ウエスティーに猫な日々

趣味のゴルフとボーリング、読んだ本の感想と我が家の犬と猫の話。
ほか、日々のちよっとした独り言。


「 猿の見る夢 」  桐野 夏生

2017-04-06 00:41:10 | 
      「 猿の見る夢 」  桐野 夏生  

         

新聞のベストセラーの欄に載っていたので図書館にリクエスト。 やっと読めました。
真っ赤な気味の悪い表紙。インパクトありすぎで、なるべく見ないようにすぐに本を開きます。 すぐ読めました。
「 二兎追う者 」「 狸の皮算用 」「 蛙の行列 」「 猫に鰹節 」「 犬の遠吠え 」「 猿の水練 」「 逃がした魚 」
~~~~~~
薄井正明59歳。13年前、大手銀行の東京CSU銀行から女性衣料の「 OLIVE 」の財務担当取締役に出向。 
今は会長に退いているが、社長だった織場(80歳)に引き抜かれ、当時は上場したばかりの会社も、今や店舗数は百余、売り上げは二千億円越えの大手ファストファッションチェーンに成長。

会社では、会長の娘婿の福原社長のセクハラ問題に奔走。 外では、十年来の愛人・田村美優樹(46歳)との付き合い。 
家では、妻の史代が、夢見でお告げをする占い師・長峰を家に住まわせ相談事をしている。
愛人問題、遺産相続問題、会社のもろもろの問題が勃発。 毛嫌いしながらも、長峰が薄井に告げる夢のお告げに翻弄される。
~~~~~~
「 週刊現代 」に連載されていたもので、作者が「 これまでで一番愛おしい男を書いた 」と、書いておられますが、私には情けない男に感じました。
愛人の美優樹に、 みゆたん と甘えてメールをし、会長秘書の浅川真奈に心惹かれると、愛人と別れてどうにかうまくいかないかと企み、頭の中は色気だらけ。
母親の面倒は妹夫婦任せで知らん顔で、亡くなれば、長男として遺産をもらうべく母親の遺言書をこっそり破り捨てる。
世の男性方とは、こういうものなのかしら? 余りこういう方との付き合いがないもので、なにか、スマートさが足りないような気がします。
社長の福原はゲス男だし、秘書の真奈は嫌な女性。でも男性は下心があり、こんな女性に惹かれるんだな。 私なら会長に真実を話してしまいそう。  

長峰さんは、夢のお告げで漠然としたワンポイントアドバイスが50万、3つ相談すると150万。それに手数料100万他。
妻はのめり込んでいき、疑っていた薄井もいつしか少し信じそうになっていきますが、読んでいて怖くなってきました。

「 見ざる・聞かざる・言わざる 」のほかにもう一つ、「 せ猿 」があったのを知りました。

長峰のお告げは何だったんでしょうね。 田中さんは何処へ行ってしまったのか? 薄井はこれからどうなるんでしょうか。
「 猿の見る夢 」ですが、最後は、まるで狐につままれたように終ってしまいました。


           ぽちっと、ひと押しお願いします。
       にほんブログ村 本ブログ 読書日記へにほんブログ村
  
     ありがとうございます。

  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あべのハルカス グランドオ... | トップ | ボーリング大会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。