おくのほそ道

漫画「ジパング」にハマったが故に興味は海上自衛隊へ!護衛艦を見るための旅行、漫画やサッカーなど、趣味をメインに語ります

皮膚疾患、かと思ったら

2009-06-29 | 日々つれづれ
ちょっと気持ち悪い話になるのですが…(ごめんなさい;)
もし、同じような症状で悩んでいる方がいれば、情報として読んでいただけるのではないか、と思い、書くことにしました。

1週間程前から、手に水疱ができはじめたのですよ。
少しかゆかったので、最初は蚊に刺されたかなにかで、こんな状態になっているんだと思っていたのに、あれよあれよと言う間にポツポツ出てきて…。

できる場所は、右手の指の間。
手の裏と表の境目くらいの位置に、です。

かゆい、と思う場所が赤くなって、中に芯があるように感じられたら、そこがすぐに水疱になっていく、という感じ。
最初は右手だけだったのが、すぐに左手にも移ってきて、手のひら側の指に次から次へ出来てくる始末。

大きさは、1~2mmというところでしょうか。
かなり盛り上がっている(水が溜まっている)ものもあれば、表に出ず、皮膚の中でしこりみたいになっているものもある。
1日に2~3個できるので、本当に気持ち悪いのです。

実はかなり昔、ここまで酷くはないにせよ、指に水疱ができたことがあって、その時は医者に「汗をうまく外に出すことができなくて、こうなった」と言われていたのですが…。
ここ2~3年で、かなりしっかりした水疱が1日1コのペースでできるようになっても、問題ない!って思っていたのに、今年に限って、やたらハイペース&ビッグサイズで、1週間で両手に30コ(ほとんど左手)もできたら、さすがにポジティブな私でも、
「…もしかして、変な病気では?」
って思うわけですよ。

健康保険に入るため、まず市役所へ行って、それから皮膚科で待ち時間1時間(苦痛だ…)、やっと先生に診てもらったら、検査もせずに見ただけで、
「これは汗疱です」
だって。
(汗を皮膚の外に出すことができないため、水疱となるだけの症状)

おまけに、
「病気じゃなく、体質です」
とまで言われてしまいました…。

こんな気持ち悪いものが、体質なのかよ~!

病気じゃないから、水疱がつぶれても、そこで症状を他人に移すことはないし、ぶどう球菌や白癬菌もない、と水疱を見ただけで断言されてしまったのです。
“菌があったらどうするのよ?”と思っていた私の心中を察したのか、
「…調べてみますか?」
と、先生。

1つ水疱をつぶして顕微鏡で見てもらうと、そこには皮膚の拡大されたものしかなく、安心するやらガッカリするやら…。

しかも、汗疱は“体質”なので、直す薬というものがないのです。
そして、昔は破いた方が早く乾いて直るとされていたこの水疱、現在の考え方では放置して、自然に直すのが良いのだとか。
潰すと雑菌が入るし、元々体内にある水だから、そのままにしておくのが正しいそう。

「でも、かゆいんです。暖かくなると特に」
と言ったら、
「暖めるなんて、もってのほかですよ」
だって…。
そんなこと言われても、お風呂には入るわけだし。

…ということで、なんとかかゆみ止めの薬は出していただけることになりました。
(オイラックスH=かゆみを抑える=と、アセチロール軟膏20=角質化した皮膚症状の緩和=の混合薬です。結構即効性がある!)

ちなみに、手に水虫ができた場合は、水疱ではなく、必ず皮がむけてくるのだとか。

私の場合は、見た目、本当に自分でも気持ち悪くなるほどの状態なのですが、水疱は、できてから1週間強でしぼんできています。
が、足にも広がっていたり、身体に他の症状が起こっていたりする場合は、違う病気が考えられるみたいです。

どうしても気になる場合は、当たり前のことだけど、早々に皮膚科にかかることをお勧めします。
気持ちも軽くなりますしね!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジパング 航跡405 | トップ | ハイビジョンレコーダーを購入 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。