ベイエリア独身日本式サラリーマン生活

駐在で米国ベイエリアへやってきた独身日本式サラリーマンによる独身日本式サラリーマンのための日々の記録

瓶ビール その2

2017-07-30 14:45:26 | 食材
瓶ビールは、瓶に入れて販売されているビールのことだ。ご存知のとおり、最近の筆者は“印象”や“生計”と言う名のお店が入った、ヒルズデイルの商業エリアにあるマリーナスーパーマケットによく出かける。中華系のマリーナスーパーマーケットだが、来店する人々には中南米系の方がとても多いことに気が付く。そうした目で店内に陳列されている商品を見てみると、実際に中米系の顧客を狙った商品も少なからず取り揃えてある。筆者が入店してすぐに向かう酒類コーナー(向かって右端)にも、中米系のビールがずらりと並び、未飲(筆者の造語)のものが2種あったので買い物かごに入れたのであった。


 今回の瓶ビールの特長は以下のとおりだ。参考にしてもらいたい。


①Regia ビール
このビールは、エル・サルバトルのビールだ。“エル・サルバトル”、響きだけで何だか美しい国であることが想像できる。瓶の形状は前回の瓶ビールその1のときに紹介したメキシコビールと同じで瓶の首が曲線的で、力強いフォルムであり、Regia ビール固有の瓶であることを証明するかのように、“LA CONSTANTIA S.S”と浮き文字が施されている。黄色のラベルには王冠、そして”EXTRA SMOOTH LAGER BEER”と記されている。そのフレーズのとおり匂いが薄く、すっきりと飲めるラガービールで、ゴクゴクゴクと一気飲みをするに相応しい。鮮やかな黄色が美しく、エルサルバトルの海辺とよく似合う、ような気がする。


②Red Stripe
こちらのビールはジャマイカ産だ。瓶の裏側には『1928年から・・・Red Stripeビールはジャマイカとジャマイカの人々のパルス、リズム、スピリットをEMBODYしています』という文句が書かれている。こちらの瓶は24オンスであり、少し小ぶりだ。瓶の形状が理科室の薬品用の瓶そのもので、とても面白い。赤と白のシンプルなラベルの左上には何故かドルチェ&ガッバーナのような文様が入っている。こちらも味はすっきりでレゲエを聴きながら飲むにはやや物足りないくらいの清涼感だ。ただこのビールはコップに注ぐときにコロコロと音がなり、幸せを感じるので、購入したら是非とも部屋のBGMの音量を下げて音を楽しんでみて欲しい。



 Regia ビールを買い物かごに入れた後、鮮魚コーナーでイイダコとサザエみたいな巻貝を見つけて購入した。包んでくれた鮮魚コーナーの30代と思われるおやじに「ありがと」と言うと、「お、あんた、日本人だねぇ?」と聞かれたので、「そうさ。あなたは?」と尋ね返すと、恥ずかしそうに小さな声で、「知らないだろうけど、エルサルバトルだよ」と答えてくれた。「知ってるよ、これ買いますもん。」とRegia ビールを見せつけると、表情がパッと明るくなり、嬉しそうに笑っていた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にっぽん ぱらだいす | トップ | 添福棲 Golden Wok »

コメントを投稿

食材」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。