ベイエリア独身日本式サラリーマン生活

駐在で米国ベイエリアへやってきた独身日本式サラリーマンによる独身日本式サラリーマンのための日々の記録

Galleria Market

2017-04-18 21:31:45 | 生活
 Galleria Marketは、サンタクララ市にある韓国系スーパーマーケットだ。2017年の朝鮮半島は、2月に正男氏がクアラルンプール国際空港で殺害されて以降、アラブに次ぐ世界のホット・スポットになっており、ぐつぐつと煮え立ったスンドゥブ・チゲがいつ何時に吹きこぼれるかわからない緊張した状態になっている。その教科書の登場人物のような名前や、かつて東京ディズニーランドを訪れたりしていたこと、そしてどことなく日本式独身サラリーマン風な容貌からか、正男氏に不思議な親近感を憶えていた諸氏も多いことだろう。南北統一を見ることなく旅立った正男氏への哀悼を込めて、今回は韓国系スーパーマーケットを訪れることにした。


このスーパーマーケットの特長は以下のとおりだ。参考にしてもらいたい。



①Galleria Market界隈
Galleria Marketは、サンタクララ市のエルカミノ通り沿いにある。この区間は1マイルほどにわたってコリアンタウン化しており、コリアンのための焼肉屋や車の修理屋、旅行代理店、美容院、さらには怪しげなカラオケ屋といったお店がずらりと並ぶ。生野区や大久保などを遥かに凌駕する規模のコリアンコミュニティがこのエリアに確立しているのだ。そしてその間にポツポツと何故かインド系のお店も点在しており、ターバンやサリーを纏った人々が歩いているのも妙な雰囲気で楽しい。典型的なカリフォルニアの街並みにひしめくハングル文字の看板に、通りを歩くインド人の組み合わせはちょっとした異空間だ。



②Galleria Market
Galleria Marketは、101線の394号出口でローレンスエクスプレス線へ移り、エルカミノ通りで下りてすぐの商業区画内にある。この区画内には複数の韓国料理レストランやブティックなどが入っており、それらのお店も在米コリアン達の生活を垣間見ることができて興味深い。Galleria Marketの看板には大きく、『Korean and Japanese market』と書かれている。



③惣菜
大きな特徴は韓国食品惣菜だ。チャプチェ、ナムル、キムチと言った我々に馴染みのあるものから、アサリやイカやタコ、さらに牡蠣などをキムチで漬け込んだものやチャンジャなど、酒呑みにはたまらない品々も並んでいる。それらが量り売りにされており、少量から購入できるため、日本式独身サラリーマンが一人呑み用に購入するにも最適だ。また、肉類は焼肉用に薄切りにされているのでありがたく、魚介系もそこそこの種類があるので楽しい。キムチを自宅で漬けるための材料となるオキアミの瓶詰も売られており、これも色々な調理に利用できそうだし、何よりサビキ釣りのシーズンには最適な撒き餌になること間違いなしだ。



④キムチ類
キムチは大きな寸胴のプラスチックケースに入ったものを購入できる。しかし沢山買っても孤独な日本式独身サラリーマンには食べきれない。そんなときにはキムチ鍋を推奨します。ここのキムチは野菜はたっぷりで、ニンニクやオキアミで十分に味付けされているので、簡単に美味しいキムチ鍋を作ることができる。豚肉とこのキムチと、糸こんにゃくを土鍋に入れて、少々のかつお出汁でぐつぐつすれば、簡単に野菜たっぷりのキムチ鍋が出来上がる。ジャガイモなどを入れてもホクホクで美味しいだろう。




 30代日本式独身日本式サラリーマン諸氏は、上記の韓国つまみに合わせてビールやマッコリ(ここでペットボトル入りで売っています)を飲みながら、YouTubeを駆使して、かつての韓流ブームを懐かしんだり、現在のKポップガールグループのセクシーダンシングを楽しんだり、混迷を極める南北朝鮮の今後と日本の在り方について昼間から朝まで生テレビで盛り上がってみたりしてはいかがだろうか。


追記
道路を挟んで南西側にHankook Supermarketというもう一つの市場があり、一見店内が暗くて怪しげだが、こちらの方がやや洗練されている市場のようなので追記しておきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バークレー | トップ | ピーターズ・カフェ »

コメントを投稿

生活」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。