「Law&Order」が好きだ!!(邪道にて)

海外ドラマ「Law&Order」が好きです。
とにかく叫びたいので、ブログに叫びます。

CI S7‐1「命の埋め合わせ」

2016-10-11 15:59:18 | ~CI S7
さぁ!書けるか、自分??


ある銃撃事件の裁判の証人ウィリアムズを警護していた2人の刑事。
クインとコパ。
コパがトイレへ行っている間に、クインが何者かに撃たれて死亡してしまう。

緊急招集がかかる。
エイムズから連絡を受けたゴーレン。
クインが運ばれた病院で、エイムズは驚きを隠せない。
クインは、エイムズの夫で殉職した刑事ジョーの相棒であったのだ。
そして、駆け込んでくるクインの妻テリーサの姿もあった・・・

警官殺し。殺気立つ警官達。
クインの相棒コパの目撃証言に疑問を持つゴーレン。
相変らずの緻密な=重箱の隅突きな捜査が、際立つ(ゴメン)

容疑者が捕まった。
ウィリアムズが証言しようとしていた裁判に関係することに。
容疑者は、アジア系の凶悪ギャング団のサン。
犯人は、迷い無くクインを狙っていた。
これは、ウィリアムズへの警告なのか?
しかし、ウィリアムズ本人が狙われたということはない。

サンを面通しで特定したコパ。
しかし、コパの視力に問題があると見抜いたゴーレン。
コパがサンを見たと言うのは、怪しい。
そう主張するゴーレン。サンは解放されることに。

クインの葬儀。
テリーサに慰めの言葉をかけるエイムズ。
テリーサは、話し出す。
ジョーが死んだ時、本心は「自分の夫じゃなくて良かった」と思っていた、と。
だから・・・エイムズにかける言葉が無く、疎遠になってしまった、と。
そして外で待つゴーレンは、コパから嫌味を言われることに。
視力の問題が明るみになり、早期退職になるだろうと、コパ。
仕事は?年金は?・・・全く余計なことを・・・
ちょっと凹んしまったゴーレン、ダブル・パンチを浴びることに。
クインの息子に、これまた・・・「おかしな刑事が、パパを殺した犯人を釈放したんだ」と。

・・・・車中で凹み合うゴーレン&エイムズ・・・

再び、銃撃事件が発生する。
今度の被害者は、ミナイヤ。薬物の売人だ。
そしてミナイヤは、エイムズの夫ジョー・ダットン殺害事件時の証人でもあった。
ミナイヤとクイン、2人を殺したのは同じ銃だと断定される。
ミナイヤ、そしてジョーの相棒だったクインが証言した。
ジョー・ダットン殺しの犯人は、レイ・デルガノであると。

服役中のデルガノに話を聞くゴーレン&エイムズ
いくら念押しされても、冷静にはいられないエイムズ。
デルガノは、再審を申請していたが却下されていた。
それを恨み、自分に対し証言したミナイヤ&クインを殺害したのか?
しかしデルガノは否定する。
警官殺しは、24時間監視下にある。クタクタだ。
どうやって、殺しの依頼などできるんだ?

ゴーレン、ダットン事件時の証言等を洗い直そうとする。
事件現場にあったタバコの吸殻。
犯人は、タバコをくわえていた、とミナイヤが証言している。
このタバコの吸殻のDNA鑑定を行なえば・・・
9年前の当時と今では、DNA鑑定技術の進歩は明らかだ・・・

しかし、そのゴーレンの提案を聞き、言葉を荒げるエイムズ

「謎解きパズルじゃないのよ!」

凶器の銃は、海兵隊が使用するものだと分かる。
デルガノの実家を訪れるゴーレン。
デルガノの父親から話を聞く。
無実だと息子は言うが・・・そして父親が元海兵隊所属だと知る。
父親の犯行か?しかし、デルガノの息子ビクターも、海兵隊に入隊している、と。

エイムズは、亡き夫ジョーの事件の証拠を精査する。
泣くよな~そして、ゴーレンが拘るタバコの吸殻を見つける。

父親が所有している銃はどこにある?
ビクターを署に呼び、話を聞くゴーレン。
父親の元へ時間を掛けて面会に行く。
母親は出て行った・・・自分は祖父母に育てられた。
父親の無実を信じている。
父親を犯人に仕上げた奴らのせいで、自分の人生は滅茶苦茶だ・・・と。

デルガノ父=ビクター祖父も、署に呼ばれている。
エイムズ、ゴーレン、祖父を犯人と目星をつけている風な話をする。
罠ですが・・・引っかかるビクター・・・自分がクイン&ミナイヤを殺した、と。

タバコの吸殻のDNA鑑定の結果が分かる。
デルガノではない。そしてミナイヤでもない・・・
一体犯人は誰だ?
ミナイヤが庇う相手とは・・・仲間か身内か?

ミナイヤの実家を訪れるゴーレン&エイムズ
何か手がかりは・・・ミナイヤのいとこマニー・ベルトランの話が出る。
医師である・・・身内の誇りだ・・・
家族の話から、ベルトランが何かを知っていると判断する刑事コンビ。

ベルトランが勤めるのは、スターチ記念病院。
瀕死のクインが、運ばれた病院である。
ベルトラン医師は、クインを担当した医師でもあった。
刑事達の姿を見て、クインのことかと思うベルトラン。
しかし、話が9年前のダットン事件だと知ると・・・
ここで、ゴーレンがベルトランがヘビー・スモーカーであると見抜き
ここでここで、吸殻との接点が出て来て・・・ですね。

ダットン事件の話を知り、肩を落とすベルトラン。
あれは事故だった、と。死なせた相手のことも、何も知らなかった。
身内が庇ってくれて、そのまま逃げ出した。
医師になったのは、せめての償いだったのだ、と・・・・

エイムズ「帳消しにはならない」と。

ベルトラン、ジョセフ・ダットン殺害容疑で逮捕。
ベルトランに手錠をかけるエイムズ。
その間も話し続けるベルトラン。
言い訳にしか聞こえないエイムズ。

そして「彼は、いい警官だったわ」と・・・・


感想は次で(ペコリ)




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 画像、変更しました | トップ | CI S7‐1「命の埋め合わ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。