Blogアトリエ陶夢 <夢宇窯>

アトリエ陶夢の作品や活動紹介、各種陶芸活動、陶の郷づくりを掲載します。

森陶岳の全貌展ーあくなき挑戦の軌跡ー 

2016年10月13日 | 陶芸活動
  岡山の帰省の機会に牛窓町へ周り、森陶岳展を鑑賞してきました。
 
 チラシの裏面に案内文が掲載されていたので紹介します。

 ー 瀬戸内市在住であり、岡山県重要無形文化財の森陶岳が、昨年85m大窯を焚き、成功裡に窯出しを終えました。この展覧会は、陶岳がこの大挑戦に至った道をたどり、その変遷をご紹介するとともに、陶芸家・森陶岳の人間像にスポットを当てた内容です。ー 中略 -  この度は、初期の作品に加え、相生の46m大窯での作品、その後の岡山県瀬戸内市寒風での53mの大窯、並びに今回の85mの新大窯の新作まで、最初期から現在までを網羅した作品群により、作陶の軌跡をご覧頂けます。ー
 
    
  寒風新大窯で約三か月窯焚きされた高さ145cm、径130cmの五石甕とその甕の内部において焼成した花入れ。白ゴマの窯変となった作品。

   
 私のお気に入りの徳利の作品です。最後の芋徳利作品も五穀甕の中に置いて焼いた作品で燻銀色の胡麻となっている。本当にすごい!85mの窯のすごさが伝わってきます。感動です。

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信楽野焼きフェスティバル | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む