食虫植物観察日記!!!

いらっしゃいませ。
真面目に散々疲れたら、いつでも遊びに来てください。

夏の折り目

2017年07月31日 | 食虫植物

どうも、わらびもちです。

気づけば夏という季節も半分が終わり、近所の子供たちは徐々に帰省だの、キャンプだの行ってるらしく、

すっかり静寂の漂う今日この頃で御座いますが、皆様お元気にしてらっしゃいますでしょうか?

先日は土用の丑ということで、いわゆる「うなぎの日」でしたが、お召し上がりになられましたでしょうか。

この暑い夏を乗り切るには、やっぱりスタミナですよ。ビタミンB1ですよ。食欲なくしたそこの子、やっぱうなぎは元気出るよ。今年も食べんさい。

今年の店頭うなぎ(の蒲焼)実演販売総数は、昨年度より30%弱ほどUPする形となり、嬉しかったとかそんな事は置いときまして(笑)

食虫たちの近況をお伝え、、、といっても撮影したの2週間ぐらい前なんですが( ̄∇ ̄;)

お伝えして参ります。ご唱和ください、イヨッ。(←果てしなく謎)

どぉーん。さぁ、こちらハエトリ箱です。もうどこが厳選したのか、栽培規模縮小なんて何かの記憶違いかと思わんばかりのワサワサ感です。

でた、「ワサワサ感」。今年も出ましたねぇ。多分、死ぬまで使っていくんじゃないですかねぇ。こういう擬音語みたいなのがどうも好きな性らしく。

頭悪そうに聞こえるから止めた方がいいよという方には、もれなく(邪悪な)心を込めた素敵な夏の絵葉書6枚を1枚ずつダンボールに入れ冬季に毎週着払いにてお送りしますので(^^

いやぁ、でもホントハエトリさんには驚かされますよね。その強健っぷりったら尊敬に値しますよ。スパルタなんて言えば聞こえが良いですが、

(忙しさと腰の上がらなさに栽培者本人がまず負けて)無遮光かつ週1の水遣りでこれほどたくましく育っているんですから。

引きで見ると、こんな感じですね。こうしてみたら、一枚目の写真よりはコントラストもリアルな感じで、ボリュームも「なるほどね」ってなもんですが、

それでも今春のハエトリ箱の様子に比べたら1.7倍ぐらいワサワサしてるもんでございやす。許してあげてください(って何Wo。)

にしても、やはり感じたのが、用土の重要性。やっぱピートが強いですねぇ。ピートでやると基本安全というか、

(水遣り以外特にしなくても)上手(な風)に作れるんだなぁとこの夏ヒシヒシと感じましたでございやすねぇー。

お次は鈴木系の服部氏タイプです。この子もだいぶタフな子ですねぇ。あのー、鈴木系の現存3タイプの内、2タイプを有り難いことに栽培させて

頂いているんですが、やっぱタイプが違うだけあって、生育度にも微妙にですが確かな差異が生まれてるんだなぁということを最近感じまして。

↑この葉の色合いを見ると、私なんかはどうもケロロ軍曹が好きだったスターフルーツを思い出してしまいがちなんですが、まぁそれはおいときまして。

服部氏タイプと長澤氏タイプの2つがうちにはあるんですが、前者の方がかなりスムースに育ちますね。

具体的にいえば、ちょっとやそっとの酷暑じゃ音を上げません。生育が止まることがないのです。(驚KING)

一方、後者のタイプは導入が1年半ほど後になった(故にまだ環境に慣れきってない)というのも一因に考えられますが、完全に止まってきてますね。

あと1年ぐらいすれば、恐らく私の推測が正しかったのか否かがわかると思うんですが、今の私の考えとしてはどうやらタイプ名が違うだけじゃなくて、

それぞれ本当に遺伝子レベルで性質が違う気がしてるんですよ。同じ「鈴木系」なんですが。しかも鈴木系ってのは株分けでバトンが来ているものなん

で、そうそうのことじゃ違う個体にも巡り合わないと思ってるんですが。まっ、これで来年の今頃にはそこらへんの結果が出てくれるんじゃないかと。

単なる置き場などによる生育の違いなのか、遺伝的なものなのか。私としては後者であってほしいなぁーなんて思ってるんですが。

これは完全に私個人の見解なのですが、後者の長澤タイプの方が、いかにもあの絵に描いた「長渕k、、、

じゃなくて(こないだ長渕さん良い歌歌ってましたねぇ~久々(92年以来)の黒魔術師スタイルにはいたく感動しました)

「鈴木系」なんですよねぇ。いや、ホントに。私みたいに一年中、葉の柄の形と捕虫葉の色合いばかり見ている変態ハエトリ栽培者

研究熱心なお方なら「何を今更」ってな話かも知れませんが。( ̄∇ ̄;)

ここらで鈴木系にまつわるお話は止めときまして、次にゆきますっ。(忍ッ)

TFのレッドピラニアですね。前回の紹介した時とほとんど変わりませんので、次っ。(ちょっとかわいそう)

BCPのB52です。いやぁーーー本当に立派な園芸品種だとつくづく感じさせてくれますね。

ここまでしっかり園芸品種を感じるのはビッグマウス以来じゃないですかね、あ、僕の中でですよもちろん。

ホント美しいお方です。こんなハエトリが小学生時代の僕の手元に来たりした暁には、何でもホイホイ言うこと聞いちゃってたでしょうねぇ。(ダメじゃねえか笑)

この子を我が家に迎え入れたのは、アマゾン曰く、注文日が2012年10月18日ということで、恐らくはその3日後ぐらいですかね?

お値段、送料(1000円)別で3000円。サイズは中株ということを考えると、当時高1の秋頃ですから、かなり張り込んだ買い物だったかと思います。

でも、今このような本当に幸せな光景を、夢にまで見た、あの憧れのハエトリソウの姿をこの目にいくらでも焼き付けられることを考えれば、

全然大した額の買い物じゃなかったなぁと感じます。ホントに。山田食虫農園様の存在には本当に感謝しかないですね。夢へのキップをこんな手の届く

額で御提供くださるのですから。有り難い限りです。

んでもって、

ドォーン(本日二回目)。B52にはですね、二つの顔が御座いまして、男と女がございやす。女の顔がさっきご覧に入れました

リンゴのような赤い顔したコヤツでござんす。んでもって、男の顔が上記のとおりでございやして、いかにも荒々しくゴツゴツした屈強な側面が

見て取れるかとおもいやす。このように、B52は置き場によって、見せる顔が全く似ても似つかないサマになるんでございやす。ねっ♪カッコイイ顔してんでしょぉ~、面白いでしょ~?

なんつって、

いやぁ、大変読みにくい文章を失礼致しました。まだ、我が心奥底の方に、「もう一人の僕」が住んでるらしくてですね。

あぁ、またこれも世代じゃないとわからない設定を組んでしまい、ここに陳謝させて頂きます。(←する気がcan't see at all)


 さぁ、一方、こちらもこちらで、有名人です。赤系ハエトリの第一人者であります、赤い龍さんです。

いやー、乱れておりますね。季節柄しかたがな(ry んっ? このブログはあくまで「純真無垢かつ清廉潔白な真人間」(とは真反対)のわらびもちが

努めて書いておりますブログですので、風紀を乱すような表現は差し控えて頂きたく思います。(自戒)

 

昨年に比べればかなり良い出来なんですが、それでも捕虫葉のいくつかに病気らしき兆候が見えるので、ほんのり心配ですね。(--;

さぁ、どんどん行きましょう!

プルプレアのヘテロさんです。すっかり葉をバランスよく広げてとても元気そうです。一昔前は成長が著しく遅いなんて言われてましたから、

春からの快進撃でここまで立派になってくれると、とても嬉しいものですね。(^^

鈴木系をこんな私に分け与えて下さいました偉大なるM氏が即売に出してらしたプシタシナです。

Gulf Giant とかそういう名前だったかなと思います。昨年はほとんど成長せず、ハエトリのFused tooth extremeのように我が家に適わない子なのかな

と正直かなり心配してましたが、そんな思いも勇み足だったみたいで、今では我が家のプシタシナの中で一二を争う成長を見せてくれています。やったね(^^ゞ

えーっと、丁度この写真を見てたら、ついでに紹介したくなりました、足元に写っておりますは鈴木系(服部タイプ)です。

ねっ?この大暑にこの元気っぷりったら凄いですよ。いやぁ、見習わないと。恐れ入りますわなぁ。うんうん。

んで(笑)すっかり本命の紹介を失念しておりましたが、ジュザティップ・ソーパーです。デカい葉っぱが出たんですよ。この品種では今までで一番の。40cmくらいかな。

ただ、あいにくフタの所をこうやって手でパカッてしてやらないと、様にならないのが玉に瑕なんですが。うーむ、悩ましい。(-~-;

うん前髪刈ってこい、みたいな。にしても、よく出来た交配種だと思います。色合いといい、形といい、丈夫さといい、一見完璧に思えるのですが、

唯一、成長速度だけがねぇ、、中々追いつかないんですよねぇこれが。他の交配種がグングン成長して何株にも増えてることを考えると、4年でやっと2株はねぇ。

ネペンテスです。小苗がかなり立派になってきまして、ちょうど場所の関係もあり、「よせ植え」にしたら面白いんじゃないかということで、この春作ってみました。

ネペンはここ2年ぐらい本当に安定してまして、脱落者は2名もいたかな?ってぐらいです。あれだけヒョウタンウツボを枯らしてた昔の自分に見せてあげたいなぁ。

我が家のネペンのほとんどがMonkeycupさんから有り難くお譲り頂いたもので、さすが熟練者の手塩に掛けられただけあり、環境の変化にも我慢強く耐えてくれる本当に素晴らしい子たちばかりです。

腰水だけは本当はやめてあげたいのですが、栽培場の設計上自動水やり器の設置がほとんど不可能に近いので、もうしばらく辛抱してもらうしかないですねぇ。(--;

劣悪な環境でゴメンね、ネペン達よ。本当に申し訳ない。m(--;)m

 

 

気づけば明日で8月となります。本当に早いものです。

まだまだ大暑が続きます。お出かけのご予定のある方は、水分補給はもちろん、「塩分」摂取を忘れずに!

ただ、赤子に塩分はご法度ですので二の舞をされませぬように。(^^;

さぁ、グタグタして「ヘヘーン」とのんびり過ごすも夏休み。毎日予定を詰め込んで息つく暇もなく楽しむのも夏休み。

秋以降をゴールとした目標に向けてこつこつと励み、巷で人気の美味しいふわとろカキ氷なんか食べつつ一休みつく、なんてのも一興ですネェ。

「自分が幸せと思える形で夏を過ごしましょう。」それが一番です♪

 

<今日の名曲[夏休みSpecial]>

Hi-posi「かなしいことなんかじゃない」歌詞が痛いほどわかります。

SHEEP「ナツノマボロシ」好きな漫画の曲なんですが、これまた痛いほど歌詞がわかっちゃって辛いのなんの( ̄∇ ̄;)

忌野清志郎「セラピー」出口の無い物思いにふけっている人にはこの一曲。真夜中に一人で静かに聞くと心にくるものがあります。(--

清志郎&Chabo「ティーンエイジャー」今なら意味がわかります。夏の夕暮れ時には是非とも聞きたいこの名曲。

(初期の)RCサクセション「三番目に大事なもの」ただ、圧倒。この歌詞、この想いを書きまとめられる清志郎さんはやっぱり凄いお方でした。

 

 

それではっ!!(^^ゞ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記録したい! | トップ |   
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
きたきた(笑) (ghosthunt)
2017-08-02 13:26:41
こんにちわ。

お久しぶりです。

そちらの株は安定してうらやましい…ネペンテスは どんどん悲しい姿になり全滅したら チャレンジはしないでしょう…(笑)自分には難しいです。かわりに ポトスが隣で大きくなりました。(食虫植物じゃねー)



ディオネは以上なく新芽展開してます。ハエトリなだけに一回ハエをくわえました。
カスと言うのか虫は撤去した方がいいですか?


ハエ『タダノ屍ノヨウダ』


完全消化とはいかずゾンビが乗ってます。
あと枯れた葉の処理は自然と言うことでいじらずでいいんですかね?

しくじらないよう神経質になってるようで オドオド ワクワク シ●シ● と嬉し不安になってます。


もうひとつは プシタシナさんが黒煤様にガサガサになっております。立派な鶏冠を展開したのに 汚れひどいです。


いろいろてこずってる最近報告でした。
Unknown (わらびもち)
2017-08-02 14:04:18
どうもどうもぉーっ!(笑)

ghosthunt様
毎度コメント本当にありがとう御座います。m(--;)mご無沙汰しております。

いやぁー、うちのネペン達はひとえに「今年運が良い」だけな予感がプンプンしてるんですよねぇ。過去の経験則からして。( ̄∇ ̄;)

ポトスですか!良いですねぇ。見た目からしてオサレですし、いかにも夏のガーデナー必育!(←造語)って感じですもんね。

おぉ!ハエトリ調子良さげなようで!いやぁ、良かったです。(^^ハエトリがハエトリたる所以を果たしてくれるとやっぱり何だか嬉しくなりますよね。

ハエトリにまつわる話として、夏場元気ないハエトリには、ティッシュに牛乳を染みこませたものを捕虫葉に収まるサイズに切って、入れてあげると、激烈にスタミナが付くとかなんとかいう噂が昔からありまして。
確か一昨年まで私もそれを続けていたのですが、それをやらなくなった去年からやっぱりガタッと株落ちしましたね。先細りが目に見えて起こったというか。先人恐るべしです。

えーっと、ワタシ、、、じゃなくて捕虫葉のゴミは基本的にそのままで大丈夫です!美観の問題で御座います(^^ゞ

ハエ「栽培者(=わらびもち)がフンコロガシみたいな顔ってどういう(ry あっ(察し)」

枯れた葉はムレや雑菌の温床となり、病気や「溶け」に繋がりやすいので、出来るだけ綺麗に取り除いてあげた方が後々の成績が良いですね。

捕虫葉に下半身溶かされつつある、でもまだ生きてる虫をシットリ見ている時の僕の表情なんて、軽めの前科二犯ですからね(笑)

プシタシナのスス汚れっぽいのは、まぁ大体の場合は放っておいて大丈夫なんですが、もしお持ちでしたら、オルトラン粒剤を少し掛けてやると無事解決するかもしれません。あんまりスス汚れが続くようでしたら、「用土が腐っていないか」を確かめた上で、粒剤ショットをお奨め致します。(ーーゞ

いやいやいやぁ、それは「てこずり」ではなく、「健闘」の証で御座いやすヨッ♪(^^
おはようございます! (ghosthunt)
2017-08-03 07:13:10
食虫マニアと言うことで(笑)

オトナの土ドラ【ウツボカズラの夢】志田未来7年ぶり主演は食虫植物女! 8月5日 スタート!

こんなドラマが始まるらしいです(笑)



本題本題…

枯れた葉っぱは除去はしていいんですね(⌒‐⌒)
前回 ブラックスライムなっていったやつも枯れ葉を丁寧に除いて のちに変身したんでダメなのかなと心配もあったんです。


黒煤も枯れたりなければ問題なしと(^^)d
用土変えたばかりなんですよ。また こまめに様子ですね。



ここ最近 前科顔になりつつ捕虫しているのを見ると…不思議な気持ちになりはじめてます。染まってきてますかね(笑)
Unknown (Monkeycup)
2017-08-05 10:54:04
こんにちわ。
ご無沙汰しております。
ハエトリ君は何時拝見しても素晴らしい出来ですね。我が家とは月と鼈。(;´д`)トホホ
今年B52が小さい割には結構株分かれしまして、10鉢以上になりました。勝手で誠に申し訳ないのですが、事後報告という事で…、あちこちのお宅へ里子に出て貰いました。😊
オォ~、ショボ交配種を大切にお育ていただき、ありがとうございます。低地性ネペンはわが世の春ならぬ夏ではありますが、猛暑でも元気はつらつですね。
Unknown (わらびもち)
2017-08-13 16:16:40
Monkeycup様
毎度コメントありがとう御座います。

お久しぶりです!暑さで人間の方が溶けちゃいそうな日々が続いてますね。
ハエトリ、お褒め頂き恐縮です。今年は昨年より手入れの回数を増やすことが出来ているので、全体的なクオリティーが上がってきている気がします。

10鉢以上に!さすがMonkeycupさんですね。
いえいえ、良いものが広がることは良いことですから。大事にお育て頂きまして、ありがとう御座います。

いつぞやは素晴らしいネペン達をありがとう御座いました。
あんまり元気な子達なものですゆえ、もはや今年の冬からは、去年までの60cm水槽じゃ収まらなくなってしまいました。頂いたバイキングなんて花まで今咲かせていますし(笑)嬉しい悲鳴なんですが。( ̄∇ ̄;)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む