ウエスティーに猫な日々

趣味のゴルフとボーリング、読んだ本の感想と我が家の犬と猫の話。
ほか、日々のちよっとした独り言。


「 さよならをするために 」   唯川 恵

2017-06-19 22:59:00 | 
      「  さよならをするために 」   唯川  恵

            

五つの恋が壊れていくありさまを切なく描く恋愛小説。
一つの恋が終わり、思い出にして新しく前を向いて歩く女性たち。
「 さよならの贈り物 」「 さよならを言わせて 」「 背中でさよなら 」「 さよならの向こう側 」「 やっと言える、さよならが言える 」の5編。

作者の初期の作品で、今の女性達に当てはまらないかも分かりませんが、作者と年代が近い私は、5つの恋の始まりと終わりに『 この切ない気持ち分かるわ~ 』と共感。
ビリーバンバンの「 さよならをするために 」の曲が頭に浮かびました。

恋は或る日突然簡単に始まります。 でも終わりは様々で、片方が冷めたり、相手に新しい恋が始まったりで、同時に終わるとは限りません。
あんなに好きだった仕草が嫌になったり、何気ない一言が許せなかったり、誰かが蕎麦の食べ方が、、、なんて言っていましたね。( 笑 )
年代によっても、付き合いの度合や年月によっても変わりますが、一方的な別れは悲しく辛いものです。 
相手を傷つけずに上手く別れを告げないと、後が修羅場になることも。
若い彼女たちには、まだまだ新しい出会いがあり、さよならは次の恋の始まりです。 

解説を大好きな阿刀田さんが書いています。 
唯川恵さんは1984年にコバルト・ノベル大賞で入賞して作家の第一歩を踏み出されたそうで、その時の選考委員が阿刀田さんだったそうです。
若かりし頃を思い出し、思い出に浸り、ちよっぴり若返りました。


       ぽちっと、ひと押しお願いします。
       にほんブログ村 本ブログ 読書日記へにほんブログ村
  
     ありがとうございます。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「 22年目の告白 ー 私... | トップ | 健康診断 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。