アトリエ 籠れ美

絵画制作、展覧会、美術書、趣味、その他日常の出来事について
平成27(2015)年5月4日より

公募美術団体展の選び方

2017-03-31 06:20:16 | 画材、技法、芸術論
 公募美術団体へ一般公募で出品するならどの公募美術団体を選ぶべきか。もし油絵を描いている人なら、ほぼ選びたい放題だと言える。しかし選択肢はたくさんあるものの、いざどれがいいかとなると、その判断は非常に難しい。どれも似たり寄ったりに見えるし、ちょっとホームページを見たくらいでは違いがよくわからない。

 油絵でなく、水彩画や日本画、あるいは版画や彫刻となると、その選択肢は非常に限られるので、ある意味選びやすい。大抵の公募美術団体は油絵が主体となっていて、水彩や日本画、版画も受けつけるというのが通例だ。したがって一般応募者としては、審査する側が油絵はともかく他の画材の場合、ちゃんと判断できるのかという一抹の不安があるのは事実。

 もし私が油絵以外のことをやっているなら、例えば水彩画なら、水彩画だけの公募美術団体に一般公募で出品すると思う。同様に版画なら版画だけの、日本画なら日本画だけの、彫刻なら彫刻だけの団体にすると思う。その方が無難だし、自分たちの専門分野だけに審査員に見る目があるのは確実だ。

 さて、ここで油絵での一般公募に限って考えてみると、どの公募美術団体にするべきかの判断基準のまず第一歩は、応募作品が具象画なのか抽象画なのかということだ。一般的には具象画に軸足を置いた上で、抽象画も受けつけるという感じなので、抽象画で勝負したいなら、抽象画が多く展示されている団体を選ぶべきだろう。

 私も調べ尽くしたわけではないので何とも言えないが、ひょっとしたら抽象画のみの公募美術団体もあるのかもしれないから、もしあるなら、そこに出すのがいいと思う。しかしながら、具象画が好まれる日本において抽象画に挑むというとき、敢えて具象画傾向の強い団体に出して勝負するというのも悪くないと思う。

 あとは出品作の大きさだろう。基本的に公募美術団体は大作志向なので、最低でもF50号を要求されるのも珍しくない。また小品も受けつけるとか言っておきながら、実際はよほど出来が良くないと入選しないという場合があるので、小品での応募を考えている方は、ちゃんと小品部門があるところに応募するのがいい。

 では油絵の具象画大作(例えばF100号)での応募の場合は、どうしたらいいのだろうか。どこの団体がいいのか。この場合は、会場、つまり上野の東京都美術館がいいか、それとも六本木の国立新美術館がいいか、また会期はいつがいいのか、春がいいのか、秋がいいのか、こういったことで条件が絞り込まれてくる。

 しかしながらこれだけではまだはっきりしない。そこで支部組織があるかどうか、もしあるなら自分の住んでいる地域に支部があるかどうかが重要な要素となる。支部入会の利点は、支部は支部で、支部展というのを年に1回か2回開催しているので、ここへ一般応募すれば、よほどひどい作品でない限り入選する。また支部に入会し、支部会員になれば、支部展へ出した作品は必ず展示される。つまり支部に入ることで、確実に年1回か2回、自分の作品を発表できるのである。これは大きい。

 上野の東京都美術館や六本木の国立新美術館で行われる年1回の公募美術団体展は、本部主催の展覧会で本展と呼ばれるが、これは一般応募しても選外、つまり落選することがある。この本展に一般公募で入選を繰り返し、その公募美術団体に入会を許され、所属したとしても、支部に属する必要はないから、その気がない人にとっては支部があるとかないとかは関係ないと言えば関係ないのだが、自分の住んでいる地域に支部があると何かと心強い。困ったこと、聞きたいことがあるときに役立ってくれる。

 私自身は本展に一般公募で出品し、本部入会(会友推挙)になってから、支部へ入会した。別にこれもごくありふれたことである。私が先に支部へ入らなかったのは、当初はその気がなかったからにすぎない。

 東京在住なら本展の搬入出も、自分でこなすことができるし、業者に委託してもその費用は安く抑えられるが、地方在住者なら業者委託せざるを得ず、またその費用も高くなる。東京在住者と比べ不利な、そんな地方在住者の味方となってくれるのが支部展である。地元で開催される支部展なら、家族や友人、知人にも見に来てくれと気軽に声をかけやすい。東京での発表と、地元での発表と、費用面では大変だが、なかなか贅沢な楽しみが用意されている。

 というようなわけで、支部のことも、どの公募美術団体を選ぶかの重要な要素となる。また支部では、皆近隣に住んでいるわけだから、交友関係も広がり、気の合う者同士でスケッチや美術館に行ったり、映画を見たり、酒を飲んだり、といったこともあるわけで、特に退職した方々には魅力的なはずである。

 最後に私自身の公募美術団体選びについて言うと、前に属した団体の経験を反面教師にし、とにかく会場は六本木(国立新美術館)ではなく上野(東京都美術館)で、会期は秋、出品作は小品も可であること(つまり小品部門があること)、そして支部は東京23区とそれ以外に分かれていること、といったことが条件だった。たまたまこの条件に合致したのが中央美術協会が主催する中美展だったわけだが、私が一般公募で初めて応募した年に、何と多摩支部がなくなっていたという、さすがにそこまではわかりませんでした。

 ちなみに前に属した団体はどうやって選んだのかというと、実は六本木の国立新美術館へ企画展を見に行ったときに、その団体のチラシが置いてあり、どこも同じだろうと思い、そこに一般公募で出すことにした、つまりまさに適当に選んだだけでした。だから余計にその団体をやめて別のところを探そうとなったときには真剣でした。インターネットで各公募美術団体のホームページを見て回りました。ホームページの見やすさも基準の一つでした(意外と見づらかったり、不親切だったりするところが多い)。

 あとは実際に応募してみて入選するのかどうか、入選したときに会場へ足を運んでみて自分がどう思うか。何か気にいらないなら、次からは出さないことにし、他をまた探すのがいいと思います。

 付)思いつくまま書いてしまった感じなので、ちょっと何だかまとまりのない文章になってしまい、申し訳ない。公募美術団体選びについて一度ちゃんと書いておこうと思ったのですが、何かの役に立ってくれれば幸いです。

 注)入選者名簿、会員名簿を悪用した展覧会詐欺には注意してください。こうした名簿は個人情報なので各自が管理して流出はさせないものなのですが、誰かが名簿を業者に横流しした場合に、これを使って電話をかけてきて、雑誌や新聞にあなたの絵を載せませんかと話を持ちかけてくる。実際の紙面には縮小されたとても小さな写真が掲載されるだけなので実質的には詐欺行為です。

 こうした電話がかかってきたら、話を最後まで聞かずに断ること。いきなり電話を切って一向に構いません。とにかく相手にしないこと。脅してくるなら即電話を切るべし。それで何も問題ありません。しつこく電話してくるならその都度、電話を切ればいいだけです。

 重要)私の家にもこうした電話がかかってきたことが何回もありましたが、その都度撃退していました。これは私が最初に出品していた日本アンデパンダン展は驚くべきことに、出品者名簿を受付で外部に販売していたので、それで漏れたという。今では考えられないことです。個人情報保護法の施行を受けて、ようやくこうした外部への頒布をやめたという経緯があります。ですから、たとえ無審査とはいえ、この日本アンデパンダン展だけはお薦めしません。決して出品しないように。

 ちなみにもう電話はかかってこなくなりました。たぶんこれからもないでしょう。だからはっきり、きっぱりと断るのが大事なのです。とはいえ普通はこうした電話はかかってこないのでご安心を。名簿が何らかの形で外部に流出した場合のみ起こります。

 
 蛇足)後味の悪い記事になってしまい、申し訳ない。嫌な世の中ですが、こうしたことがあるということで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薩摩宝山(紅)

2017-03-30 08:10:32 | グルメ、健康
薩摩宝山(紅) 1097円+税  宝酒造株式会社

 紅なんてあったの!? というわけで買ってみました(たまたま駅前のスーパーで見つけたもんで)。

 原料は鹿児島県産の綾紫という薩摩芋らしいんですが、これは明らかに「一刻者(紫)」を意識して作られたものですな。似ているっちゃ、似ていますが、これぞまさに似て非なるもの。その味わいはまるで違います。

 この「薩摩宝山(紅)」は非常に甘ったるく、別にそれはそれでいいんですが、「一刻者(紫)」との最大の違いは、あの感動的な、鼻に抜ける圧倒的な香りが、ない。だからどちらがいいかと言えば、それは断然「一刻者(紫)」ですね。比較にならないと言っていい。でもね、値段が約400円も違うんだから仕方ないよね。こればっかりは。

 何はともあれ、薩摩宝山ファンは一度は飲まないといけないでしょう。ちょっとした変わり種といったところでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「いかさま師」 ラ・トゥール

2017-03-29 05:43:48 | 巨匠の一作
 私にとってのラ・トゥールは、この「いかさま師」一枚ですね。個人的には最高傑作だと思っています。

 人はすぐ「いやいや、『いかさま師』よりも『大工の聖ヨセフ』の方がずっと優れている」とか言いますが、私にはそういう通ぶって言う人の気がしれません。どちらも名画なんですよ。ただ私は「いかさま師」が一番好きだと言っているだけなのです。

 なかなかこれだけの絵を描ける人はいません。横長の画面に4人の人物をこれだけ大きく描き、かつ物語性を出すというのは至難の業です。

 私は惚れ惚れして見てしまうんですが、見飽きることがないんですが、こうした色使いのきれいな絵というのは、都会にさまざまな色が溢れる現代では関心を引きにくいのかもしれませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コスモ食品 かき揚げ

2017-03-28 06:17:38 | グルメ、健康


 さて今回ご紹介するのは写真左の「コスモ食品 かき揚げ」です。2枚入りで160円+税で、ちゃんと個装されています。

 写真右のかき揚げは「みすず 大きな天ぷら」で、こちらも2枚入りで個装になっていますが、母が買ってきたものなので、ちょっと値段はわかりません。おそらく同じぐらいの値段かと思います。

 この2つを食べ比べてみると、写真左の「コスモ食品 かき揚げ」の方が断然おいしいです。決め手はごぼうです。これがいい食感を出しています。

 こうした商品の魅力は日持ちがすることにあります。2、3ヶ月は持ちますから大変便利なのです。そして最近はまっているのが、こちらの使い方。



 「どん兵衛 鴨だしそば」に、この「コスモ食品 かき揚げ」を入れるという食べ方(お好みで一味または七味唐辛子もどうぞ)。

 これがとにかくうまい。そして腹もふくれる。言うことなし。ちょっとした贅沢なんですが、そこがまたいいんですね。

 よろしかったらお試しあれ。お薦めです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

M120号制作記その26

2017-03-27 16:47:00 | 絵画制作記
 今日の午後(結局午後になってしまったけれど)、無事にM120号の左隻を描きました。

 描いたのは背景だけですが、これで次回に再び背景に手を入れれば、ようやく左隻の背景も全体像が見えてくる状態になります。背景だけ比較すると右隻よりも左隻のほうが手が込んでいることになるのかな。

 今日の制作は左隻の背景だけだったんですが、左隻と右隻の進捗状況を合わせるつもりはなかったんですが、2枚で一組の作品なので何となく合わせたくなるらしい。まあそれならそれで構わないですが。

 2枚ともなかなか主題となる事物に手が入らないなあ。そろそろ本格的に描き込みたいんですが、そういう風にはならないらしい。今回は2枚ともある程度背景を決めてからでないと、主題物が描きづらいということなのでしょう。この辺は面白いところですね。描いている本人は別にそうしたいわけではないんですが、自然とそうなってしまうという。

 というわけで、ひょっとすると次回も左隻だけの制作になるのかもしれません。ここんところ急に寒くなったせいで、若干乾きが遅くなっています。もし指触乾燥していないようなら右隻を描くしかありません。

 付)ひょっとすると季節の変わり目で体調不良なのかもしれません。昨夜は入浴後、実に久し振りの腹痛を伴ってトイレへ駆け込むことに。それに睡眠不足もあったみたいで、昨夜はたっぷりと寝て今日は元気でしたが、でも何となく疲れているようでなかなか絵画制作できませんでした。今日も早めに就寝いたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ~第100週のカテゴリー

2017-03-26 05:51:23 | 付記、お知らせ
 来週の定期投稿(月、水、金)カテゴリーは「絵画制作記」「巨匠の一作」「画材、技法、芸術論」の予定です。

 おかげさまで目標としてきた第100週を無事に迎えることができました。本当にありがとうございます。今まで私のつたない記事を読んでくださった方、一人ひとりにこの場を借りて厚くお礼申し上げます。

 絵画制作ブログとして始めたんですが、いつの間にやら絵画制作関連記事以外が増えてしまい、何のブログだかよくわからない状態に(最近は焼酎の記事が多いですな)。まあそれはそれでいいかなと思っています。絵画制作関連記事もあるブログ、ということで。

 絵画制作で、といっても油絵なんですが、必要な情報はだいぶ揃いつつあり、かゆいところに手が届くブログになっていればと切に願っているところです。油絵制作で困っていて、私のブログへ辿り着いて問題が解決したというのが理想なんですが、ちょっと難しいですかね。少しでも役に立てば、問題解決のためのキーワードひとつ見つかれば、嬉しい限りです。
 
 そんなわけで、これからも「アトリエ籠れ美」をよろしくお願い申し上げる次第です。読者登録はいつでも受付中です。必ず私も読者登録しますから、よろしかったら気軽にどうぞ。

 では最後に、いつものこぼれ話をいくつか。

 小学2年生の姪っ子が、19、20日とわが家にお泊りして帰っていきましたが、前回のお泊りのときに私のために100円ショップで買ってくれたコースターの裏面にサインをしてくれませんでした。頼んだんですが、どうやら興味がないらしい。今回はハンカチを買ってくれました。姪っ子は人にプレゼントをするのが好き、とのことですが、とにかくコースターにサインしてくれないかなあ。伯父さんの私はそうしてほしいのだけれど。子供は難しいですね。

 今度アルバイト先のIさん、Uさんと飲み会をするんですが、連絡用にUさんにスマホの電話番号を訊くと「ラインやってますよね」と言ってきた。そこで私がおもむろに尻ポケットから二つ折りの携帯電話を取り出して見せると、Uさんは目を大きくし、口をあんぐりと開ける始末。その顔には「すみません、余計なことを訊いてしまいました」と書いてありました。まるで生きた化石か恐竜でも見たかのよう。今どき携帯電話、いわゆるガラケーというのは若い人には驚きであるらしい。そういうものかと大変勉強になった次第。

 その飲み会なんですが、Iさんに訊くと月曜がいいらしい(それはUさんも同じらしい)。ということは給与が入ってすぐの月曜となると翌月の、つまりは4月3日となってしまう。
 そんなに遅くていいの? 特にIさん、あなたはそれまでお金が持つの? パチスロで全部すってしまって、お金なんて残っていないんじゃないの? そしてUさんは飲み会をえらく楽しみにしているらしく、いつもにこにこ気合十分。いったいどんな飲み会になるのかしらん。おじさんの私は一抹の不安を覚えるのだけれど、大丈夫かなあ。

 私の考えが甘かった。アルバイトの休みが取れず、支部総会と本部総会へは出席できそうもありません。なかなかうまく行きませんね。出席できないならできないで構わないんですが、できれば出席して中美がどんな雰囲気なのか知りたかったところ。来年出席できればと思っています。

 寒いからと被っていた帽子もそろそろ要らないかな。夏は夏で頭皮が焼けるから必要になるし、禿げ頭も意外と繊細です。そろそろちゃんとした帽子を買わないといけないんですが、目星はつけてあるものの、いいお値段なので躊躇中。もし買ったら報告いたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

M120号制作記その25.5

2017-03-25 17:09:17 | 絵画制作記
 どうも午前中から描くようにしないと駄目ですね。今日は起床が遅く、早めの昼食後から絵画制作をしようと思っていたら、ずるずると描かずに時間だけが過ぎてしまい、結局描くのは中止になってしまいました。

 まあ確かに、ここんところまた寒くなって若干指触乾燥が遅くなっているとはいえ、今日は制作できたのは事実。今日は左隻だけ描けばいいと思って楽観したのか、とにかく描きませんでした。いけませんね、これでは。

 ある程度制作が進んでいることもあって、お尻に火がつかないと駄目なのかしらん。こうなったら左隻と右隻、2枚まとめて明後日の月曜に描くしかありません。

 しょうがないなあ、もう。でもこうして正直に書いていくことがこの絵画制作記の醍醐味でもあるわけで、一応良しとしましょう(本当か!?)。

 多少疲れていたというのもありますが、しかしこれは言い訳でしょう。まあそんなに自分を責めずに、今日のところは甘やかすということで(本当にそれでいいのか!?)。

 かくも一枚の油絵を仕上げていくのは大変だという(嘘、嘘、嘘ばっかり)。恰好をつけて言えば、今日は気乗りがしなかったということで。

 付)あんまりのんびりしていると、本当に秋の本展に間に合わなくなってしまうので、意外とご本人さんは危機感いっぱいです。とにかく今日はこれから酒飲んで明後日に備えたいと思っております。

 蛇足)今はサントリーホワイトと芋焼酎(そのうち記事にするので銘柄は内緒です)が確保されているので、それをその日の気分で楽しんでいます。今日は両方飲んじゃうかもしれません(あらら)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

模写「聖パウロの昇天」「ドーンヴィル伯爵夫人の肖像」

2017-03-25 08:01:52 | 石膏デッサン、模写、自分の絵

グレゴリオ・ラッカーニ「聖パウロの昇天」 F10号


アングル「ドーンヴィル伯爵夫人の肖像」 F10号

 どちらも2009(平成21)年12月の完成です。

 上の模写は仕上がりに満足したのを今でも覚えています。下地から色の重ね方までうまくいったので納得の一枚。今見ると相変わらずのデッサン力不足があちこちに見受けられて少々がっかりですが、まあそれはそれでご愛敬ということで。色合いはよく出ていると思います。

 逆に下の模写はその仕上がりにがっくりしたのをこれまた今でも覚えています。アングル独特の陶器のようなマチエールは再現ならず。っていうか、そんなことできるわけがないんですけどね。研究者の間でもどうやったらそうなるのかわからないわけでして。しかしながらそれはそれとして、丁寧に描いただけあって、今見るとさほどひどくもない。むしろよく描けているんじゃないの、という感じです。

 これでようやく2009(平成21)年の模写の紹介も終わりです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もし近隣に油絵教室がないなら

2017-03-24 06:06:47 | 画材、技法、芸術論
 *「大人になってから油絵を始める方法」(2017-03-17 の記事) の続き。

 もし近隣に油絵教室がないなら、その場合は独学で始めるしかない。この場合、必須となるのがネット環境である。つまりパソコンでインターネットができることが前提である。別に書店で油絵入門書を買うなり、図書館で借りるなりして、画材道具一式を用意して油絵を始めることはできる。しかしせっかくインターネットという便利なものがあるのだから活用しない手はない。

 独学で始める、いや始めざるを得ないということは、人に聞きたくても聞けないということを意味する。それを解決してくれるのがネット検索である。油絵初心者に必要な知識は全て手に入ると言っていい。

 全国規模の公募美術団体展だと、近隣に支部がある可能性がある。その場合は支部へ入るというのも立派な手段である。支部では初心者にあれこれ親切に指導してくれる。しかしながら教え方が上手とは限らない。しかし心強いことに間違いない。

 私のお薦めは、とにかくネットで調べまくることである。できるだけたくさんの情報を集め、その最大公約数を割り出すことで正確な知識を入手できる。これは私も使っている方法である。

 もし教室へ通っているなら、同じモチーフを描いている、他の生徒さんと自分の作品とを比較できるので、これが大変勉強になるのだが、独学だとこれができない。巨匠の名画は容易に検索できるが、自分と同程度の腕前の作品を参考までに見たくとも見れないのは、上達への大きな障害になる。

 そこで、公民館や喫茶店(よく喫茶店では壁面を絵を展示したい人のために貸し出している)ではグループ展や個展をやっていることがあるから、そうした機会を逃さずに見ておくしかない。もちろん喫茶店の場合は入店して何か注文しなければならないが、この場合は美術館の入館料みたいなものである。

 また独学で描いていると、自作が人の目に触れることがないため、他人にどう見えるのかがわからないので、仕上げた作品を家族や親戚、友人、知人に見せて感想を求めるとよい。大いに上達の役に立つ。

 書店や図書館に置いてある美術雑誌にも目を通しておくといい。具体的な制作手順が写真入りで載っていることがある。

 独学で始める場合、わからないことが出てきたときに、わからないままで済ませるのではなく、できるだけ多くの情報源を持ち、疑問は早めに解消することが肝心です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一刻者(紫)

2017-03-23 08:56:31 | グルメ、健康
 *よかったら、「一刻者(赤)」(2017-03-16)、「一刻者」(2016-03-21) の記事も読んでみてね。

全量芋焼酎 一刻者(紫) 1598円+税  宝酒造株式会社

 この限定出荷の「紫」って、スーパーで売っているのかなあと思っていたところ、たまたま散髪の帰りに寄ったダイエー八坂店に置いてあったので、思わず買ってしまった。

 で、飲んで何が起こったかというと、これは初めてカナディアンクラブのハイボールを作って飲んだとき(2016-06-14 の記事参照)以来の衝撃でした。

 すっげー、これ。お湯割りで飲んだときの、この甘い果実の香りが鼻に抜ける、抜ける。これすごすぎ。もはや驚異ではなく脅威。これはいったい何なんだろう。推奨の1:2の炭酸割りも試してみると、こちらもすごい。もはや焼酎ではない感じ。真夏には、ぜひこれで飲んでみたい。

 ちなみに焼酎が苦手な母も「赤」に続き、この「紫」も飲めました。母は炭酸割りにぞっこんの様子でした。

 ここまでくると「薩摩宝山」を超えたかな。「一刻者」は「赤」の場合、味の濃いつまみで飲むと、その繊細な味わいが消えてしまうが、この「紫」ならその心配もない(何せ香りがすごい)。このフルーティーな味も、紫芋の甘さなのであって、決して甘たるくないので、どんなつまみにも合うはず。個人的には肉料理がいいのではないかと思っていますが。

 しか~し。しかしですよ、やっぱり値段が。毎度書きますが、おいしいものは高い。値段が高い。こればっかりはどうにもならない感じ。これと薩摩宝山とどちらを取るか。悩ましいですが、やっぱり私は薩摩宝山で十分です、ハイ。

 だってしょうがないじゃん(開き直るなよ)、1598円(税別)、つまり1600円ですよ、しかも税別ですよ(わかった、わかった)。薩摩宝山だって十分美味しくて、あれで1048円(税別)なんですから、もうそれで十分じゃないですか!(そう興奮するなよ)

 まあね、ダイエー八坂店へ行けば買えるってわかったからな、もう覚えたからな(これを負け惜しみという)。それにしても「一刻者(紫)」か「薩摩宝山」か、っていうんですから、贅沢な話です。

 確かに炭酸割りもいいんですが、とにかくお湯割りです。「一刻者(紫)」のお湯割り、ぜひ一度お試しあれ。

 蛇足)ダイエー八坂店に行ったら、この「紫」よりも高い、確か2000円近くもする「一刻者」も売ってましたが、当然買いません、いや買えませんでした。あれは一体何なのかなあ。もう限度があるからなあ。それよりもウイスキーの「知多」が飲みたいんだけど、スーパーで3800円もするんだよなあ。このままずっと指をくわえて見ているだけなのか、いっそ思い切って買ってみるのか(えっ、買うの?)。悩ましい限りです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加