半農半X?土のある農的生活を求めて

「生きることは生活すること」をモットーに都会から田舎へ移り住み、農村の魅力を満喫しながら、日々、人生を楽しく耕しています

物々交換で作られた幻のお酒

2016年10月13日 | 農的体験・生活
頂きました

「おかげさまの酒 大須賀郷」です



私の師匠のおかげさま農場の高柳さんが無農薬で作ったお米を、神崎町のオーガニックの世界では超有名な寺田本家さんに出します。

すると寺田本家さんは、そのお米でお酒を仕込むわけですが、作ったお酒の一部をお米のお礼として高柳さんに返すのです。

そこにはお金を介さず、物々交換の世界があるのです。


食べ物を作り出せていると、衣食住のうち、衣住がある程度足りていれば、日常的にはお金はほとんど出ていかないのです。

農村に昔から暮らしている方は、住は先祖代々継いできているので、150年~300年ぐらいは建て替えません。

衣は、日常的には農作業着ですので、年に数回、ちょっと出かける時の服があれば事足ります。
(私も、この道に入ってからは普段はほとんどが農作業義ですから、普通の服を着るのはたまにあるぐらいです

食は当然作っている。

もちろん、お米は作っていなくても、親戚が作っているからもらえるか、安く譲ってもらえる。

そんな生活をしていると、日常的な「生活費」というのは出ていきません。


今の標準家庭は、子供が生まれると家を買い、そのローンが一番の支払い。
その次は食費。
その次は子供のお稽古なでしょうか?
その次はレジャー費で、その後に衣類かな?

いすれにしろ、収入の多くが生活費に消えますし、その多くは食住に消えます。


ところが、ちょっと前の土地に根付いて生きていた時代だと、日常はお金が出ていかないので、貧乏そうにみえてちょっとしたお金は貯まっています。
そして、家の大改修工事をしたり、車を買い替えたり、大きなお金が必要な時が10年に1回ぐらいあって、そういった時だけ「どばっ」とお金を使う感じです。


また、高柳さんが子供の頃は、大工さんに日当として、米2升が普通だったそうです。

村には油屋さんがあり、家の畑で菜種を育て、それを持っていくと油屋さんは油を搾ってくれる。
その油の例えば2割とか一部を油屋さんは搾り賃としてもらって、菜種を育てていない人に油として売る。
菜種は持ち込んだ人は、一部の油をあげる代わりに、搾り賃は無い、つまり物々交換なわけです。

お米の脱穀やもみすり屋というのもいて、秋の収獲シーズンになると、村々を機械をもってまわって、似たようなことをしていたそうです。

そういったお金を介さない物々交換が主流の時代が、戦後、昭和20年代ぐらいまではまだ日本の農村にはあったそうです。


そういった流れで、高柳さん、先代の寺田さんが意気投合して「米を出すから、それで酒を造ってくれ」というブツブツ交換の話が始まったそうです。

最初は「おかげさまの酒」ということにしようと思ったら、その名前のお酒があったので、高柳さんが住んでいた地域のかつての名称の「大須賀村」つまり、大須賀の郷、ということで「大須賀郷」というお酒の名前にしたそうです。

中身は寺田本家の看板商品の「五人娘」の原酒です。
アルコール度数は19.5度と大変高いのですが、むちゃくちゃ美味しくて、ついつい飲んでしまいます
普通の清酒より、よっぽど飲みやすいんですね~

これが3月ぐらいのお酒を搾るシーズンになると、「しぼったまんま」、つまり、お酒を搾った後、ろ過しない発泡酒のような感じの濁り酒となってきます。

これまた超美味しい

しかもこれは「非売品」ですので、ご縁がある人しか飲めないお酒です。

本物を作っている生産者だけが出来る「物々交換」の世界にあこがれると同時に、そういった方々とご縁があることで、頂けるお酒、たまりません
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 腰が痛い・・・ | トップ | いろいろなギャップ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。