ピアノ教室 アトリエムジカ

  Atelier Musica♪(徳島県鳴門市)
~こどもの夢とともに歩むピアノ・リトミック教室~

「展覧会の絵」2017春 大英自然史→ティツィアーノ→雪村→シャセリオー

2017年06月02日 | エキシビション(展覧会)


   

   
   東京国立科学博物館「大英自然史博物館展」

   毎回上野には来るけれど、科学博物館は今回が初めて。
   さすが東京。平日でも人が並んでいる。展示室もすごい人だった。
   
   探検家や学者の命をかける情熱というか、信念を感じる。
   

   

   始祖鳥というありがたーい標本も見た。
   
   なんて不思議なんだ。生物とは。
   めまいがするほど多様性に満ちている。
   花も鳥も絶滅してしまった生き物たちも。

   そして信じられないことに、現在でも多様な生物は見られるけれど、
   それらはこれまでに地球上に存在したすべての生物種の1%に満たないと!!


   

   
   東京都美術館「ティツィアーノとヴェネツィア派」展

   
   ヴェネツィア絵画について頭の中がスッキリと整理できた。
   
   ベリーニ(アントネッロに油彩の影響など受ける)
   ティツィアーノ
   ティントレット、、、そしてヴェロネーゼへと受け継がれる系譜。

   BGMはティツィアーノを重用したドーシェがフランドルから招いて
   重用したアルベルト・ヴィラールトの音楽などが楽しめた。


   
   東京芸大美術館「雪村ー奇想の誕生ー」展

   これが戦国時代の絵なのか、、、と思うほどゆるかったり、
   鳥の目や態度(ほんと豊か!)がおもしろすぎて笑いそうになったり。
   
   波とか竹がまるで妖怪のような、なんか磁力をもっていそうな怖さがある。

   怖くておもしろくて、なんか すごくイケてる。


   

   国立西洋美術館「シャセリオー』展

   最後はシャセリオー。さらっと見れるかなって思ってたけど、無理だった(笑)
   古典主義を思いのほか早く逸脱し、ロマン主義に。

   自分の思想や感情を神話の人物に投影し、象徴として描いていく。
   モローやシャヴァンヌにこんなにも影響を与えた人がいたのかーと驚いて
   しまった。シャセリオーの絵をいくつかは知っていたけど、こうやって
   エキシビションで集中して見られるのは本当に貴重な機会だった。

   

 
  

   

  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「展覧会の絵」エリザベス・... | トップ | 「展覧会の絵」2017年春... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。