まるみのあっちこっち巡り

世界遺産巡り、クルーズ、映画、観劇、埼玉西武ライオンズに夢中!
15,000枚を超える写真とともに綴ります。

映画 ハドソン川の奇跡

2016-10-12 00:26:17 | 映画(劇場鑑賞)
2009年1月15日、バードストライク(鳥との衝突)により、
制御不能となった機体をハドソン川に不時着させ、
乗員乗客155人全員を救った
『USエアウェイズ1549便不時着水事故』を元に
クリント・イーストウッド監督と、
名優トム・ハンクスがタッグを組んだ人間ドラマ。

マスコミは機長を称賛し、英雄と騒ぎ立てたのですが、
事故調査委員会は、乗客を危険にさらしたと考えるのです。

命を救った立場の機長や副操縦士が
あたかも犯人扱いには許せない気持ちになっていきます。
実話ですから結果は分かっているのですが…。

この映画は、時系列には並べられていないがゆえに、
機長の心の動きが手に取るようにわかり、
その心情に引き込まれていきます。

そう、機長はトム・ハンクス。
彼だからこそ嘘くさくなく、物語に説得力を与え、
ドキュメンタリーを見ているような迫力があります。

そして、最後は爽やかな気分にさせる監督のニクイ演出。
しかも、96分にまとめあげるところもスゴイ

全員死亡となっていたかもしれない事故で、
多くの人が関わり救助活動にあたるシーンには

パイロットが熟練した操縦技術や職務に対して
強い責任感を持つ人物ではない事故もあったりしましたが、
危険と隣り合わせで仕事している人はどうあるべきかの
人物像をも浮き彫りにしているようです。

無事に旅行を終えられることをもっと
感謝しなけらばという気持ちにもなりました。

監督:クリント・イーストウッド
出演:トム・ハンクス、アーロン・エッカート
ローラ・リニー
2016年/アメリカ/96分

ユナイテッドシネマとしまえん

2016.10.10


ランキングに参加中!クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 関東お出かけスポットへ
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にっぽん丸GW日本一周クルー... | トップ | にっぽん丸GW日本一周クルー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL