「Law&Order」が好きだ!!(邪道にて)

海外ドラマ「Law&Order」が好きです。
とにかく叫びたいので、ブログに叫びます。

CI S7‐6「仮面夫婦」

2016-10-18 15:38:34 | ~CI S7
原題『Courtship』=求愛、というのが一般的ですね。
しかし、これは動物や鳥の求愛行動、のことも意味します。
で、女性への求愛ってことが言えるようで。
エピも、クリスティンを巡って、クレイ、ホーク、フライ
そして息子も・・・・クリスティンに求愛というか、彼女の愛を得ようと必死に。
うまいタイトルですよね。

元ネタがあります。
といっても、クレイの熱い暴言のことですがね。
アレック・ボールドウィン&キム・ベイシンガーのカップルの事件です。
まぁ、事件と言っても大したことじゃないようですが・・・
以前のものですが、日本語で記事がありましたので貼っておきます。


シネマトゥデイ
アレック・ボールドウィンの娘「ごう慢で非常識な豚」と父親に怒られた過去を笑う



ちょいと重いですが・・・興味があったら御覧下さいマセ(ペコリ)

さて~刑事コンビ・・・それ程大層な仕事をしていないような・・・
って、言っちゃダメですかね?(笑)

ローガン
「俺が、理性派を演じるとは」

ホント、私も驚きだよ(笑)
と、突っ走っておりますファラッチ。
しかし!ラストで、夫&子供いますとは・・・今まで、居なかったよね?
居たっけ?『CI』の女性刑事さんでは・・・初めて聞いたような?
って、ローガン、仕事無事終了のビールは、またひとりか??
本家では、女性に不自由しないような台詞もあったような覚えが。
ウ~ム、『CI』では、そのモテ振りも後退か・・・(スマン)

女優クリスティンと映画監督(でイイの?)クレイの離婚訴訟。
判事フライは、クレイに不利な判断を下す。
しかし、熱しやすい!クレイの脅しを受け、
その裁判の担当を降りる、と誰かに告げるが・・・・

そして、フライの妻モニカが、自宅のキッチンで遺体で発見される。
キッチンにいた時に、外から射殺されたようだ。

ちょっと・・・!
最近の前座小芝居!内容に直結しているから、見逃せない!
というか、軽く見れない・・・う~ん、慣れないナァ。

カウンセラーであるモニカの仕事絡みの事件か?
って、顧客がFBIとか・・・私立探偵が元CIAとか・・・意味あるのか?
あぁ、凶器の銃弾が、ちょっと特殊だからってことからか?

モニカを洗う刑事コンビ。
勿論最重要容疑者は、夫のフライ判事だ。
しかし、キッチンという現場が、ポイントに。
フライは、妻の為に毎日食事の用意をしていたという。
モニカは、“お湯も沸かせない”・・・・って、ホントかよ??(笑)
まぁまぁ、ここは突っ込む所じゃないから、と自分に言い聞かせて(笑)

それでは・・・フライ本人が狙われた可能性が?
フライが担当した離婚訴訟を調べて・・・

ココから、いや、そんなに複雑ではない。ホント。
クリスティンが、暗躍しているのだが、それは単純だし。
フライ、クレイ、ホーク、皆がウソをついている。
まぁ、息子CJも加えるか(一応)

そのウソを解きほぐす=事件解決ってことになる。

で!今回「理性派」として名乗りを上げた!ローガンが、その役目に!
つまり・・・皆の話の聞き役、なんですわ(ウンウン)

特に顕著に現れていたのが、クレイの聞き役、ですね。
“海”が、どうも心を落ち着かせるキーワード、のようですね。

本家S18-11「メレディスの思い出」でも、奥様がなにやら呟いていましたよね。
言葉、覚えていないが・・・アレも心を落ち着かせるための言葉だったと記憶が。

で、ローガン、クレイの話を聞く時、
辛抱辛抱って感じで、根気よく聞いていました。
脱線してしまうクレイを、軌道修正して・・・
あの短気なローガンが・・・大人になった・・・いやオジサンか?(笑~)

フライは、判決を取り消した。
ということは、クレイがフライを狙う理由が無くなる。
では・・・判決の取り消しに不満を持つクリスティンの犯行に、となってくる。
これは、もう単純でして・・・
そこに、男性陣=クリスティンにベタ惚れって図式が背景に出てくる。

クリスティンの為にウソをつく・・・それを暴け!ですよね。

だから、事件そのものが面白いっていうよりも
そのやり取りが面白いって、思って視聴しておりました。

あぁ、ロスとファラッチは・・・遊びたいのか?(ウソ・笑)
ロスは、まぁ、部下の御無礼に堪えていますが、
ファラッチに対しては・・・って、コレってファラッチの特徴づけ?ですか?
まぁ、正直、残すところ・・・の出演ですので。
でも、ローガンがオロオロ・・・ではなく、
兄貴風に庇っているのが楽しいので、ファラッチ好きです、私。

う~ん、欲を言えば・・・

モテモテのクリスティンが・・・なぜこれ程モテルのか?って思いもあったが。
ホークが、言っていた言葉で・・・
あぁ、ある方々には、本当に手の届かないアイドルだったのに
今手に入るって思うと・・・なんだなぁって思った。
そう考えると・・・
もう、それ程モテモテとも言えんのでは?という女優さんに対し
郷愁のような加わったような感情があるのかも・・・とも思えた。

でも、あのラストのクレイとクリスティンの罵り合いは・・・
まぁ、正体はコレですわ、ってことで。
クレイ、そしてホークも検事と取引きをして、証言するという顛末に。
もう、クリスティンの神通力は効かないってことで・・・

って、いい加減に正体見抜けよ!!!とか、思いました(ペコリ)

そして~ひとりビールを飲むローガンに、誰か付き合ってあげて~
とか思いながら、終了で御座います(ペコリペコリ)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CI S7‐5「父と息子」 | トップ | 『UK』S4&『CI』S9 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。