ほじゃさぽ通信

北海道ジャパンサポートのかわら版

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ほじゃさぽ通信 春号 2017

2017年03月12日 17時57分40秒 | ごあいさつ


じょっぺんかった??


知って得する
2017年から始まるセルフメディケーション税制


2017年1月1日から、特定の医薬品購入に対する新しい税制「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」が始まりました。

「セルフメディケーション税制」の対象となるのは定期健康診断(事業主負担)、健康診断、特定健康診断(いわゆるメタボ検診)、予防接種、がん検診断などを受けている方です。

この方が2017年1月1日以降に医療用から転用された特定成分を含む市販薬(スイッチOTC医薬品)を、年間1万2000円を超えて購入した際に1万2000円を超えた部分の金額(上限金額:8万8000円)について所得控除を受けることが出来るというものです。


「セルフメディケーション税制」を利用するには確定申告をする必要があります。

また、これまでの10万円を超えた医療費の所得控除とセルフメディケーション税制の両方を利用することはできず、申告者自らがどちらかを選択することになります。

この特例は、2017年分の確定申告から適用できます。


〔 対象となる医薬品は? 〕


厚生労働省が定めた83成分(2017年1月17日現在)を含むスイッチOTC医薬品(ドラッグストアや薬局で処方箋なしに購入できる医薬品)です。

対象製品の多くには下記の様な共通認識マークが入っています。




軽度な身体の不調を市販薬などにより自ら手当てすることは、自身のQOL(生活の質)の改善に役立つだけでなく、国の財政を圧迫している医療費の適正化にもつながります。


2017年1月以降は、ドラックストアや薬局にて市販薬を購入して受け取ったレシートや領収書は捨てずに保管しておきましょう。




【 社会保険労務士・CFP金子隆俊 】


この記事をはてなブックマークに追加

ほじゃさぽ通信 春号 2017

2017年03月12日 17時51分57秒 | いなかFPのつぶやき
いなかFPのつぶやき

【自分で育てる、自分の年金 
iDeCo(個人型確定拠出年金)】


個人型確定拠出年金は、任意で申し込むことにより公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金のひとつです。

これまで加入対象者は、自営業者の方や企業にお勤めの方の一部に限られていましたが、平成29年1月より、企業年金を実施している企業にお勤めの方や専業主婦の方、公務員の方を含め、基本的に公的年金制度に加入している60歳未満のすべての方が加入できるようになりました。

愛称も新しく「iDeCo」と決まりました。

このように、加入範囲が拡大された「iDeCo」は、次のように税制が優遇される大きなメリットがあります。

① 掛金の全額が所得控除の対象となるため、所得税・住民税が軽減されます。

② 一般の金融商品と異なり、「iDeCo」では運用益は非課税です。

③ 年金受給のときは公的年金等控除、一時金受給のときは退職所得控除の対象となります。


次に掛金は、月額5,000円からですが上限額は加入者により異なります。

・公務員  月1万2千円

・会社員 月1万2千円・2万円・2万3千円(注1

・専業主婦 月2万3千円

・自営業  月6万8千円(注2

(注1 企業年金の種類によって異なりますので、加入資格とともにご確認ください。
(注2 国民年金や付加保険料と合わせて月6万8千円が限度となります。


「iDeco」の運用商品は、銀行、証券会社、保険会社など様々な金融機関が取り扱いをしています。

商品の中には、預貯金・保険などの元本が確保されるような金融商品や、投資信託などの運用成績によって利益や損失が発生する金融商品がありますので、商品の特徴をよく理解した上で選択する必要があります。


掛金は60歳になるまで支払い、受給開始年齢は通算加入者等期間に応じて60歳から65歳で、5年から20年の有期年金または一時金での受給になります。(原則60歳まで資産を引き出すことはできません)


このように税制メリットのある「iDeCo」で、老後を豊かに過ごすために、今から備えをはじめてはいかがでしょうか。


 ※詳細は国民年金基金連合会のホームページなどでご確認下さい。


【釧路 AFP 八城】

この記事をはてなブックマークに追加

ほじゃさぽ通信 春号 2017

2017年03月12日 17時45分53秒 | 保険のつぼ
保険のつぼ

【 データで見る火災保険 】

住まいを取りまく様々な事故に対応する保険と言えば火災保険ですが、その名の通り事故の件数や保険金の支払いは火災が一番多いのでしょうか?
実際のデータは下表の通りです。


※損保ジャパン日本興亜のすまいの保険パンフレットより抜粋



火災保険の保険金支払い実績を見てみると、平均支払額では火災が第一位ですが、事故件数では水災・風災・雪災などの自然災害が第一位となっています。

この自然災害による保険金の支払いは、災害の発生回数や規模により多い年もあれば、少ない年もあるという特性があります。


近年、異常気象が増加しており地球温暖化の影響が指摘されております。

降水量の増加や強い台風の増加といった事も関係しているのかもしれません。


次に事故件数が多いのが不測かつ突発的な事故(破損・汚損)です。

たとえば模様替えでテレビを移動中誤って落として破損した。

子供が食器棚に向かって物を投げてしまい、扉や中の食器が破損したなど。

どれもうっかりやってしまいそうな事故です。

これらの事故はおおむね家計で対応可能な経済的な負担ですが、保険で補償されて良かったという声が多いです。



次に漏水などによる水濡れの損害ですが、凍結による水道管破裂を原因とする水漏れが多いです。

寒冷地である北海道にお住いの皆さんは、身近な人が事故にあったり、ひょっとするとご自身が体験されたりしているのではないでしょうか。

火事にでもならなければ出番のない様に思われていた火災保険ですが、すまいにかかわる大小様々なアクシデントに対する備えになっています。

【北見 中島】



この記事をはてなブックマークに追加

ほじゃさぽ通信 春号 2017

2017年03月12日 17時35分24秒 | コーヒーブレイク
【アスパラガス】




アスパラガス栽培は北見市の他、オホーツク全域で作られています。

気候が栽培に適していて、日照率が高く太陽をたくさん浴びて甘みが多いのが特徴です。

主な栽培方法は、親茎となる茎をそのまま成長させ、その株から出てくる新芽を収穫する「立茎(りっけい)栽培」や、露地畑に苗を植え、1~2年程養成した株から萌芽(ほうが)したものを収穫する「露地栽培」があります。

収穫時期はハウス物が4月下旬~7月、露地物は5月~7月とこれからが旬の時期なので、甘くておいしいオホーツク産アスパラガスを一度ご賞味いただいてはいかがでしょうか。

【北見 水戸部】




【幣舞橋】





幣舞橋は1889年(明治22年)全道一長い木橋として架けられたのがはじまりです。


当時は愛北橋と呼ばれ、渡船でしか越えられなかった釧路川に名古屋の商事会社が自費で架橋し有料で運営していました。

1900年(明治33年)に国の手によって初代の幣舞橋が誕生し、釧路駅に降り立ったあの石川啄木もこの橋を渡りました。

現在の橋は初代幣舞橋から数えて5代目として1976年(昭和51年)に建設されました。


橋の欄干には春・夏・秋・冬を表現する「四季の像」を配し、エキゾチックな香りを漂わせています。

【釧路 高橋】




【色鮮やかなオホーツクの春】




数ヶ月の長い冬の後、雪の間から黄色い福寿草が顔を出すといよいよ北国も春到来です。


4月下旬から5月中旬にかけては女満別の水芭蕉、温根湯温泉のエゾムラサキツツジ、上湧別のチューリップ、滝上町の芝桜など、国内屈指の規模を誇る花畑が有名です。


本州よりもずっと遅いオホーツクの春ですが、白い雪に覆われていた世界が驚くほどの速さで彩られていく様子は多くの観光客を魅了しています。

また、5月に桜が見ごろを迎えるのもオホーツクならでは。カメラを片手に出かけるのが楽しみになる季節です。

   【北見 水谷】



この記事をはてなブックマークに追加

ほじゃさぽ通信 冬号 2016

2016年12月01日 11時08分03秒 | ごあいさつ


じょっぺんかった??


65歳以上の雇用保険
新規加入が出来るようになります


65歳以降も元気な方が多く、現役として働いているケースが多くなってきました。
これまでは65歳より前から雇用保険に加入している場合は、65歳になっても引き続き加入し続けることはできたものの、一度資格を喪失してしまうと65歳以降は雇用保険には加入出来ませんでした。
これが平成29年1月1日よりこうした年齢制限は撤廃され満65歳以上でも新規で雇用保険に加入することができるようになりました。(短期雇用特例被保険者、日雇労働被保険者に該当する人は除く)

現行法では一定の要件を満たした方が失業すると、雇用保険から65歳未満だと基本手当が、65歳以上だと高年齢求職者給付金が給付対象になっていますが、これについては変更がありません。
高年齢求職者給付金は離職日以前1年間のうち、被保険者期間が6ヶ月以上あれば受給資格が発生し、基本手当の額は離職理由に関係なく被保険者期間が1年未満は30日、1年以上は50日となっています。

また、現行法では雇用保険の保険料は毎年4月1日時点で満64歳以上の方については免除されていました。
こちらも法改正で変更が加えられ、今後はこうした保険料の免除制度が廃止となります。
ただし、一定の期間は経過措置が設けられ保険料免除廃止の予定日は平成32年4月1日となっています。

従って改正後であっても保険料負担のある基本手当と保険料負担のない高年齢求職者給付金ではもらえる給付金の内容が大きく異なることになります。
平成32年4月1日以降は満64歳以上の労働者からも保険料を徴収されることになる訳ですが、保険料率ならびに保険給付がどうなるのかは現時点では示されていません。おそらくは、保険料を徴収する以上は現在の高年齢休職者給付金よりも手厚く、基本手当との整合性はとられるのだと思います。

「生涯現役社会の実現」「一億総活躍の時代」へ向けての高年齢者の雇用推進策ではあるのですが、高齢者に労働を強いているようでちょっぴり空しく感じるのは私だけでしょうか。



【 社会保険労務士・CFP金子隆俊 】


この記事をはてなブックマークに追加

ほじゃさぽ通信 冬号 2016

2016年12月01日 10時55分51秒 | いなかFPのつぶやき
いなかFPのつぶやき

【 先進医療の現状 】


医療技術の進歩に伴い先進医療は日々進化をしており、これを受ける人も増えております。
民間の保険会社が提供している医療保険やがん保険などに付加する特約として今や定番となりつつある「先進医療保障特約」の内容や注意点についておさえておきましょう。


○ 先進医療とは
先進医療とは、大学病院等の医療機関で研究・開発された高度な医療技術のうち、公的医療保険の対象にするかどうか評価する段階にある治療・手術等のことで、厚生労働大臣が定める評価療養(保険導入のための評価を行う医療技術)の1つで保険診療との併用が認められております。
したがって、評価の結果、保険診療へ導入され先進医療でなくなるものや、保険診療への導入が認められず先進医療から削除されるもの、新たに先進医療に認定されるものなどがあり、その時々によって先進医療の種類は変わっていきます。

○ 先進医療の費用負担は
先進医療を受けるときは診察、検査、投薬、入院料等は一般の保険診療と同じ扱いで、高額療養費制度の適用も受けられます。
しかし先進医療に係る費用(技術料)については全額自己負担となります。
先進医療の費用負担の一例としては、重粒子線治療約300万円、陽子線治療約260万円、水晶体再建術約50万円となります。
先進医療が受けられる医療機関は全国でも重粒子線で4施設、陽子線で10施設のみです。(平成28年1月現在)

○医療保険・がん保険の医療保障特約

民間の保険会社が提供している医療保険やがん保険に付加することができる先進医療保障特約は、全額自己負担となる「先進医療に係る費用(技術料)」の部分を保障します。
医療保険に付加する先進医療保障特約は、治療全般に係る先進医療を対象とします。
一般に通算2,000万円までの保障に対する特約保険料が月額100円~200円程度で済みますので自己資金の負担が難しいと想定されるのであれば保険を活用してみてはいかがでしょうか。【釧路 AFP 佐藤】



この記事をはてなブックマークに追加

ほじゃさぽ通信 冬号 2016

2016年12月01日 10時49分39秒 | 保険のつぼ
保険のつぼ

【 1月1日から地震保険が改定されます 】

2016年4月14日熊本県を中心として、大規模な地震(熊本地震)が起こりました。土砂崩れや家屋の倒壊など被害状況が報道されるにつれ、改めて地震の怖さを感じた方も多いのではないでしょうか。

地震が発生した場合の対応策の一つに住宅向けの建物・家財を対象とした地震保険がありますが、地震保険は建物を建て替える目的ではなく災害後の生活の安定に寄与することを目的としています。
地震保険は、火災保険とセットで加入しなければならず、地震保険単独では加入できません。火災保険金額の30%~50%で保険金額を設定し、地震保険加入限度額は建物が5000万円、家財が1000万円までとなっています。
この地震保険は平成29年1月に制度が一部改定になりますが、そのポイント下記の3つです。

①損害区分

地震保険で支払われる保険金は被害の程度によって分けられます。
平成29年1月改定前は3つの損害区分でしたが、改定後は全損(保険金額の100%)、大半損(保険金額の60%)、小半損(保険金額の30%)一部損(保険金額の5%)の4区分となります。


②地震保険料率

都道府県および建物の構造により改定率は異なりますが、多くの場合保険料が引き上げとなりますが、北海道の場合は引き下げになります。
例えば木造住宅の場合は改定前の保険料率に比べて東京都は+11.3%、福島県は+14.6%、北海道は-7.5%となります。


③割引確認資料の拡大

割引の適用条件を満たすことが出来れば地震保険料の割引が適用できるのですが、改定後は条件を満たす確認資料の範囲が簡略化されます。
例えば建築年割引の記載がある保険証券等を確認資料とする場合、今まではその保険証券等に新築年月の記載が無ければ適用できませんでしたが、記載が無くても適用できるようになりました。



昨今、地震の可能性が低いと言われていた地域でも大きな地震が発生しており、いつ何処で地震がおきるのかその予測は大変難しいものです。
万が一の備えとして地震保険が果たす役割を確認してみてはいかがでしょうか。           【北見 水戸部】



この記事をはてなブックマークに追加

ほじゃさぽ通信 冬号 2016

2016年12月01日 10時38分42秒 | コーヒーブレイク
【はっかの日】




北見市といえばハッカで有名です。

明治35年頃から生産が始まった北見ハッカは昭和14年に全盛期を迎え、当時世界シェアの約7割を占めていました。

平成19年には経済産業省より日本近代化産業遺産として認定され、同敷地内の薄荷(ハッカ)蒸留館ではハッカの蒸留実演を見ることができます。

冬期間(12月上旬から3月下旬まで)の実演は10時~12時と13時~15時の2回。
蒸留館内には北見市内で栽培された和種のハッカを乾燥させたものが壁一面に積み上げられ、ふんわりとしたハッカの香りに包まれながらスタッフさんのお話を聞くことができます。

記念館で展示されている機械類の数々が日本国内で造られたものであることも興味深い見どころのひとつです。
また、この記念館では毎月第3日曜日を「はっかの日」としてミントティーやミントウォーターなどの配布サービスが行われております。

白い雪に包まれる冬、ミントティーでほっこり温まってみませんか?         【北見・水谷】



【世界3大夕日】





インドネシア・バリ、フィリピン・マニラ、そして日本の北海道・釧路。
この3都市が夕日の美しい世界3都市といわれています。

かつて世界の港を転々とする船乗りさんの口コミが発祥のようです。

太陽の色は、空気中のチリや水蒸気などの反射で変わります。
海に沈む夕日が赤く見えるのは大気に含まれる水蒸気の影響ですが、釧路の場合は海だけでなく湿原の水蒸気もプラスされ、また緯度が比較的高いため夕日の入射角度が深くなり、きれいなオレンジ色の夕日が見られます。

日照率が高く、空気が澄む秋や冬は特に美しくお勧めです。【釧路 高橋】



【住宅修理に関するトラブルに注意を!!】


「保険金が使える」という住宅修理サービスでのトラブルが増えています。

怪しいと感じたら、早い段階で最寄りの消費生活センターや火災保険の引受保険会社・代理店に相談しましょう。





この記事をはてなブックマークに追加

ほじゃさぽ通信 秋号 2016

2016年09月02日 18時53分47秒 | いなかFPのつぶやき
いなかFPのつぶやき

【 お薬手帳を忘れると薬代が高くなる? 】


2016年4月から公的医療の診療報酬が改定され、薬局に薬を貰いに行くときに「おくすり手帳」を持参しないと、薬局に支払う自己負担額が多くなりました。

おくすり手帳とは、いつ、どこで、どんな薬を処方してもらったかを記録しておく手帳のことです。

調剤薬局で発行し、医師や薬剤師がこの手帳で服薬状況を確認することで、薬の飲み合わせや、重複投与を防ぐ目的を持っています。また、余計な薬を減らす事にもなり、医療費の適正化にもつながる側面がありました。
しかし、今回の改正が行われる前の診療報酬体系では「おくすり手帳を利用しない方が、医療費が安く収まる」ものでした。
このため実際には手帳を持っているにもかかわらず意図的に手帳を提示しないという、本来の治療・管理のためには好ましくない弊害が発生していました。


今回の改定では、おくすり手帳がない場合の管理指導料を500円とし、一方おくすり手帳を持参した場合は380円に引き下げ、お薬手帳を持ってくる患者さんが経済的なメリットを得られる様にしました。
このため、窓口負担は自己負担割合1割であれば約10円、3割であれば約40円の差が生じる様になりました。
ただし、管理指導料が減額されるのは6か月以内に同じ薬局で調剤を受けた場合のみです。
6か月以上来局していない場合や、別の薬局で薬を処方されたときの管理指導料は380円ではなく500円になります。
また、大病院の前にある、いわゆる大型門前薬局と呼ばれる薬局では指導管理料は500円となります。


また、今回の改定でスマホアプリを使った「電子版」のお薬手帳を使用した場合、紙の手帳と同様に扱われることになりました。

ちょっとしたことですが、回数を重ねるとそれなりの出費になってしまいます。
薬局に行くときはおくすり手帳をお忘れなく。

【釧路 AFP 髙橋】



この記事をはてなブックマークに追加

ほじゃさぽ通信 秋号 2016

2016年09月02日 18時50分53秒 | 保険のつぼ
保険のつぼ

【 治療は在宅医療へシフトする傾向 】

日ごろから、食生活や健康増進にいくら気を配っていても、突然の病気やケガは、だれの身にも起こる可能性があります。
もし、入院した場合に心配なのが、病院での不自由な生活だけでなく、長期入院による治療費や差額ベッド代など、経済的な負担が重くなることがあげられます。

ただ、最近は医療機関での入院日数が短期化する傾向にあります。

厚生労働省「平成26年(2014)患者調査」によると、退院患者の平均在院日数(入院日数)は31.9日で、平成2年(1990)と比べて24年間で13日も短縮しています。
この理由は医療技術の進歩によって長期間の入院が必要なくなったことや、高齢化で膨らみ続ける医療費を抑制する国の政策もあり、入院から在宅医療へとシフトしていることが背景にあると考えられます。

しかし、年齢や病気の種類によって入院日数も違ってきます。

年齢別では、15~34歳が12.0日であるのに対し、35~64歳が24.4日、65歳以上が41.7日、さらに75歳以上になると47.6日と、年齢が上がるに従い長期化する傾向にあります。
また、脳血管疾患89.5日、慢性腎不全62.9日、高血圧性疾患60.5日など、一部の病気では平均よりも長い日数となっています。

病気やケガに対する備え(医療保障)は、こうした最新の医療事情を踏まえつつ、入院が長期化した場合の収入減などへの対策もあわせて検討する必要があります。
【札幌 東海林】




この記事をはてなブックマークに追加