住空間の楽しみ azLABO

縁側で過ごす、即興茶室で過ごす、襖と障子の空間など
暮らしに和の美と快適を求めて、日本的なこころを大切に伝えていく。

駅弁を買って、いざ出陣

2016-12-10 08:29:42 | 日記
おはようございます。暮らしに和の美と快適と求めて、日々の生活を考えていくazLABOです。

東京駅のお弁当屋さんはいつもながらの混みようです。
新幹線にのってどこかに行くわけではないのですが、ワクワクさせてくれる何かが
駅弁にはあります。

もうすぐ、討ち入りの日です。テレビ番組(ヒストリア)で、大石内蔵助が討ち入りのあと
吉良邸が火事にならないよう、邸を去る前に蝋燭の火を消して出てきたという話がありました。
討ち入りで倒れた蝋燭から火事を起こし、江戸中に拡大なんてことになると・・
まで思いを巡らせていたのです。自分の日常を多いに反省しました。

国立劇場は校倉造りですが木造ではありません。
今年で50周年ですが、次回の建て直しでは木造建築であってほしいものです。

西高東低の冬ばれの乾燥した日が続きます。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やわらかな光の透過 | トップ | 整地のあと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事