アトリエ 籠れ美

絵画制作、展覧会、美術書、趣味、その他日常の出来事について
平成27(2015)年5月4日より

タロットカード選び、裏表紙に注意!

2016-10-20 06:21:36 | タロットカード、タロット占い
 まず写真の2枚のタロットカードの裏表紙を見てほしい。左の「イタリアン・エンシェント タロット」と右の「ローラ・ノーディック タロット」の違いは何か。ずばりそれは逆位置かどうかがわかる点である。

 右の「ローラ・ノーディック タロット」の裏表紙が逆なら、ひっくり返して札の絵を見るまでもなく、それが何のカードかはわからないものの、逆位置であることがわかってしまう。実はこれが問題で、タロットカード選びの重要な要素である。

 タロット占いで、逆位置を取り入れるかどうかは個々人の趣味だが、カードを引っ繰り返す前にそのカードが逆位置かどうかわかってしまうのが好きでない、嫌だということはあるだろう。

 はっきり言って、私はカードの裏表紙で、そのカードが逆位置かどうかがわかってしまうのが好きでない。わからない方がいい。実際のタロット占いでは何の支障もないことだが、やはり気になってしまう。人によっては占いに集中できない可能性もある。

 こうした問題もタロットカード選びでは指摘されていないし、重要視されてもいない。どっちでもいいという人も当然いるだろうが、どっちでもよくないという人も当然いるだろう。

 そしてもうひとつの問題が裏表紙の色である。これも気になる。私の場合は特に気になる。なぜか私はタロットカードの裏表紙は赤系がよく、青系は好きでない。実はタロットカードの裏表紙は青系も少なくない。だからこれも悩ましい問題だ。

 タロット占いはめくったカードから湧き起るイメージを最重要視するため、裏表紙のデザインや色が気に入らないものを使えば、気分も乗らず、意識の集中を乱されがちだ。だからこうした問題は実は深刻である。

 タロットカードは決して安い買い物ではない。しかも占いで使うのだから、できるだけ好みのものを使うに限る。もちろんあれこれコレクションするのも楽しみのひとつだが、できれば本当に気に入ったものを大事に使いたいものである。

 前回の記事「タロットカード選び、大きさに注意!」(2016-10-18) で指摘した通り、タロットカードは大きさも大事だが、裏表紙のデザインと色も重要である。こうしたことを念頭に置いて、ぜひ好みの絵柄のタロットカードを選んでほしいと思う。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「雪舟七十一歳自画像(模本... | トップ | 2016年公募美術団体展その15 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。