半農半X?土のある農的生活を求めて

「生きることは生活すること」をモットーに都会から田舎へ移り住み、農村の魅力を満喫しながら、日々、人生を楽しく耕しています

風と土が飛び交う農村

2017年02月08日 | 農的体験・生活
寒い日、暖かい日が交互にある今年の冬ですが、全般的には暖かいですよね。野菜の成長が例年より進んでいるのでわかります。

また雨が本当に少ない

この前の日曜日の雨も少なく、またこれからも雨や雪やらの予報が出ても、乾いた大地を潤すほどにはならなそうです。

農家さんと話していても「今年は3回、砂嵐があったよな」と言います。

成田でも都市部は全く問題ないようで、お風呂場やトイレなど、窓を少しあけていると砂だらけになります

ところが、畑地帯は比べ物にならないほどひどいのです

風で土が舞い上がり、空は茶色くなります。

成田都市部から農村地帯へ車で向かうと、空の向こうが茶色くなっているのがわかるのです。

「あ~、今日も凄そうだな。。。」と思いながら向かうのですが、畑から土や砂が飛んできて、車に「ササ~」っと当たる音がし、すごい時は10m先が見えなくなるぐらいになります

それは「春の風物詩」だったのですが、暦の上では春とはいえ、感覚的には一番寒いこの1~2月に砂嵐が吹くのは、風が凄い、というだけでなく、大地が乾いているのが一番の原因だと思います。


そんな田畑地帯もそろそろ夏秋に向けての準備が始まります。

田んぼは畔を修復したり草を焼いたり、苗を育てるためにハウスの整理をしています。

畑も同様ですし、夏野菜のトマトやナスなどはあと10日ぐらいしたらハウスの中で種を蒔き始めます。

5月出荷の大根のトンネルを、ちょうど今日、張る手伝いをしました。

畑では雑草がどんどん大きくなっていって、寒いのですが暦のとおり生命が躍動し始めています。

科学技術がどうなろうと、自然に合わせて仕事の準備をするのが、農村の変わらぬ風景なんですね
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生産現場と流通(消費者)の... | トップ | 種蒔きの季節 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

農的体験・生活」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。