まるみのあっちこっち巡り

小さな旅、船旅、陸旅、世界遺産巡り、映画、埼玉西武ライオンズに夢中!
17,000枚を超える写真とともに綴ります。

日本唯一のアプト式鉄道 南アルプスあぷとライン アプト式区間

2017-07-22 14:08:59 | 日本の鉄道・交通


アプトいちしろ駅に到着しました。
こちらの駅ではアプト機関車の連結を見学できます。







一目見ようと大勢の人が集まっています。
写真やビデオに残そうと手を伸ばされるので
残念ながらよく見えません。







アプト式鉄道とは、2本のレールの中央に敷いた
ラックレールという歯形レールを使い、
急な坂を上り降りするように
スイスで考案された急勾配用の鉄道です。







停車時間を利用して連結の見学をしたり、
お茶などのおもてなしを受けるために
多くの人が途中下車しています。







急勾配を上れるアプト式機関車のおかげで
「アプトいちしろ駅~長島ダム駅」のアプト区間を
力強くのぼっていきます。







長島ダムは2002年3月に完成しました。
このダムの建設により旧線が水没するため
アプトいちしろ駅~長島ダム駅間に
アプト式鉄道が誕生したのです。







井川線のハイライト、日本唯一のアプト式鉄道。

長島ダム駅で下車してダム周辺を
散策することもできます。







1000分の90という日本一の急勾配を運行するために
(水平に1000m進む間に90m上昇するということ)
車輌やディビダーグ式橋梁や、
世界で初めてのアプト式PC式枕木の採用など、
新しい手法を積極的に採用しているそうです。

安全のためには抜かりない努力をされている
そして、手を振ってお見送り、頭が下がります。







連結していたアプト式機関車を切り離します。







碓氷峠の旧線廃止後に日本から消えてしまった
アプト式の再現までしてしまう大井川鐵道。
応援したくなるローカル鉄道です。

静岡県榛原郡川根本町梅地他

2017.3.20
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミニ列車で行く南アルプスあ... | トップ | 24歳フレッシュな選手の活躍... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本の鉄道・交通」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL