日野市でヘアエピテーゼ医療用ウィッグ・医療用かつらを製作する再現美容師のブログ

日野市・立川市・八王子市・多摩市 NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会認定プライベートサロンのle trefleです。

アレンジが出来るのがいいですね ♪

2016-09-15 | 医療ウィッグ製作 ・ カット
こんにちは、日野市の再現美容師、ル・トレフルの池田友季子です





先日、
『今使っているウィッグはホットカーラーを巻いたり帽子を被ってもダメなのよ〜』と、アレンジが効くヘアエピテーゼウィッグに魅力を感じて今回ウィッグ作製のためにアトリエにSさまがお越しくださいました



週1の抗がん剤で脱毛がすぐには始まらないものでしたが、病院からは2週間後には脱毛が始まるからと早くウィッグを作る事を勧められたそうで、Sさまはご自髪をかなり短くされて他社ウィッグを着用されていらっしゃいました。

Sさまの髪を触ると毛が抜ける感じもなく、まだご自髪で過ごせたとは思いますが既にウィッグ生活をされていたので、この残暑と慣れないウィッグで暑かった事でしょう



外見を左右するウィッグは、綺麗にまとまっていればそれはそれで被るだけでお手入れ要らずで楽チンなのですが、ずっと同じになってしまうので気分転換やオシャレで雰囲気を変えたいときもありますものね



現在お使い中のウィッグのスタイルより少し長めのショートボブに仕上げて、巻いたりアレンジがしやすいスタイルでお作りしました。


脱毛が進んで少し被り心地が変わったらサイズ調整でお越しくださいね







しかし、この日はアトリエの横で道路工事があったため、目の前の道路が午前中通行止めとなってしまいました

いやーすごかった!
音も!振動も!工事の人の数も!

アトリエの入り口を開けると目の前の狭い路地でショベルカーが削ったアスファルトをトラックに積んでる風景が見え、トラックの荷台に乗せたままアスファルトを叩き割ってる様子も見学出来ました
アトリエの植木も一緒に持って行かれるんじゃないかと思うくらい近かったですよぉ〜。

ほんと、Sさまには作製中は大変な思いをさせてしまいました

帰る頃には工事も終わってて、初めてご来店のSさまは『あら!ここ、こんな風景だったのねと、来たときと違っていつもの静かな住宅地に戻っていました



次、いらっしゃったときは工事はないと思うので安心してください






にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ

❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎
【医療用ウィッグ ヘアエピテーゼ】

NPO法人 ヘアエピテーゼ協会 ホームページ

抗がん剤治療の副作用での脱毛や脱毛症その他でお悩みの方に…

医療用ウィッグ ヘアエピテーゼでナチュラルで自然なヘアスタイルをお作りしております。

医療用ウィッグの制作・ウィッグ相談・自髪デビューに至るまでの様々なお悩みに対応しております。

完全予約制のプライベートサロンですので安心してご来店いただけます。

また、他社のメーカーのウィッグカットやサイズ調整も承っております。
(ウィッグによってはお断りをさせて頂く場合もございます。)


《医療用ウィッグと治療後のご自髪ケア専門のアトリエサロン》
le trèfle (ル・トレフル)
池田友季子


不定休
(お電話・メールでご確認お願い致します。)

東京都日野市旭が丘2-3-13
(P 1台有ります。)

電話 090-9830-2704
(接客中などで電話対応が出来ないことがございます。その際は折り返しお電話を差し上げております。)

メール info@atelier-letrefle.com
(メールでのご予約・ご相談も承っております。)
※携帯電話のアドレスに返信をご希望の方で迷惑メール設定をされている方は返信が届かない事もございますので、ドメイン指定受信機能をご利用の方はatelier-letrefle.comをご登録願います。

当店はアトリエ(個室)での完全予約制となっております。
電話及びメールでのご予約をお願い致します。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『私は美容室難民でした』 | トップ | 快適なウィッグ生活のために »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

医療ウィッグ製作 ・ カット」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。