食虫植物観察日記!!!

いらっしゃいませ。
真面目に散々疲れたら、いつでも遊びに来てください。

夜風がふと寒を帯び

2017年05月19日 | 食虫植物

いやぁ、どうもどうも、わらびもちです。

人は音楽に育てられてるもんだなぁ~とつくづく思います。

私の聞く音楽がここ1年ぐらいでガラガラ変わっています。それもいつぞやの遺跡を発掘するかのごとく、気づけば昔方面ばっかりで(笑)

吉田拓郎さん、

Bruce Springsteenさん、

越路吹雪さん、

Bob Dylanさん、

Robert Johnsonさん、

忌野清志郎さんとそこからの派生グループ(←今ココ)

いやぁーーー、たまんないっすよ(笑)

なんといいますか、言葉に表すのは野暮なので、あんまり言うべきでもないんでしょうけど。

とかく、歌詞が良い。時に大草原で夜空をひとり静かに見上げているような瞬間もあれば、時に世界で一番の相談役になってくれることがあったり、

時に自分を叱ってくれたり、時に行き場なく、もう冷える術はなかろうという怒りのマグマを少しずつ冷ましてくれたり。

最近はお酒より頻度が増えています。(笑)朝起きたらまず音楽を付ける、と。リズムが乗ってきたら、それと同調させながら、

寝ぼけまなこでニコニコ体を動かし、服を着替えたり、それから、それかr、、

 

えーっと、、

端から見たら普通に危ない人です

 

ここ一年は何だか王道巡りみたいなものがふとしてみたくなって、「何故にあのお方はそれほど神格化されているのか」とか、

単純にそういうささやかな心の疑問からの興味だったんですが、まぁーーーーー、良かった。スンバラシかった。

なるほど、確かにそれぞれキングだの起源だのと崇められるだけありますな、と。その魅力に、良い意味で打ちひしがれ、涙したものです。

という訳で、それぞれ5曲ずつぐらいチョイスして紹介したいとこなんですが、明日の大学の講義で見事キレイにタヒってしまいますので、1曲ずつ。

 

拓郎さんは、やっぱ「外は白い雪の夜」ですかね。いやー「リンゴ」は外せねえな。「かくれましょ」も最高だし。あぁー(ry

ボス(=Bruce Springsteen)は、「Jackson Cage」ですかね。いや、(ry

 

越路さんは、なんといっても名曲「サントワマミー」でしょう。あの意味が痛いほど感じることが出来たのは幸せなことです。

 

ボブディランさんは、「Don't Think Twice, It's All Right」ですかねぇ。この方は名曲が多すぎて。ビートルズみたいなもんで。

 

悪魔に魂を売ったお兄さん(=RJ)は、「Walking Blues」ですかね。食虫の植え替えミュージックはこの人が多いですね。( ̄∇ ̄;)

 

イマーノの兄貴さんは、RCとしては「エンジェル」ですかね。タイマーズとしては「土木作業員ブルース」。ソロとしては「ユーモア」が好きですね。

 

まっ、あくまでなるたけ名曲中の名曲は避けて紹介したつもりなのですが、この時代の音楽人の方々はどれを取っても名曲だらけでありますので、

もうホント素晴らしい楽曲ばかり遺して下さってありがとうございますなコンニャロー的な感じなのですが。(←言語として成り立っていません)

んでもって、名曲が多いとギターが捗っちゃうわけですよ。特に今夜はイマーノさんの「忙しすぎたから」なんて曲を弾いてみたのですが、まぁー何とも

心に響きまして。心に響くと、お酒が美味しくなりまして。YOSHIKIさんばりにウンウン頷きながら(翌朝失神)、メロディーと歌詞の作り出す日常的にして

独特な世界の切なさに涙がホロリとこぼれてみたりして。暖かき音楽人の方々の、様々な歌に支えられ、生かされていることを改めて実感してみたり。

 

とかなんとかいって、食虫の紹介がないがしろになってますので、紹介していきます!

今年はちょいと日照時間が少なめなのか、青いのが多いですが、元気に葉が上がり始めてはいます(^^ゞ

B52です。いやぁー、コイツらったら、ホント元気なんだから。植え替えは、して大正解でしたね。来年もさぼらずやろうと思います。

ハエトリ箱の現状です。数は全盛期に比べれば、うわぁ、、ってなもんですが、それでも良い個体だけ残っているので、これはこれで良いのかなと。

植え替え済の鈴木系(2種)も両者とも調子よく立ち上がりを見せてきました。嬉しいです。長澤さんタイプがもっと増えてほしいなぁと祈りつつ。

これは植え替えをせずに春を迎えた鈴木系服部氏タイプです。なんかその方が大きくなってねえべか。あーっるぇ。

なんか気づいたら謎の草が。黄色い小花の付ける子。なんかタヌキモっぽいですね。あ(ry

 

というわけで、今日は脳内クラッシュ気味なので、文章が前半酷いもんでしたが、(いや、最後まで読めたモンじゃなかったよ?あ?)

なんとか幕を降ろせそうでホッとしてます。( ̄∇ ̄;)さぁ、今日を乗り切ったら土曜だ。頑張りマッショイで、さようなら♪

 

 

<今日の名曲>(今日もあんのね)

忌野清志郎「サラリーマン」

下の動画を合わせて、必ずやご覧くださいまし。見て時間の損はさせません。必ずや、必ずや、どうか。

 

 

 

ではでは(^^ゞ

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あ、はい、芋のアラタ割で。 | トップ | 春の色 Part1 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オトナ帝国の逆襲 (ネペン亭あら太)
2017-05-20 00:00:58
名作ですねー。もちろん泣きました。

音楽の趣味がガラッと変わる時期ありますよね。
このラインナップだったら、さだまさしなんていかがでしょう。私も最近ハマりました。「秋桜」のような悲しい曲から「雨やどり」のようなギャグセンスのいい曲まで。天才だと思います。「胡桃の日」も好きだな
あと、歌唱力でオススメはエラおばさん。ようつべで、ella fitzgerald 1974 It Don't mean a thing で見て見てくださいな。歌い出しのカッコええ事!そしてスキャット!このおばはんやりまっせ!
Unknown (わらびもち)
2017-05-23 20:02:38
ネペン亭あら太様
毎度コメントありがとうございます!
昔のクレしんは涙モノが多かったですねぇ~。

さだまさしさんですか!もちろんお名前と数曲は存じ上げておりましたが。
フォークといえば拓郎さんとこのお方のイメージが僕なんかは強いですねぇ。
ツタヤで借りて勉強してみたいと思います(^^ゞ

おや、肺呼吸しないおばさんとはいささか新人類ですね(白目)
ほぉーーーー!これは凄いおば様でいらっしゃって。
最初の喋りのところでは「発音が凄く素敵だな」ぐらいにしか思ってなかったんですが、
いざ歌に入りだすと、声色のバリエーションの豊富さと安定感に思わず笑いが止まりませんでした。( ̄∇ ̄)
ありゃー、ツタヤで借りるものがどんどん増えます(笑)
素晴らしいものをご教示下さり、ありがとう御座いました。m(--)m

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む