雇われの悲しみを君に

都内零細事務所勤務の所員が書き綴ります。

2017-05-05 14:49:07 | 日記
ベランダに鳥の羽が落ちていた

さらにべランドの手すりには鳥のフンが落ちていた

我が家のべランダ・・・鳥に気に入られているようだ

それにしても全然勉強せず、ネットで記事やら動画を観たりして

時間が潰されていく。

どうすればいい、どうしよう、どうなるのか?

あぁ最低だ、斜陽業界で資格もない状態だと

突然収入の道がとざされる可能性だってあるのに

大体、資格あっても食えない連中が続出しているわけだし

だめだだめだ、下を向いちゃだめだ、

とりあえず業界の底辺にはいないことは確かだし

わたしの実務のスキルは一応評価されているわけだし、

前を向いて前を向いてポジティブに明るく優しい男を演じて

職場でやり過ごせれば十分だ。

シンプルなのがベストだ。

考えるな、前に進め、そうすればなんとかなる。

息子は自立してちゃんと歩けるようになるまで、あと10年!

あと10年は収入を維持しなくちゃダメだ。

所帯持ちの義務だ

これを放棄することは断じて避けなくてはならない
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 気落ち | トップ | 面影 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事