笑顔のエスプリ

イギリス人女性の言葉 『笑顔で作ったお菓子は食べる人を笑顔にします』
美味しいお菓子でコミュニケーションを!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週末にチャレンジ! パンプキンプリンを作ろう

2012-11-09 20:50:21 | スイーツ

カボチャの美味しい季節

食物繊維が豊富でカロリー控えめの

パンプキンプリンを作ってみましょう

 

今日 紹介するレシピは

私の大先輩になる 藤野真紀子さんのレシピを

アレンジしたものです

 

パンプキン プリン(16㎝径の丸型)

 

カボチャ 茹でて皮をむき裏ごし  500g

三温糖               60g

ラム酒           大匙  1

シナモン          少々

全卵            1

卵黄            3

生クリーム         1/4カップ

牛乳            1カップ

 

カラメル   グラニュー糖  75g  お湯 大匙 3.5

 

カラメル・セックを作る

(セックはフランス語で「乾いた」という意味で、スタート時に水を加えない方法です)

① 小さなお鍋に砂糖を入れて中火にかける。

   しばらく触らずに見ているとふちから砂糖が溶けてあめ色になる

   その溶けた部分に木べらで乾いた砂糖を溶かし込むようにして

   全体を溶かす。(終始 火加減は調整すること)

② 小さな泡がふつふつするころにはカラメルの香りになるので弱火にして

   そこにお湯を加える。 この時 かなり高温になった砂糖が

   急に冷めて激しく湯気がでるので やけどに注意してください

③ できたカラメルを型に流し込み冷ます

   固まったら型の内側にサラダオイルを塗っておく

 

フィリングを作る

①  カボチャを茹でて粗熱が取れたらスプーンで皮をはずす。

   カボチャは裏ごしして三温糖を加えてよく混ぜる

②  ラム酒、シナモンを加えてよく混ぜる

③  たまごと卵黄もときほぐして3~4回に分けて加えて

    その都度 よく混ぜる

④  生クリームを加えて混ぜ、次に牛乳も加えて混ぜる。

⑤  オーブンを160℃に予熱、お湯を沸かし始める

⑥  カラメルを入れサラダオイルを塗った型にフィリングを流す

⑦  お湯を張ったバットに型を入れ 160℃で 40~50分焼く

    竹串で焼け具合をチェック

⑧  完全に冷めたら冷蔵庫で半日~一晩冷ます

型から外す方法: 

型の底をお湯にさっとつけてカラメルを少し溶かし、

型の周りをパレットナイフで一周して型から外す

皿をかぶせて、ひっくり返す

                                       1/8量で 148kcal

 

裏ごしが力仕事で面倒に感じると思いますが

これをしないと口当たりが悪くなります

チャレンジャーのご報告をお待ちしま~す

ガンバ

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絶品ロールケーキで作る白いブッシュドノエル

2011-12-20 13:23:51 | スイーツ

ブッシュ ド ノエルを作ろう~!

2011-12-20 11:51:30 | スイーツ

今日は朝からねじり鉢巻きでケーキ作り 

気合いが入っています

美味しくできるロールケーキを

太っ腹にも大公開  

 

   

 

材料 

バター     25g

中力粉     35g

牛乳      45cc

全卵      1/2

卵黄      2個

卵白      2個

砂糖      30g

 

下準備:型に薄くオイルを塗りクッキングシートを敷く

    イチゴは中に入れる分と飾る分を分けておく

 

 

 

作り方

 お鍋でバターを溶かします

 ふるった小麦粉を溶かしたバターの中に入れ

 よく混ぜます。この時バターは熱くても構いませんが

 火からは下ろしてくださいね

 

 

 

 ②に牛乳の半量を加えて混ぜます。 

よく混ざったら残りも混ぜます。

 全卵 1/2量と卵黄2個を合わせてほぐし

 ③の中に 3回に分けて混ぜます。

 

 

 別のボールに卵白と砂糖を入れて泡立てます。

  この時 初めはさらっとした泡になり、

  その後も泡立てると

  もっちりとした光沢のあるメレンゲになります。

  そこまで頑張ってください。 

  もっちり洗顔クリームをネットで泡立てた感じかな…

 

 

 

 メレンゲの1/3量を ④に加えて泡を潰さないように

  優しく混ぜます。 混ざったら残りも混ぜます。

 

 

 

 クッキングシートを貼り付けた型に流して

  2~3回トントンと軽く台にたたいて

 大きな気泡を抜いたら190℃のオーブンで

20分間焼きます

 

 この時 天板は2枚重ねて、

 下に水を入れたバットを置きます

 

 

 

 

 

焼き上がったら粗熱を取り

堅く絞った濡れ布巾で覆います

  

完全に冷めるまでの間に

生クリーム 200ccに お砂糖 20~25gで

ホイップしておきます

お砂糖の量はイチゴの甘さで加減して下さい

今日のイチゴは酸っぱいので 25g入れました。

 

スポンジの端を少し切ります

  斜めにカット

 

生クリームとイチゴをのせて巻きます

 

両端は経ち落として味見用

 

周りにもクリームを塗ります

自然な感じにパレット跡が残ってOK

あとは飾り付け

これは自由です

 

 

ミントは狭いベランダで栽培しています

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

パンを焼くよ~

2011-11-20 11:11:04 | パン

学生時代の友人からメールが届きました

彼女は まめにお菓子やパンを焼く人です

その彼女いわく

パン作りは その昔 私から教わったと…

今考えると冷や汗ものであります…

 

ブログのアドレスをお知らせしたら

さっそくソフトフランスを作ってご家族に大好評だったそうです

 

調子に乗って 私が良く作る

アレンジしやすいパンのレシピを公開しようと思います

        

基本となるパン

  材料: 強力粉     300g

       砂糖       25g

       塩         4g

       イースト菌    5g

       たまご 1コ + 牛乳で 100cc

       水         100cc前後(気温・湿度で変化)

       バター      25g

 

全粒粉+ライ麦入りパン

       強力粉   200g

       全粒粉    50g

       ライ麦     50g

  (この比率は 変えてもOK。例えば150g+100g+50gとか…。)

       砂糖      15g

       塩         5g

       イースト菌    5g

       たまご+牛乳で 100cc

       水           80cc

       オリーブオイル   大匙 1

作り方

① ボールに強力粉・砂糖・塩・イーストなどの粉類を入れる

  (この時 塩とイーストは相性が悪いのでできるだけ離す)

② 粉を山状にして くぼみを作り、 そこに水分を入れる

③ 捏ね始める

④ 生地がある程度混ざったら バター(オリーブオイル)を入れ、

  約 8分 力をこめて捏ねる。

** 生地の端っこを両手で少しつまんで広げて見て 薄く拡がって

  ボコッと穴があいたらOK

⑤ 一まとめにまとめてボール全体をビニール袋などで覆い

  40度位になる環境に 40分放置 (一次発酵)

もし室温が低いようなら 一回り大きなボールに 45度くらいのお湯を入れて その中にパン生地が入ったボールを浮かせて その全体をビニール袋などで覆う

⑥ 発酵をチェックするには 人差し指に小麦粉をつけて

   生地に差し込む

   おへそのように凹めばOK

⑦ ボールから出してガス抜きをする(優しく押す)

⑧ 成形して天板に並べる (間をあけること)

⑨ そのまま 10~20分くらい休ませる

⑩ 刷毛かスプーンで牛乳を塗って 200度のオーブンで

  美味しそうなきつね色になるまで焼く

  

アレンジ

その1: パン生地を12等分位に切り分けて丸め、

      麺棒で延ばして チーズやハムを入れて丸める

その2: 上と同じ要領で 甘納豆を入れる

その3: なかに入れるものとして 塩茹でしたジャガイモと

      溶けるチーズを入れて しっかり包む → これ

      我が家族のお気に入り

      

      全粒粉の生地でジャガイモ&チーズを包んだもの

            ジャガイモが インカの目覚めだと尚美味しい

      

 

是非 次のお休みには 

スローフードのホームメイド パンを楽しんでください 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週末にチャレンジ パンを焼こう!

2011-11-05 14:04:33 | パン

焼き立てのパンの香りが

お家を満たすのは

幸せの象徴のようなものだと

私は思います

 

パンを焼くとなると

大事のように構えてしまいがちですが

慣れれば実に簡単で楽しい

ちょっと時間がかかるだけです

 

今日のパンは 

『Keep on smiling ... 明日も笑顔で』にも載せた

ソフトフランスパンです

 

 

 

 

材料

フランスパン用小麦粉(中力粉)    200g

塩                        2g

砂糖                      12g

ドライイースト菌                4g

ぬるま湯                   128g

 

作り方

1: ボールに粉類を入れて中央をへこませておく

2: ぬるま湯を入れて捏ねる

3: 8~10分捏ねたところで 生地を指先でつまんで

   ゆっくりと引っ張って拡げて見る

   薄く延びて ポコッっと穴があくようならOK

4: 生地を丸めてボールに入れる。 オーブンに発酵機能が

   あれば 発酵に合わせて40分間。

   発酵機能がない場合は、 一回り大きなボールに 45℃くらいの

   お湯を張り(少し熱く感じる温度) その中に生地を入れた

   ボールを入れて、 未使用のごみ袋のようなもので

   すっぽりと覆って 40分発酵させる。

   室温が低い場合は途中でお湯を取りかえる。

5: 指先に小麦粉をつけて生地の中央にさしてみて

   おへそのように凹めば発酵はOKです。

   この時点で 発酵前の倍くらいのかさになっています。

6: 生地を作業台の上にのせてガス抜きをします。

   ゆっくりと両手で転がすと 弾力のある塊になります。

7: スケッパーもしくは包丁で適当な大きさに切り、

   丸めて 堅く絞った濡れ布巾を被せて10分くらい休ませる。

8: そのまま、 もしくは好みの形に成型して天板に並べる

9: 表面に霧を吹き 200℃のオーブンで小麦色になるまで焼く。

 

これはシンプルな味のパンです。

いろいろな素材が入っていないので

失敗したとしても損害は知れています。

是非 お試しくださいませ

 

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

レモンクリームのタルト

2011-10-20 17:55:17 | スイーツ

横浜時代 スイーツの大好きなドクターに

個人レッスンをしていました

その時の様子です

レシピを公開しますので

週末にチャレンジして見て下さい

昨日のドクターのクラスで作りました

古いレシピで

今となっては出所も不明です…

だから

ひょっとして 誰かの盗作かもしれない…

お心当たりの方がいらしたら ごめんなさい

けど

おいしいから やっぱり発表しちゃいます

 

     

       ドクターの作品 (以下 写真はドクターの作品です)

      生地が実にサクサクで おいしそうでした~

 

下準備: ピスタチオを熱湯に入れ、 皮をふやかして剥き、

      刻んでおく

タルト生地

  小麦粉       100g

  バター(加塩)    60g

  たまご        1/2こ(たまごの大きさで加減)

作り方

① ボールに小麦粉を入れ、 冷えたバターを細かく切って加え

   指先で混ぜ込む 

② たまごを加えて、 一まとめにしてラップで包み冷蔵庫へ

   必ず 生地は寝かせてあげてくださいね

③ タルト型より一回り大きな型で抜いて、 

   バターを塗ったタルト型に敷き、 クッキングシートをのせて

   その上に重しをのせる

④ 200度のオーブンで10分、 重しを除いて更に5分焼く

       

 

レモンクリーム

材料

  卵黄       2個

  レモン汁    60g

  無塩バター  20g

  砂糖      80g

  生クリーム  100g

  アプリコットジャム  適量

  ピスタチオ      適量

作り方

① 小さめのお鍋に 卵黄、 レモン汁、 バター、 砂糖を入れて、

   弱火で混ぜながら沸騰するまで煮て、 こして冷ます

② 生クリームを8分くらい泡立てる(少し緩め)

③ ①と②を合わせる

④ ジャムは加熱して滑らかにのばしたら 焼いて冷ました

   タルト台の内側に塗る

⑤ ③でできたクリームを詰めて、 ピスタチオを飾る  

 

よく冷やしてお召し上がりください 

このレシピを見て 作られた方

ぜひ ご感想を

一人じゃ自信ない方…

アトリエさくらでお教えします 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加