gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

木村拓也

2010-03-02 11:24:52 | 日記
木村 拓也(きむら たくや、1972年4月15日 - )は、元プロ野球選手(内野手、外野手)。現在は読売ジャイアンツの内野守備走塁コーチ。愛称はキムタク。現役時代はユーティリティープレイヤーとして活躍。来歴・人物高校時代は捕手を務め、宮崎県立宮崎南高等学校では1年夏の甲子園で1勝、3年春には5打席連続三塁打、高校通算30本塁打の記録を持つ。遠投120mの強肩捕手として鳴らしていた。父親は旧・田野町の町議会議員を長く務めた地元の名士である。[1]日本ハム時代1990年にドラフト外で日本ハムファイターズに入団。1992年に俊足と強肩を買われて外野手に転向。[要出典]広島時代1994年オフに長冨浩志投手との交換トレードで広島東洋カープに移籍。移籍当初は現在と比較して打撃もかなり非力であった。[要出典]正田耕三の後釜候補として二塁手に挑戦し、以後内野の守備も兼ねるようになる。1996年オフにスイッチヒッターに挑戦し、1997年よりスイッチヒッターデビューした。1997年秋季キャンプから故障がちな野村謙二郎の控えとして遊撃手に挑戦。1998年、公式戦で遊撃を守ったほか代打の切り札として活躍、盗塁も14個記録して貴重なスーパーサブとしての役割を果たした。1999年には一時捕手への再転向案が浮上し、公式戦でも4試合捕手を守った。この頃よりユーティリティープレイヤーとなり、この年だけで投手・一塁手以外の全ポジションを守っている(高校時代は投手としての出場もあった)。同年は広島市民球場のバックスクリーンにプロ初本塁打を放つなど課題のバッティングも向上し、2000年には1番打者として初の規定打席に到達したのに加え、打率2割8分8厘、10本塁打、30打点、165安打の好成績を残すなど10年目にしてブレイクした。以降は3年連続して130試合出場するなど、チームにとって欠かせない存在となる。2001年は2番東出輝裕とのコンビでシーズン通じて1番打者で活躍し、自己最高の45打点をマークするも、打撃にパンチ力がついたためか引っ張り中心のスイングが目立つようになり打率、出塁率を前年と比較して大きく下げてしまう。加えてリードオフマンとしては、三振が多いのも課題で、最も打席数の多い1番という条件を考慮しても、129個もの三振を喫している。首脳陣からもその点を指摘された事もあって、コンパクトかつ確実性を

菅氏 「財務省情報、公開する」 政治主導を強調(毎日新聞)
広島の五輪招致「背中押したい」=鳩山首相(時事通信)
大塚愛さんらの曲を違法配信=3800曲、2人逮捕-滋賀県警(時事通信)
<要介護基準見直し>「非該当」9割認定 厚労省調査(毎日新聞)
鳩山首相、小沢氏続投を確認(時事通信)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日精協の鮫島会長、3期目満了... | トップ | 司馬遼太郎の絵心満載、取材... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。