雇われの悲しみを君に

都内零細事務所勤務の所員が書き綴ります。

無気力

2016-02-28 19:48:58 | 日記
なんか無気力になっている。

わたしは本当にダメ男だ。

力強い太陽のような妻がいなければ

一歩も歩けないダメ男だ。

わたくし人生最大のファインプレーは

妻と出会い結婚したことだろう。

・・・・・・

妻とは職場で同僚として出会った。

8歳年上のプライベートが一切謎の

綺麗でワイルドな姉さんだった。

そして全く隙のないガードの固い姉さんだった。

しかし彼女には弱点があったのだ。それは

・・・男には男らしさを求めず、従順で支配しやすい可愛さを求めていた・・・

という残念な思考。。

はっきり言って彼女は、自信に満ち溢れた男らしい男を毛嫌いしていた。

そんな彼女は、わたくしの本質を見抜いていたのだ。

そんなわたくしが必死でアプローチしたから受け入れてくれたのだ。

つまり、わたくしはご主人さまにめぐり合った子猫のようなものなのだ、

これからも妻に飼われ続けるのだ、それで満足なのだ。

あぁ。。夢見るように眠りたい。

ため息

2016-02-28 13:58:30 | 日記
今朝からずっとため息・・・。

どうしようもない、中年男。

どうしていいか、わからない。

妻が「じゃあ、ネットで画像集めて、田中美佐子の写真集を作ってあげるよ」

というので、思わず涙ぐむと、妻、大爆笑。。

本当にどうしたものか。。

ダメージ

2016-02-28 09:24:11 | 日記
今朝起きると、外の風景がいつもと違い、

すべてが愛おしく切なく見える。。

わたくし、田中美佐子さんのことを、、ひょっとして?

彼女が10代の頃の映画「ダイヤモンドは傷つかない」

を思い出ししてしまいました。確か観たはずなんですよ。

身近なひとならともかく、女優さんですよ?

これはもう、恋わずらい、なのでは?

しかし、わたくし妻子持ちで雇われの身。。

しかも今週の誕生日で

「Age,45」

になってしまうという

ダメージから逃れられそうもない。

まあこのブログで発散すれば、なんとかなるか?

名セリフ

2016-02-27 19:53:33 | 日記
Age 35恋しくて

の名セリフがあって、、

田中美佐子と椎名桔平が一夜を明かし、

窯の火を見つめながら、抱き合うように寄り添う二人の前に

中井貴一が突然やってきて、

その場を取り繕うように、椎名桔平がフォローするのだけど、

田中美佐子「もういいの。。わたしこの人を好きなの」

中井貴一「・・・いつからなんだ?」

田中美佐子「たぶん、、生まれる前から」

https://www.youtube.com/watch?v=eoNI9XHk8Ms
(44m16s~47m15s)

すごい、、このセリフ、

北斗の拳のケンシロウの「俺は生まれたときから暗殺者だった」

を上回るインパクトがありますよ。

さすが全盛期の、柴門ふみ!センスがずば抜けている。

全話

2016-02-27 19:00:08 | 日記
皆様、わたくし忙しいにもかかわらず

先程、ドラマ『Age,35 恋しくて』の全話

視聴いたしました。

はっきり言って原作を越えてます、このドラマ。

白状します、わたくし以下の回(第10話、最終話)

https://www.youtube.com/watch?v=eoNI9XHk8Ms

1h16m~23m30s

での車中の田中美佐子、花束を振りながら彼女を見送る椎名桔平

のシーンで本当に泣いてしまいました。

純粋に惹かれ合う男女ってここまでの境地に到達するのかと、、

こういう純粋さの前には、地位とか名誉とか自己顕示欲とか、

性欲とか肉欲とか取るに足らないものなんだと思います。

相手の幸せを願って見送る男の潔さにはもうね、言葉が見つからないです。

作り物だと分かっていても、もうね、このドラマの最高のシーンです。。

だめだな、わたし。。歳なの?