記憶に残したいこと

     忘れない為に....

「アキラとあきら」

2017-07-01 08:48:39 | book
池井戸潤の本が単行本をスルーしていきなり文庫本で発売された。
それも既にドラマ化されていて、7月9日からWOWOWで放送されるという。
放送される前に読まなきゃ~って事で買って来た。(本を読んでからTVを見るため)
「アキラとあきら」⇒ (池井戸潤作)
零細工場の息子(山崎瑛)と大手海運会社の御曹司(階堂彬)の二人の青年が主人公。
生まれも育ちも違う二人がやがて出会い、それぞれの立場で過酷な試練を乗り越える。


感想:705ページをほぼ一挙読み。
   池井戸潤らしく銀行がらみだけど途中で中断したくないほどはまった。
   これならTVドラマも面白いんじゃないかなぁ~。
 
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 編物(紺サマーセーター) | トップ | 「楽園のカンヴァス」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

book」カテゴリの最新記事