アトリエ 籠れ美

絵画制作、展覧会、美術書、趣味、その他日常の出来事について
平成27(2015)年5月4日より

絵にサインをいれるべきかどうか

2017-05-31 05:53:33 | 画材、技法、芸術論
 結論から言うと入れるべきである。

 というのも、私は自分の下手な絵、つまり自分の納得のいかない絵、まだ自分なりの画風が確立されていない模索の時期の絵、に堂々とサインを入れるのには抵抗があって、ずっと入れてこなかったのだが(例外として石膏デッサンや鉛筆画には遊び半分に入れていたが)、そうするとひとつ重要な問題が起こる。

 それは自分の納得のいく絵が描けたとき、あるいは人に頼まれて描いた絵にサインを入れるよう求められたとき、いざサインを入れようとしてもこれがなかなか難しいのである。普段から描き上げた絵にサインを入れることをしていないものだがら、実際に入れようとすると、画面のどこに、どういうサインを入れるか、途方に暮れてしまうのである。

 これには私も苦い経験があって、実は親戚に頼まれて大きな絵を描いたことがある。新築した家の居間に飾る油絵を頼まれたのである。大きさはM40号だった。そして描き終えたら必ずサインするように言われていたのだが、そこではたと困ってしまった。自分の描いた油絵にサインなど入れたことがないものだから、四苦八苦し、ようやく入れたということがあった。

 私としては本当に自分が納得のいく絵が描けたときにサインを入れようと考えていただけに、また日曜画家が自作に堂々とサインを入れてあるのを見て、批判的な眼差しで見ていた私だが、この一件を通してサインを入れる、入れない、について見方が変わってしまった。

 そういうわけで、自分の描いた絵にサインを入れるのも訓練、サインを入れるのも練習なので、自分の作品にはどんどんサインを入れるべきである。ちゃんとサインを入れる練習をしておかないと、いざというときに本当に困ってしまいます。だから、わざとらしいとか、恥ずかしいとか思わずに、堂々と自作にはサインを入れましょう。

 付)とはいえ、自分の描き上げた作品を見て、どこにもサインを入れる場所がない、サインを入れると画面の邪魔をしてしまうなら、無理に入れる必要もないでしょう。

 注)参考例としてユトリロの作品を挙げておきます。彼の作品には大抵サインが入っていますが、画面の邪魔をしている、つまり作品を鑑賞していてサインが邪魔だなあと思うときが結構あります。だからサインを入れることに慣れておく必要はありますが、何でもかんでも入れればいいというものではありません。

 蛇足)私自身は、まだ全然サインを入れることに慣れてません。反省。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

玉乃光

2017-05-30 05:30:21 | グルメ、健康
酒魂 玉乃光 純米吟醸(720ml)988円+税
                 玉乃光酒造株式会社

 「日本最大 燗酒コンテスト 第七回最高金賞」という札がついていたので買ってみました(写真参照)。

 もちろん玉乃光は知っていましたが、そういえば飲んだことなかったなあ、ということもありまして。

 で、その味はどうかというと、まず面白いことに開封してにおいを嗅いでみると、すでにその時点で燗くさいという。それもかなり強いです。冷蔵するでもなく、温めるでもなく、ただ開栓しただけで燗酒のようなにおいがするのは珍しい。

 これなら「日本最大 燗酒コンテスト 第七回最高金賞」も納得と言いたいところですが、私はこの玉乃光は熱燗でも冷でもなく常温がお薦めです。一番おいしい。

 瓶の裏ラベルのおすすめの飲み方を見ると、冷やすか、ぬる燗か、上燗がお薦めらしい。冷はおいしくなかったし、温めるのも悪くないけれど、常温(このおいしい飲み方によるところの室温)で飲むのが好みでした。

 味はなかなか良かったです。コクがあるので、じっくり楽しめます。愛飲するとまではいきませんが、ということは私はコクのある日本酒は好きでないのかもしれませんが、確かワンカップであったと思うので、ときどき飲んで楽しもうと思います(ワンカップはいつも大関か、澤ノ井しか買わないもんで)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

M120号制作記その33.5

2017-05-29 15:26:42 | 絵画制作記
 まだ給与を銀行から引き下ろしていなかったので、駅前の銀行のATMまで行ったり、中美の年会費の支払いに振込み用紙を持って、これまた駅前の郵便局へ行ったりしているうちに、描き時を逃してしまった。よって今日は絵画制作しませんでした、スミマセン。

 駄目じゃん。何やってんすかねえ。早起きしたんですけど、このブログの予約投稿をいくつかしていたし、昼食後は今月号の将棋世界の棋譜並べをしてしまったし、ちゃんと描く気があるのか、やる気があるのかと疑われてしまう。

 まあしょうがない。今週末の土曜はちゃんと描かねば。やっぱり木曜の午前中と、金曜の午後がアルバイトで潰れてしまったのが大きいなあと実感した次第です。

 付)でもって今日はこれから立川で飲み会。今回はUさんは来れないかもしれないので、Iさんと私の2人だけになるかも。せっかくUさんの好きな「一休」にしたのにねえ。
 でも店に入れるのかなあ。今日は飲み物とつまみが半額だからね。満席で入れない可能性あり。まあそれならそれで別の店へ行けばいいか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ~第109週のカテゴリー

2017-05-28 04:56:17 | 付記、お知らせ
 来週の定期投稿(月、水、金)カテゴリーは「絵画制作記」「画材、技法、芸術論」「美術書全般、美術番組」の予定です。

 こぼれ話をいくつか。

 最近このブログ投稿の手違いが多い私。投稿日時を間違えたり、同じ記事を2度投稿したり、どうしちゃったのかしらん。右足の筋肉痛のせいなのか、それともアルバイトが長時間になったせいなのか。いずれにせよ深くお詫び申し上げる次第です。

 その右足の筋肉痛、正確には右尻の筋肉の筋の痛み、なんですが、右尻をかばって歩くため、右足のあちこちが日替わりで鈍痛になる始末。治りつつあるものの、完治には程遠い。響くのを恐れて右足を引き摺って歩くものだから、ついにアルバイト先のいろんな人に事情を聞かれる始末。
 そんな中、一昨日金曜の午後、ついにやってしまいました。ごみ捨てをするときに思いっきり小さな段差につまづき、右足に鈍痛の激痛が。これを繰り返すこと3回。ついに治り具合が完全に後退。上司に日に日に悪化しているのではないかと言われてしまった。
 勘違いされても仕方ないかも。治っていっているんですよ、でもね、このアルバイトは仕事中は歩き回るので、治りかけが治りかけでなくなってしまう。こればっかりはどうにもなりません。休日は自宅にいて、そうして右足を休ませていると調子がいい。つまり治っていっているのが実感できる。
 何とかならないかしらん。打つ手は打っているわけだから、後はただ治るのを待つだけ。問題はどれぐらい時間がかかるのか。来月末ぐらいで何とかなればと思っているところです。

 アルバイトが長時間労働になってから、今まで取らなかった昼食を取るようになったのだが、これが結構楽しみになってしまった。まるで学校の帰りに買い食いする中高生の気分。私は自宅生だから栄養のバランスを心配することなく、ひたすらカロリー摂取に走る私。安価な総菜パンを食いまくる。
 それにしても恐るべきかな総菜パン。すっごいカロリーあるじゃん。昼食を取りながら、袋のカロリー表示を見て驚嘆する日々を送っております。

 結局、あのウィンドウズ10の大型アップグレードは一体何だったのだろう。私は何が変わったのかさっぱりわからず。所詮、私の使っているような安価なパソコンではその新機能を味わえないんでしょうけど。
 この大型アップグレードって、定期的に行われるんですよね、確か。もうどうでもいいですよ、私は。私のような、ワープロソフトとネット検索、そしてブログ投稿ぐらいしか使い道のないパソコンの使い手には、どう変わろうが関係ないと見た。お好きにその大型アップグレードとやらをやってください。いいもん、別に(いじけるなよな)。

 給与が入ったのにまだ銀行から引き下ろせていない。だから財布に千円ちょっとしか入っていない。明日休みなので引き下ろしと通帳記入を済ませる予定。でもって今週ついに来てしまった、中美年会費の振り込み用紙が。これで3万円が消えていく。そして右足の痛みも治まらない中、月1回の飲み会が立川で催される。
 冴えなかったなあ、今月5月は(今日入れてまだ4日あるけれど)。来月6月こそはいい月でありますように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

M120号制作記その33

2017-05-27 15:57:29 | 絵画制作記
 3週間振りに制作再開。幸いさほど乾燥は進んでおらず(たぶんこれは湿度の関係だと思われる)、全体的に右隻は指触乾燥具合が今一つで、左隻は程よい感じでした。

 今日は2枚とも画面手前の主題となる事物に部分的に軽く手を入れただけ。久し振りなので2枚とも画面全体がどう見えるのか確認した程度。本格的な制作復帰は明後日になります。

 ひょっとしたら右隻は絵自体もうほとんど完成しているのかもしれません。それについては来週の月曜に最終判断したいと思っています。

 それと今日描いてみて右足の具合を確認してみました。多少長い時間立って描いていると鈍痛がしますが、その度に少し椅子に座って休めばまた描けるので大丈夫。大したことなさそうです。

 まだまだ描かないと2枚とも完成しませんので、というのも2枚とも画面全体がほぼ完成してから期限ぎりぎりまでしつこく手を入れ続ける方針に変わりありませんので、だいぶ遅れてしまいましたが、まだまだ時間はあるので慌てることなく着実に筆を進めていきたいと思っています。

 付)「第4技法テスト(油絵最終テスト)」のF6号2枚も制作が止まったままですが、こちらも近日中に再開いたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水彩模写「タンジールの狂信徒たち」

2017-05-27 10:37:20 | 石膏デッサン、模写、自分の絵

「タンジールの狂信徒たち」ドラクロワ
         透明水彩、水彩紙(B3)、制作年月不詳

 この模写のことはよく覚えています。今見ると大したことないですが、当時はよくここまで模写できたなと喜んでいました。もうこれが限界で、もうこれ以上は描けない、描き込めない、これ以上時間をかけるのは無理、と思ったものです。

 何のことはない、今ならこれ以上いくらでも描き込めますが、当時の私としては精一杯、限界まで描いてみたということなのでしょう。でもそれが大事。できるだけ頑張ってみる。やれるところまで努力してみる。

 能力ぎりぎりまでやったら必ず先が開けます。もっともっとできるようになります。そういうものなんですよ、これが。

 結構七面倒くさい絵なので、ここからさらに描き込むだけの余力は当時の私にはなかったということです。

 私が本格的に水彩模写にのめり込むようになった、私にとっては記念すべき大事な一枚です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「有名は無名に勝てない」は間違い

2017-05-26 05:46:39 | 画材、技法、芸術論
 「有名は無名に勝てない」とは、河井寛次郎の言葉なんですが、どうしてこういうことを言うかなあ。これは間違い。

 これに対する反論はたった一言で十分。それは「人類は美を増大させてきた」で、この言葉は「やさしい人物画」の著者として名高いA・ルーミスが同書の中で言ったものです。

 人類は長い年月をかけてあらゆるものに美を見出してきました。だからこそ誰が作ったのかもわからない大昔の雑器を茶道では名器として珍重してきたわけです。そうした雑器に美を見出した後世の人々、つまり私たちが偉いのです。

 「有名は無名に勝てない」というような考え方は根本的に間違っています。謙虚も過ぎれば卑屈になります。要注意です。


 注)私たち現代人は抽象画やキュビズムのみならず、今や現代美術と、ますます美の領域を押し広げているのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シャセリオー展

2017-05-25 05:15:56 | 展覧会、美術館、公募展
シャセリオー展
会期:2017年2月28日(火)~5月28日(日)、月休
会場:国立西洋美術館(東京都、上野)

 先週の今日、痛む右足を引きずって見に行ってきたんですが、結論から言うと無理して行くこともなかったです。

 というのもシャセリオー展と謳っておきながら、肝心のシャセリオーの作品の展示が少ないという、初の大回顧展にありがちな典型的な企画展。

 だから会期末に行ったにもかかわらず、写真のチラシがまだ会場で手に入ったという。もし盛況ならチラシはすでになくなっているはずで、これは見た人が期待外れであったことの証左でもある。

 「シャセリオー展」とせずに、「シャセリオーとその周辺の画家たち展」とでもすれば、つまり会場へ足を運んでくれるお客さんに嘘をつかなければ、もっと混んだはず。なぜならドラクロワやモロー、そして貴重なシャヴァンヌの作品も展示されていたわけで、西洋美術好きなら行って損はしないからで、個人的にはシャヴァンヌ見たさに行くべきじゃないかと。

 とはいえ、シャセリオーの作品も、そうはお目にかかれないわけで、何とも微妙な企画展です。一般向きともいえず、かといって通好みというほどでもない、シャセリオーの名は知られているわけで、かえってそれが仇となって、もうひとつ訴求力を生み出せなかったという感じか。

 いっそ思い切って「シャセリオー派展」とかしてしまえばよかったと思うのだが、そんな度胸というか、ある意味煽情的というか、そうした商魂たくましさは、さすがに持ち合わせていないか、国立西洋美術館は。

 せっかく図録を買おうと思って見に行った私ですが、買わずに帰ってきちゃいました。確実に言えることは、これなら「ミュシャ展」を優先させた方が良い、ということでしょうか。

 蛇足)もちろんシャセリオーのファンなら絶対に行かないと駄目ですよ、何たって初の大回顧展なんですから。そしてもちろん図録も買わないと。だってシャセリオーの画集なんてないですから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「逃亡者」

2017-05-24 04:34:37 | 昔のアニメ、ゲーム、実写
 私がハリウッドのアクション映画の中で認めている作品。ハリウッドのアクション映画では、悪役の知能犯が最後まで知能犯のままでいることはなく、結局は街中で堂々と暴れてしまう。それでいつも見ていて、なあんだと落胆してしまう。つまらない。

 ところがこの映画では、悪役の知能犯はちゃんと最後まで知能犯のままでいてくれる。そこが良いではないか。

 えっ、何? この「逃亡者」も結局、最後は格闘シーンがあるじゃないかって? でもこの映画の場合は自然な流れで、これなら一応許容できると思うんですが、どうでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニューアンメルツヨコヨコA

2017-05-23 04:40:15 | グルメ、健康
ニューアンメルツヨコヨコA  小林製薬 437円+税

 わが家では「アンメルツヨコヨコ」と呼んでいましたが、正式には「ニューアンメルツヨコヨコA」と言うらしい。知りませんでした。

 とにかくこの塗り薬、猛烈に効きます。「肩こり、筋肉痛に」と謳っていますが、あらゆる筋肉の痛みに効きます。

 私は最近これを使って右尻の筋肉の痛みを治しましたし、かつては腰痛も治しました。もともとわが家では父が使っていたんですが、約十年前の腰痛に試しに使ってみたら、その威力に私が驚いた次第。

 患部に塗ってしばらく経つと、ヒリヒリし始め、次第に焼けるように痛くなります。もう痛くてどうしようもなくなります。つまりそれだけ効いているんですが、いったんはそのヒリヒリが収まります。
 ところがその患部が、本人の気づかぬうちにダメージを受けていると、また猛烈にヒリヒリし始めます。1回塗るだけで、これが数回起こります。

 とにかく鎮痛作用がすごい。薬の効果が残っていると、入浴中にも焼けるような痛みが起こります。

 私はドラッグストアで買いましたが、税込みで500円もしません。緊急時に、医者へ行く前に一度お試しあれ。もしそれでも治らないなら医者に行く、ということでどうでしょうか。

 付)一週間使ってみて改善の見込みがなければ、やはり医者へ行くべきでしょう。普通は使って翌日に効果があります。

 注)痛くもなんともない箇所へ塗ると、ただスースーするだけです。ですから、体のいろんなところへ試しに塗ってみて、どこかに隠れた筋肉痛がないかどうかを確かめるという手もあります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加