まるみのあっちこっち巡り

世界遺産巡り、クルーズ、映画、観劇、埼玉西武ライオンズに夢中!
14,000枚を超える写真とともに綴ります。

にっぽん丸GW日本一周クルーズ 種子島宇宙センター

2016-10-19 11:45:40 | 2016にっぽん丸GW日本一周クルーズ


南種子町にある種子島宇宙センターは、
日本有数の宇宙ロケット発射場で、
種子島の必見スポットといえるでしょう。

H-IIロケットの実物大模型も展示しています。
こちらは記念撮影のスポットですよ。







昭和44年に開設し、総面積970万㎡の広大な敷地の中に
ロケットの発射場、総合司令棟、組立棟などの
関連施設が整備されています。







あまりに広大なために乗ってきたバスに乗車し、
目的地まで行き、宇宙科学の最先端技術にふれます。

バスに解説員の方が乗車、基礎知識を学びます。







ロケットの丘展望所から全体の様子を見学します。
ロケット打ち上げ日は封鎖されます。







1,2年に1度はH-IIBロケットの
打ち上げを行う種子島宇宙センター。

国際宇宙センターへ物資を運んだ
「こうのとり4号機」も打ち上げられました。







南国の透き通った海に面しており、
世界一美しい宇宙センターと言われています。







大型ロケット組立棟や発射場が見えます。
H-IIAロケットとH-IIBロケットの
打ち上げはこちらで行われます。







大崎第一事務所では、H-IIロケット7号機を展示。
2段の胴体に分かれるロケットの仕組みを学ぶことができます。







第二弾は人工衛星を軌道へ投入する役目があります。







ロケットは愛知県にある三菱重工業の工場から運ばれ、
一か月から一か月半かけて組み立てられ、
打ち上げ日は約2か月前に発表されるのだそうです。







H-IIBロケットのエンジンです。

こうして間近に見てみますとこれらが打ち上がるのが
不思議なことのように思えてもきます。
次回の打ち上げは、興味津々でテレビに釘付けかも

種子島が一番賑わうのはロケット打ち上げ日だそうですよ。

鹿児島県熊毛郡南種子町茎永

2016.4.30


ランキングに参加中!クリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へにほんブログ
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にっぽん丸GW日本一周クルー... | トップ | にっぽん丸GW日本一周クルー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL