住空間の楽しみ azLABO

縁側で過ごす、即興茶室で過ごす、襖と障子の空間など
暮らしに和の美と快適を求めて、日本的なこころを大切に伝えていく。

住まいの外観

2016-10-20 07:55:27 | 日記
おはようございます。暮らしに和の美と快適と求めて、日々の生活を考えていくazLABOです。

住宅街を歩いていると、どこを歩いているのかわからなくなる時があります。
デザインがよく似ていて、同じトーンの外壁がそう感じさせるのかもしれません。
住まいを何棟か建てる際、いっそのこと同じ規格で外観はみな同じに揃えてしまう。
家の中はそれぞれ違ったもで個性を出す、そんな設計がいいのではないかと考えます。
同じ規格であれば、共有できる空きスペースも考えやすくなると思います。
そのエリアのモチーフにより、広告のしかたも変えていくことになります。

青空が天高く、秋晴れの空、月もあまりの気持ちよさに名残が惜しいのか、
まだ西の空にいました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幽玄 | トップ | 町内会費 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。