきました♪

すごいですよね、出品酒が大吟醸ではなくて純米大吟醸。純大で勝負に出るとは。わかる人にはわかるでしょう、このすごさが。

来ていただいていた蔵元の方々に、僕が何年も前に、岩崎というフルーティーなお酒に出会い、それを造っているのが寒梅酒造だと知り、それ以来、ずっと宮寒梅にハマっていることをお伝えして、いろいろお話も聞けました。

これだけおいしいと、十四代や而今、花陽浴のように入手困難になるのではないかと、とにかくそれだけが心配。(←かなり、本気で心配してる)

と同時に、今は、宮寒梅を定価で遠慮なく買って飲めてるわけで・・・・しあわせだ~。

そして、お酒を造った蔵元の方々もすごいけど、宮寒梅を通常の飲み放題メニューに入れちゃうという偉業を成し遂げたこの居酒屋の店長も、僕の中では歴史上の人物です。

偉い順番で言うと、寒梅酒造さん店長家康


この会、来年も絶対にやって欲しい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 宮寒梅 純米大... 冩楽 純米吟醸... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。