まるみのあっちこっち巡り

小さな旅、船旅、陸旅、世界遺産巡り、映画、埼玉西武ライオンズに夢中!
16,000枚を超える写真とともに綴ります。

バルト三国 ラトビアのスイス スィグルダ トゥライダ城博物館保護区

2017-06-14 12:21:24 | 2016 バルト三国


ラトビア最多来館者数を誇るのがトゥライダ城博物館。
11世紀以降の様々な出来事を物語る考古学資料、
文化や芸術の歴史を知ることができます。







古城の本丸は、現在は博物館になっており、
スィグルダの歴史に関する資料が展示されています。







塔の上から素晴らしい景色が望めると聞き、
登ってみることにしました。







しかし、そこは中世の古城にある塔ですから
登りやすいことはありません。
朝晩は寒いくらいなので着込み過ぎて暑くなりました。







登ってみるとトゥライダ城が、赤煉瓦が緑に映える
美しい城であることがよくわかりました。
緑の豊かな古城の散策には欠かせないビューポイント。

トゥライダとはリーヴ語で「神の庭」という意味だとか。
リーブ人というのは、かつてこの地に住んでいた人々、
ガウヤ川を利用した交易を営んでいたそうですが、
13世紀に帯剣騎士団によって占領されてしまったのです。







その後、川を境に西側がリガの僧正領に、東側は騎士団領となり、
両者が城を築き、職人や商人も住み着いて町が誕生しました。
騎士団がリーヴ人の城を破壊し、リガの僧正によって
同じ場所にこのトゥライダ城が造られたのです。







「庭師の家」の前で微笑むご婦人。
数回の改築をしながらもその立体構造を維持している
19世紀中期の貴重な建築文化財です。







教会の内部も見学できます。
古の荘園についての物語が秘蔵されています。







領主邸、召使の家、鍛冶屋、猟犬係の小屋、倉庫、蒸し湯、
馬車置き場、生け簀地下室などが荘園経営地に点在。
りんご園、ダイナの丘、ヤーニ丘などがあります。








四季がありますが、春と秋は短く、冬の長いラトビア。
花々も短い秋を楽しんでいるようです。







衣類や雑貨、民芸品などのお土産も並んでいました。

ラトビア・スィグルダ市

2016.9.25


ランキングに参加中!クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へにほんブログ
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 打線のつながりを欠きホーム... | トップ | 連敗はしない強いライオンズ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL