キャンカー アトム405がゆく

おかやん と申します
キャンピングカーを柱に、旅行・家族・日々の出来事等を、広島から情報発信して行こうと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

悲しい出来事

2009-10-29 01:13:54 | プロフィール(家族、キャンカー)

おかやんです。

悲しい出来事がありました。

家族紹介 追加2008-09-08 23:58:41 に紹介した

犬のポチがあの世に旅立ちました。

長女の千尋が幼稚園のバス乗り場から家に帰る

ほんの300mの間に、我が家の一員った雑種犬。

茨城転勤にもトラックに載せられ、着いてきてくれた

ポチです。

千尋は今15歳なので、12年ともに暮らしてきました。

”そろそろ まじーなー”とは感じ、夏前から通院させて

いましたが、千尋が夕食をやりに庭の隅に行ったら

既に・・・・・。

僕は死別が嫌なので、ポチについては「千尋の犬」として

近寄らないようにしていましたが、やはり辛い。

虫が来ないよう、ビニール袋に入れようとした時、千尋が

”ウチがやる”と言い、最後まで責任を貫きました。

線香を立て、手を合わせ。線香の匂いは、親父やおかん、おばあ

を送った時の事を 脳裏の底から呼び起こしました。


処置を終え、私と妻が家に入った後、庭から千尋が嗚咽する

声が聞こえています。

茨城に転向した千尋は「引きこもり」といわれてる状態になったんですが

ポチの餌やりと散歩は続けました。

きっと、ポチが居てくれたから、茨城で千尋を支えてくれたんだと。

 

千尋と、ポチとの別れが、彼女の壁になりやがてステップアップして

行くんだと思います。

 明日、ペット専用の火葬会社にポチを連れて行きます。

千尋がウサギの目をして

”とうさん 学校休ませて。ウチも一緒に着いて行ってやりたい”

と言います。

明日は岡崎家は、久々のお葬式です。

しんみりした日記でごめんなさい。

しばらく喪中です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Windows 7 評価 | トップ | オークション出品 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
寂しくなりますね (濱汁)
2009-10-29 03:45:04
随分昔ですが、女房が飼っていた
日本テリアが新婚旅行から帰って来たら
亡くなりました^^;
その時に女房の悲しみ様は、かなりのもので
オイラは、何て慰めて良いのか、判らなかった
もんね^-^;
別れ (とりさん)
2009-10-29 05:01:17
長年可愛がっていたペットとの別れはつらいですね。
おくやみ申し上げます。
ポチは綺麗な虹の橋を渡った彼方からいつも皆さんの姿を眺めていると思います。
お悔やみ申し上げます (雪だるま)
2009-10-29 05:51:56
 宿命とはいえ,長年いっしょにすごしたペットとの別れはつらいものですね。でも,ポチはおかやんさんの家で幸せな一生をおくれたと思います。きっと,天国で感謝しているでしょう。
辛いですね (がんちゃん)
2009-10-29 05:53:04
僕も子供の頃から何度か、ペットとの別れを経験してきました。
その度に辛く涙しました。
家族に向かい入れた時から、別れが来る事は覚悟しているはず
なのに、やっぱりしばらくは引きずってしまいます。
でも、いつかまた再会できると信じてます。
こんな詩もあります。
http://www.geocities.jp/wan_nyan_niji/niji.html

この詩のようにポチもきっと、ご家族との再会を虹の橋
で待っていると思います。
お悔やみ申し上げます (豊田223)
2009-10-29 09:31:58
おかやんさん
御家族のお気持ちお察し申し上げます
6月に旅だった我家の愛犬(ララ)のことが
頭をよぎります。
家族の一員でしたからね 本当に辛いですよね
宿命とは言うものの
御家族皆さんで天国へ見送って上げて下さい。  
悲しいですね (TakaY(たかわい))
2009-10-29 13:37:31
うちにも、愛犬がいます。
まだ三歳ですが、家内と、もしもの時の話をする時があります。

日記読んでて、涙がでて、きました・・・・職場なのに・・・・。

私も遠くから祈ります。
Unknown (おかやん)
2009-10-29 16:56:21
皆さん、優しいコメントありがとうございます。

今日、嫁さんの車を霊柩車代わりにして
ペット斎場へ千尋も同行し行ってきました。
千尋は、社中ズーッとポチを撫ぜたり、だいたりして、親父としては万感の思い。
骨を先祖様の墓に入れたろうかと、業者に骨を持ち帰れるかと尋ねたら、
なんと・・・通常の3倍の金額。
千尋に銭が無いことを伝え、”ポチの毛を持ち帰り、
庭に墓を作ってやろう”で納得してもらいました。

今日は、未和が小学校から帰ってきたら、庭先でお葬式ごっこをして
千尋が”やることは全てやった”と思えるような
ステージを用意する予定です。

またひとつ我が家に寂しさが増えてしまいました。
何度も”この辛さはもういい”と思うのですが
また新しい家族を受け入れるんですが
千尋がどちらを選択するか。
今回の悲しみを、15歳の彼女がどう乗り越えるか
見守りたいと思います。

ちなみに小学3年の未和は「死」を恐れ、ポチの亡骸を
見ようとしませんでした。WCにも怖がって一人で行けない。
未和はまだまだアンポンタンです。
寂しいですね (ASAママ)
2009-10-29 21:35:57
千尋さんの気持ちを思うと涙がでてきて・・・

最後まで面倒見てあげた、千尋さん優しいですね。
ぽっかり空いた心が、ゆっくり癒されますように願っています。
うちもしっかり最後まで見守ろうと、改めて思いました。
つらいですね (やまもと)
2009-10-30 01:53:29
うちも妹の小学校入学祝にと飼った柴犬が
16年共に暮らし、そして誰よりも早く逝ってしまいました。
家族の一員として長くいればいるほど
辛いもんですよね。
うちの実家ではそれ以来ペットは飼っていません

そのうちうちの子供たちもペットをと言うようになるのかなと
思ったりしています。
命の尊さを学ぶにはとても良いことと思う反面
別れがつらいので・・・・ちょっと複雑です

家族の一員ですもんね (軽コロ)
2009-11-01 16:34:50
私も昔、雑種を飼っていました。
小学校の頃生まれ、13年経って老衰で亡くなりました。
犬は10年を越えると大往生らしいですね。
動物は皆、飼う以上は家族の一員ですから、別れは辛いですよね。
しかし、飛び出しなどの事故で命を失うこともありますし、そう考えると、12年暮らしてこれたポチは幸せだったと思いますよ。
もちろん千尋さんもね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。