半農半X?土のある農的生活を求めて

「生きることは生活すること」をモットーに都会から田舎へ移り住み、農村の魅力を満喫しながら、日々、人生を楽しく耕しています

風邪っぴき

2016年10月01日 | 自分の時間
1年ぶりぐらいに風邪で高熱を出してしまいました

通称「赤本」を読んでから、まあ、基本的には毎日乾布摩擦をし、ゾクゾクっと来たらドライヤーを首筋にあてたり、お尻の穴をギュッとしめ、下腹部に力を入れて気合を入れれば、大概、風邪は悪化せず乗り越えられる、ってな感じでやってきた気がします。

しかし、根本的な体力の限界を超えると、やっぱり風邪はひくものですね~。

もともとは9月頃、奥様が風邪になり(本人は風邪を引いても風邪とは言わない)、そのせいか、風邪っぽくなったりはしたのですが、それこそ上記の方法で乗り越えてきました。

しかし、先週金曜日に朝、微熱気味だった下の子が帰宅後に高熱を発しそのままダウン

土曜日の朝には熱が引き、日曜日は1日元気に遊んでいましたが、月曜日の朝にまた高熱

そのまま学校はお休みでしたが、火曜日の朝には復活と思ったら、今度は上の子が「だるい~」ということで熱を測ったらお熱
そのまま1日寝ていて水曜日の朝には上の子は復活し、まあ念のため体育は休みにして学校へ。

私も何となく体がギシギシしている感じもあったけど、仕事に出かけ、気合を入れながら午前中は農作業。
ただ、「やっぱり風邪気味だな~」という感じでやっていたのですが、お昼前ぐらいにはちょっと体がきつくて、何とか頑張ってやりましたが、ダウン気味で、そのままコンビニの駐車場で熱いカレーラーメンを食べながら車の窓は締め切り、汗がにじむぐらいのところで1時間仮眠をしたら何とか復活しました。

しかし、木曜日、やっぱり調子があまり上がらない中、大掃除みたいな肉体労働をしていたら、昼ぐらいには心臓が苦しい感じで、10分ぐらい仮眠して、午後も一通り頑張ってやり切った後は、そのまま帰宅後、ダウンっていう感じで、そのまま高熱へ。

18時間ぐらい寝込んでおりましたが、まあ、18時間ぐらい、ひたすら梅醤ニンニク番茶だけで生きておりました。

おかゆも久々に食べたな~。


風邪もある程度気合を入れれば、例えば大事な仕事があれば、大概は何とかなるものです。
ただ、そればかりやっていると、最後は体、特に心臓などに無理が来て、体にダメージが残るものです。

若いうちはまあ気のコントロールで何とかなるものも、歳を重ねてくると、無茶を利かしているとだんだん体にしわ寄せがいくものです。

気合も大事ですが、時によっては気合を抜いて、体をリラックスさせることも大事。

ということで、まあ、1年に1回はリセットで高熱も良いでしょうね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食と命の教室 栗拾いや様々... | トップ | 初めての「ゆかり」作り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自分の時間」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。