記憶に残したいこと

     忘れない為に....

2017年・ATP1000インディアンウェルズ大会(日本人選手2R)

2017-03-13 05:39:22 | テニス
インディアンウェルズ大会の2R。
いよいよシード選手登場。
予選から戦っている西岡君の2Rも対戦相手は19シードのカルロヴィッチ。
211cmのカルロヴィッチと170cmの西岡君は今回が初対戦。
なんと身長差41cm。(@@)
錦織君(178cm)が初めてカルロヴィッチと対戦した時(デビスカップ)、カルロヴィッチのサーブが半端ない高さにはねて触れなかったのを思い出した。

<2R>
 ★西岡君 vs カルロヴィッチ(19)・・・・6-4・6-3(〇)
  ブレイクは全てダブルフォルトがらみ。
  カルロヴィッチのファーストサービスの確率も悪かったが、西岡君のリターンが良かった。
  終始落ち着いたプレーでカルロヴィッチのネットプレーを封じてたもんね。

 ★錦織君(4) vs エバンズ・・・・・・・・6-3・6-4(〇)
  戦績は1勝1敗。
  ファーストサービスの確率は69%とまずまず。
  ショットの感触も良さそうでミスが少なかった。
  危なげない2Rと言ってもいいんじゃないかなぁ~。

<おまけ>
昨日のトップハーフではNO.1シードのマレーが敗退。
マレーに勝ったのはポスピシルで現在のランキングは129位。
あと7シードのツォンガも敗退。


感想:トップハーフに西岡君がいて、ボトムハーフに錦織君がいるから毎日楽しめる。
   今大会のドローはボトムハーフが面白い。
   昨年優勝者のジョコを追ってみると
    3R・・・デルポトロ
    4R・・・キリオス or A・ズベレフ
    QF・・・ナダル or フェデラー
    SF・・・錦織君 or チリッチ
   シード勢が順当に勝ち上がったらなんだけど...打倒ジョコの理想ドローだわ。
      
『テニス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「機は熟せり」 | トップ | つくし »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む