モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

中高生に『針路』の描き方を…

2016-09-30 22:38:34 | 学生

菅原です。展覧会中10月6日(木)19:00~21:00の学生対象ワークショップ『針路の描き方』の内容をご紹介をします。

~目標をもって進路を選択し、自らの力を発揮できる未来の実現を。情報社会の発達に伴い、将来が安定しなくなった社会。近年、日本でも「生きる力」の必要性が叫ばれ「キャリア教育」が求められるようになりました。しかし「とりあえず偏差値の高い大学へ /大企業へ」といった偏差値主義はいまだおとろえぬまま。受験勉強と部活に追われ、社会を知り自分を振り返るきっかけが少ない中高生が自分自身と向き合い、自分は社会にどのような価値を提供できるかを考える機会を、私の所属するサークル代表/東京大学・慶應義塾大学の学生達と共に作ります。~

そもそも私がなぜこの団体の活動に興味を持ちワークショップをお願いするまでに至ったかと言いますと、ミオスの生徒との会話で引っかかることがあったからです。
「絵が好きだから美術系に進学します」と聞いたはいいものの、「好き」だけのモチベーションで仕事ができるのか?絵を描く仕事といってもたくさんの職種があるけど、その中で何がしたいか今からきちんと考えていたら受験する学部も違ってくるし…。そもそもこの子は美術系以外の選択肢を一度も考えたことがないんじゃないか?今一度そういったことを考える機会が必要なんじゃないか、とぐるぐると考えるようになりました。
そんなことを考えている最中この団体の方と知り合いこの活動を知り、絶対にみんなのためになると思い、お願いしたのです。
 
ここからは経験談になってしまうのですが「そんなもん聞いてないよ!」と言わず、とりあえず聞いてください。笑
私も小学生からずっとミオスに通っていて、絵が得意でした。
美術系に進んだ人たちと同じように、クラスで言う「絵が上手い子」で、修学旅行のしおりの表紙やポスター等、なにかと頼まれたものです。そうして絵が上手い子として生きていたら、自然と私は絵を描く仕事に就くんだと思うようになりました。
しかし高校生の時、心理テストのような適正職業診断を受けさせられたのですが、そこに一番に出た職業は教師でした。改めてその診断を自分から検索してやってみても、出るのは決まって教育者。
私はかねてから学校の先生という人たちがあまり好きではなかったし、「ええ?私のようなちゃらんぽらんが先生なんて。なんでクリエイターって結果が出ないの?」と不服に感じていました。
そして美術系の専門学校に入り小原先生と奇跡的に再会し、こうしてアトリエミオスでアルバイトをさせて頂くようになって、先生としてのやりがいや魅力を知り「自分にはこういう選択肢もあったんだ」と初めて思えるようになりました。
未だに自分は教職が向いているな、という意識はあまりないのですが、大人から子供までいろんな人と触れ合えるこの環境はとても勉強になっているし、私は自分で思っているよりも人とコミュニケーションを取るのが好きな人間なんだという大きな発見がありました。
それは、小原先生から「先生やってみない?」とお誘いを受けた時に、私が頑なにクリエイターにこだわり「先生なんてやりません!」と突っぱねていたら、気付けないことでした。
だから、ミオスに通うみんなにも、自分の得意な絵だけではない自分の新しい可能性を探してみて欲しいと思ったのです。
…とまぁ私の話が長くなってしまいましたが!団体の行っているカリキュラムはこのようなものになっています!

1.未来の自分を考えるワーク
「なりたいもの」と「やりたいこと」は違う。
将来の夢について考えるとき、「職業」から考えがちです。
そこで、架空の街の地図からたくさんの職業を探し出し、「それが何をしているのか」を考え、職業ではなく、まずは自分がありたい姿、やりたいことを見つめ直します。

2.次の一歩を考えるワーク
将来の自分に近づくためにすべきことはなんだろう?
「未来の自分について考えるワーク」で見つかった「将来の自分」を緑の生い茂る「畑」に見立て、そこにたどり着くには「どんな肥料や水が必要だろう?」と問いかけます。
ありたい自分に近付く次の一歩を考えるだけでなく(例:本を読む)、それを本当に実行するために何ができるのか(例:家ではできないから、図書館に行く!)というところまで考えます。

3.最終発表
「将来自分は何がしたいのか」「そのために何を始めるのか」「このワークショップで気づいたこととはなんだったのか」
それぞれが自分に真っすぐに向き合えたかどうかがわかる発表になることが理想です。

今まで私が携わったワークショップでの体験では、全く意見が言えなかったグループワークで、生き生きと話せるようになったり、自分が発言するだけでなく、意見が出しにくい子も巻き込みながら話し合いを仕切れるようになったり、大学の学問の話を聞き、今まで思いもよらなかった疑問でいっぱいになったり、「これがやりたい」と、自信を持って言い切れる夢をみつけたり、自分の弱い部分と向き合い、それを認められるようになったり、と、初めて会った時とは全く違う顔つきをしていたのが印象的でした。ミオスでも、そのような成果がみられるワークショップになるよう、頑張ります!

※定員に達しておりますので、今後の参加申し込みは承っておりません。また、学生達にリラックスして意見を出してもらう為、部外者(保護者を含む)の見学はご遠慮頂いております。ご了承下さい。

団体HP/ http://unicul-lab.net/

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 異世界のお城 | トップ | 公開講評会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

学生」カテゴリの最新記事