雇われの悲しみを君に

都内零細事務所勤務の所員が書き綴ります。

共謀罪

2017-06-17 10:16:56 | 日記
共謀罪・・・まずいですよね。

実際の行為が伴わなくても、

その行為が実行される可能性があるだけで

罪に問われてしまう。

・・・やっていません・・・

は通用せず、

・・・やろうとしてません・・・

ということを証明できなければ、国家権力の餌食にされてしまう。

でも一度疑われたら、それを証明することは困難ですよ。

だって頭の中で考えたことを他人にどうやって説明すればいい?

当然、「文章」「発言」によって説明するわけだけど、そもそも

記録された文章や発言の内容を疑われたからこそ、罪に問われ、

一度罪に問われたら、その内容を覆すことは、いわゆる禁反言となってしまい、

逃げられないし、逃がさない、ということになってしまう。

要するに、下手な文章や発言は許されなくなり、

さっきのは冗談、冗談なんていうのも、通用しなくなってしまう。

だから、言論の自由が奪われることになり、反対する人も当然多いわけですよ。

わたしだって反対ですが、国民がこれだけ選挙に参加しない国ですから

とても先進国とは言えず、このような暴挙も許してしまうのは

原因は国民自体にあるんですよ、多分もう日本の舵取りは狂っているんですよ。

わたしの息子世代がどういう日本を生きて行くことになるのか

少し心配ですよ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 我慢 | トップ | 文才 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む