酔眼独語 

時事問題を中心に、政治、経済、文化、スポーツ、環境問題など今日的なテーマについて語る。
 

ゾンビ化する宮崎駿!

2017-05-20 08:53:37 | 話題
 2013年に何度目かの引退を宣言、今度こそ引っ込むかと思われていたアニメ監督の宮崎駿がまたまた現場復帰するという。これまで何度となく「やりたいことはやった」「もうアニメはおしまい」などと引退をにおわせ、舌の根も乾かないうちに復帰するということを繰り返していた宮崎。いかにも、という話ではあるが、そもそも芸術家?が「引退」などと口走ること自体がおかしい。逆に言うと宮崎は芸術家ではなく職人、手が利かなくなったら退くというぐらいの意味で「引退」「引退」と言っていたのではないか。

 宮崎が初めて引退を口にしたのは「天空の城ラピュタ」が公開された1986年。「人生で最高に引退したい気分」だったらしい。1992年に「紅の豚」を制作した時にも「もうアニメはやめ」などとのたまい、その後も一作創る度に「これが最後」を繰り返してきた。本当に懲りないお方、狼老人ですね。
 映画監督で「引退」などと公言する人は少ない。創れなくなれば消えていくのみであり、意欲がある限り新たな作品作りと格闘する。100歳近くになって新作に挑んだ新藤兼人をはじめ高齢監督は数知れない。宮崎の思考法は彼らとは違う。アニメと実写の違いなのだろうか。スタジオジブリは今回の「復活宣言」について「作るに値する題材を見出したから」と述べている。宮崎が作るに値する題材を探していたということである。つまり「引退」は見せかけなのだ。

 《長編制作からの引退を表明していたアニメーション映画監督の宮崎駿はやおさん(76)が、「引退撤回」を決断したことが19日明らかになった。スタジオジブリの公式ホームページは同日、新作長編の制作スタッフの募集告知を掲載。「ここに至り、宮崎監督は『引退撤回』を決断し、長編アニメーション映画の制作を決めました。作るに値する題材を見出みいだしたからにほかなりません。年齢的には、今度こそ、本当に最後の監督作品になるでしょう」などと記した。同スタジオによれば、今年秋からの制作を目指している。公開時期などは未定だという。

 宮崎監督は2013年9月、体力の衰えなどを理由に「風立ちぬ」を最後に長編制作からの引退を発表したが、今年2月、同スタジオの鈴木敏夫プロデューサー(68)が米アカデミー賞関連イベントで新作長編の準備を進めていると明らかにしていた。また、短編については、新作「毛虫のボロ」を既に完成させたという》=読売online=。

 宮崎の頭には「現役監督なら次々と作品を生み出さねば」という強迫観念がある。だから数年に一度「引退」を口に出すことで作品の構想作りから逃れる必要があるのだ。悲しい性というほかない。鈴木敏夫ら制作側にとっても引退―復帰は最高の話題づくりになる。ファンは宮崎作品にお目にかかれて大喜び―三方得のお芝居でした!!

 宮崎はまだ76歳、あと何度引退、復活を繰り返してくれるか。ゾンビ宮崎頑張れ~。
ジャンル:
芸能
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稀勢の里に休場を勧める | トップ | 読売新聞、頑張る!? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL