まるみのあっちこっち巡り

小さな旅、船旅、陸旅、世界遺産巡り、映画、埼玉西武ライオンズに夢中!
17,000枚を超える写真とともに綴ります。

東武特急スペーシアで鬼怒川温泉へ

2017-08-09 16:03:15 | 日本の鉄道・交通


前日予約した特急スペーシア「きぬ115号」は、
満席で鬼怒川温泉へと向かいました。

JR新宿駅と東武日光駅・鬼怒川温泉駅間を結ぶ
JR線直通特急としてもスペーシア車両が使われています。







1,100mmの最大級のシートピッチでゆったり座れます。
網ポケットの「るるぶFERRスペーシア」
無料ですが、観光情報が盛りだくさんなうえに
クーポン券までついているので目を通しておくと便利。







ワゴンの車内販売もありますが、
こちらで購入することもできます。







長閑な風景が広がるので電車の中では
ぐっすり眠って睡眠不足を補います。

下今市駅で日光線に乗り換える乗客の方も多く、
目を覚まし、SL「大樹」の試運転も見ることができました。
乗客と列車が接触しそうになったということで停止、
安全確認のために発車が遅れる事態に。
(その後、日光線で人身事故、ダイヤが乱れました)







7月22日に開業したばかりの「東武ワールドスクウェア駅」
東武鉄道12年ぶりの新駅です。
一日で巡る世界一周の旅が可能なテーマパーク。
久しぶりに訪れてみたいと思ってはいます。







営業時間帯は、特急を含むほぼすべての列車が停車。
正午頃なので利用者はほとんどいないようです。







二十数年ぶりの鬼怒川温泉駅ですから記憶は曖昧。
マイカーでは何度か訪れた鬼怒川周辺ですが、
駅周辺は初めて来た土地のようです。







駅前の足湯も人気のようです。
8月というのに長袖が恋しい陽気でした。







鬼怒川温泉駅まで来て、関東有数の温泉に入らずに帰るのはと、
日帰り入浴を受付していて、駅にもほど近い
「鬼怒川パークホテルズ」に立ち寄ります。







12時~18時の間の入浴で大人864円。
バスタオルの貸出、タオルの販売もしています。
大浴場を独り占めできる時間もあり、
肌にやさしい軟らかなお湯に浸ってリフレッシュしました。







食事もゆっくり楽しみたいところでしたが、
SLの試乗受付の時間も迫り、駅前のお店でお弁当を。
パンやコーヒーも購入して慌しいランチタイム。







「大樹弁当」(1000円)をいただいてみます。







栃木の名産である湯葉、黒米御飯、ひじき煮、
カラダに良さそうな食材とSLのイメージに良く合った
お弁当ですが、ボリューム不足でした。







駅前のガラス張りのお店だったので、
時間の効率は良く転車台の見学にも間に合いました。

栃木県日光市

2017.8.2


ランキングに参加中!クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 関東お出かけスポットへ
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 投手陣崩壊オリックスに今季... | トップ | 相手のミスを誘ってオリック... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本の鉄道・交通」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL